クイックドロー(くいっくどろー/Quick Draw)
コルセアジョブアビリティLv40から使用可能。
銃弾カード魔力を込めて射撃する。特定のアイテムが必要。
の8属性のショットを格納したCharge制のアビリティ群。ファントムロールとは違い、修得したレベル40の段階で全てが使用可能となる。

Chargeを溜めるのに必要な時間は1分で、最大数は2。Chargeは各ショットの種類全てで共有している。

充填時間はメリットポイントにより減少させることが可能で、1段階ごとに2秒、最大5段階で10秒短縮可能。さらにコルセアジョブポイントを550使用すると、ギフトにより更に10秒短縮可能となる。
ワイルドカードランダムディールクイックドローに対して発動した場合、Chargeが0でも満タンまで回復する。
このため、ランダムディールワイルドカードを併用することで最大8連射が可能である*1


使用方法と性能

特定の該当するカードマイバッグに所有し、射撃武器クロスボウなど)と矢弾装備していることで使用できる。弓術投てき装備では実行できない。
使うたびに1枚ずつ、該当する属性カードを消費する。ただし、メインジョブコルセアの場合はこれに限ったことではない。詳しくは【エレメントカード】の項を参照。
消費されるのはカードのみで、は消費されない。

魔攻/魔防の影響を受けるなど、特性は魔法ダメージに近いが、ダメージ分類上は物理魔法ブレスダメージのいずれにも属さない、特殊なダメージ枠になっているようである。

効果一覧

クイックドローがどのように弱体効果を強化するかは→スレッド: ジョブ調整コンセプト【コルセア】(公式フォーラム)で公表されている*3

ショット名属性効果効果のある弱体効果のない弱体
ファイアショット火属性ダメージバーンアドル
アイスショット氷属性ダメージフロストパライズディストラ
ウィンドショット風属性ダメージチョーク
アースショット土属性ダメージラスプスロウエレジー
サンダーショット雷属性ダメージショック
ウォータショット水属性ダメージドラウン
ライトショット光属性睡眠(90秒)ディアレクイエム
ダークショット闇属性ディスペルバイオブラインフラズル

魔法公式引用詳細
ドラウンスリップダメージステータスのダウン効果が上昇検証では、スリップダメージ+2、ステータスダウン4の効果があるとされる。
ラスプ
チョーク
フロスト
バーン
ショック
パライズ麻痺の確率が上昇
スロウ攻撃間隔の遅延時間が増加検証では、1発で+10%、およそ35%でキャップする。エレジーには効果がない。
ディア物理防御力ダウンの効果がランクアップ防御力ダウン効果が5%強化スリップダメージ増加。同ランクバイオ上書きされなくなる。
公式発表に基づけばこれはランクアップ相当の効果でありディアIIであればディアIIIの効果になる模様。
複数回使用することで段階的に効果アップし、上限はディアIVと同等の防御力20%。レクイエムには効果がない。
バイオ物理攻撃力ダウンの効果がランクアップ攻撃力ダウン効果が5%強化スリップダメージ増加。
複数回使用することで段階的に効果アップし、上限はバイオIVと同等の攻撃力20%。
ブライン命中ダウンの効果が上昇

射程

遠隔攻撃と違い、アビリティなので敵がどの方向に居ようが発動する。

釣りの手段として有効に見えるが、硬直が3秒~4秒ほどと非常に長く、動けるようになった時点で大抵は敵に殴られることになる。

射程は短くなったり長くなったりと何度か変遷している。2012年5月16日のバージョンアップ後の射程は要確認。

6属性のショットについて

前述したように、の6属性は敵に対して属性ダメージを与える。
敵にダメージを与えた場合はTPの獲得(得TP量は遠隔攻撃と同じ)と射撃スキルの上昇が発生する。

ダメージの計算式は以下の通り。
(銃のD値+弾のD値) × 2

ダメージを増やす方法としては、属性杖モルダバイトピアスなどの魔法攻撃力アップ装備AFコルセアトリコルヌの「クイックドロー効果アップ」などがある。
主に射撃スキルAGIによって命中率が決まり、属性杖メリットポイントの「クイックドロー命中率」によって上昇補正がかかる。
レジストされることや、6属性に対するカット特性や魔法防御力などの影響でダメージが減少する。

敵の弱点属性のショットを撃てば、格上相手でも十分にダメージソースとなる威力を持つため、習得したら積極的に使いたいアビリティである。

サポートジョブで使用する場合

命中率、計算式はメインジョブでの仕様と変わらない。サポートジョブによるデメリットはメリットポイントの差と、エレメントカードが使えないことくらいである。

狩人コルセアよりも弾丸のD値AGIスキルすべてが上回るのでコルセアよりダメージ及び命中率が高くなる。
2013年現在ではコルセアのほうが若干魔法攻撃力アップ装備魔法命中装備が優遇されており、特にAF3を用いればスキル差やステータス差を覆せるものとなっている。またD値が最も高いアチヤルブレット狩人専用であるものの、よりクイックドローに特化した性能を持つアニミキーブレットの存在により弾丸の差は無いに等しい。

デカズームMK-XI実装されたことにより、どのジョブでもサポで使えるようになったものの、射撃スキル持ちのジョブ以外は著しく弱い装備しか使えず、命中率も劣るので、実用にはならない。ただし、ヴォイドウォッチ弱点を狙うのには有用。

射撃スキル持ちの戦士シーフ暗黒騎士忍者であればある程度実用になるが、とて以上の格上にはさすがにレジストされやすい。格下ならば問題なく通り、スリプルボルト無しでも寝かしが可能で後衛ジョブをサポに付ける事無くディスペル効果を使える優秀なサポとなる可能性を秘めている。

クイックドロー強化装備

カードの知識」については単独項目があるため、そちらを参照。
種別名称性能効果Lv
IL
ジョブ
射撃デスペナルティクイックドロー性能アップダメージ+20% 魔法命中率+2075
クイックドロー性能アップIIダメージ+30% 魔法命中率+3080
クイックドロー性能アップIIIダメージ+40% 魔法命中率+4085
クイックドロー性能アップIVダメージ+50% 魔法命中率+5090
95
クイックドロー性能アップVダメージ+60% 魔法命中率+6099
119
コルセアトリコルヌクイックドロー効果アップダメージ+1060
COトリコルヌ+1クイックドロー効果アップダメージ+1074
ラクサマトリコルヌクイックドロー効果アップダメージ+10109
LKトリコルヌ+1クイックドロー+10ダメージ+10119
LKトリコルヌ+2クイックドロー+10ダメージ+10119
LKトリコルヌ+3クイックドロー+20ダメージ+20119
ヌエボコセレーテクイックドロー使用間隔-5
オーグメント選択時)
使用間隔-5秒75
マルクワルドコル
ロイヤルルダンゴト
両手シュッツェンミトンクイックドローTPボーナス得TP+2586
両足NAブーツ+1クイックドロー能力アップ追加効果:ショットと同属性被魔法ダメージ+10%81
NAブーツ+2クイックドロー能力アップ追加効果:ショットと同属性被魔法ダメージ+20%81
ラクサマブーツクイックドロー効果アップダメージ+10109
シャスーブーツクイックドロー能力+22追加効果:ショットと同属性被魔法ダメージ+22%109
LKブーツ+1クイックドロー+10ダメージ+10119
LKブーツ+2クイックドロー+10ダメージ+10119
LKブーツ+3クイックドロー+20ダメージ+20119
CSブーツ+1クイックドロー能力+25追加効果:ショットと同属性被魔法ダメージ+25%119
装備一式ナバーチアタイア+2コンビネーション:クイックドロー性能アップ時々ダメージ3倍(発動率は装備数に比例)89
シャスーアタイア109
シャスーアタイア+1119

NAブーツ+1(+2)の「クイックドロー能力アップ」は、ショットと同属性被魔法ダメージアップの効果(+1で10%、+2で20%)が追加される。
この効果は前述した弱体効果への影響とタイミングが違い、ショット使用後の魔法ダメージに影響がある。ダメージアップの効果は、魔法ダメージ属性を問わず、初回の魔法ダメージを与えた時点で切れる。

名称について

クイックドローとは『早撃ち』の事。西部劇のガンマンの決闘によく用いられる。まさにその名にふさわしいアビリティである。

変遷

2006.10.19

2006.12.19

2008.3.11

2010.9.9

2012.5.16

関連項目

コルセアトリコルヌ】【デスペナルティ】【カード
*1
ただし、ローデッドデッキを習得していることで初めて現実的な使い方となる。
*2
→スレッド: ジョブ調整コンセプト【コルセア】(2015/07/14 公式フォーラム
*3
明言はされていないものの、「クイックドローが有効な弱体魔法については下記をご確認ください。」という書き方を見る限り、ここで発表されている弱体が効果のある弱体の全てと思っておいた方が良さそうである。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。