効果深度(こうかしんど)
状態異常になった際の効果の大きさのこと。
公式用語ではないが、検証スレなどにおいて、状態異常の効果の違いを表す適当な用語がないために使われ始めた言葉。

麻痺を例に取ると、敵にパライズをかけても効果中一度も麻痺せずに切れたことがないだろうか?しかし、自身がしびれ薬を服用してみると、時間中まったくパラナが出来ないほど麻痺することが珍しくない。
ブラッククラウドインクジェット暗闇状態になってもそれほど命中率の低下を体感できないこともあるが、暗闇薬を服用すると命中率が下限まで下り、全く攻撃が当たらなくなる。

このように同じ名前・同じ回復魔法で治る状態異常でも、状態異常の効果の大きさが著しく異なる場合がある。これらの効果の違いを示す用語として「効果深度」は使われている。

プレイヤーが使う弱体魔法MNDINT魔法スキルなどで効果深度が変化している。
弱体魔法効果深度を高める要素は次の通り。
名称要素効果
パライズMND麻痺確率の上昇
スロウMND遅延率の上昇
アドルMND遅延率の上昇
魔命低下率の上昇
ブラインINT命中低下率の上昇
ディストラMND回避低下率の上昇
フラズルMND魔回避低下率の上昇
精霊系弱体魔法INTスリップダメージ値増大
ポイズン弱体魔法スキルスリップダメージ値増大
バイオ暗黒魔法スキルスリップダメージ値増大

なお、ディアスリプルサイレスグラビデバインドブレイクには効果深度の概念が存在しない。

効果深度上書き

効果深度」と「上書き関係(ランク)」は別の要素である。

一般的には効果深度の深い(効果の高い)魔法TP技ほどその上書き関係での順位も高い傾向にあるが、例外となるものが少なからず存在する。
白魔法スロウスロウIIの関係一つとっても、深度キャップしたスロウのほうが深度ボトムスロウIIよりも攻撃遅延率は大きくなる*1が、上書き関係は効果深度の如何によらず常にスロウIIのほうが上である。

ただし、効果深度の差により上書き関係自体が変化する魔法も存在する。
精霊系弱体魔法などはその最たる例で、INT100以上で詠唱し、ヒットしたバーンは、INT100未満(70~99の域)で詠唱したバーン上書きすることはできない。同等(100~149の域)か、それ以上(150~の域)で詠唱したものでしか上書きできなくなる。

このように効果深度上書き関係の相関はさまざまであり、一定の法則性というものは今日に至るも見出されていない。
これらの対応が気になる項目についての関係性を一つ一つ丸暗記してしまうのが、現状では最も手っ取り早いといえるだろう。

関連項目

サボトゥール
*1
状況によりスロウスロウIIとなる場合があるということ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。