ローデッドデッキ(ろーでっどでっき/Loaded Deck)
2007年6月6日のバージョンアップからコルセアに追加されたメリットポイントグループ2で習得するジョブ特性
ランダムディールの対象がリキャスト発生中のアビリティに絞られる。
ただし、リキャスト発生中のアビリティが1つの場合はミスの可能性がある。
能力値1でミスの確率を10%ダウンします。

ローデッドデッキを習得するとランダムディールの動作は大きく変化する。



ローデッドデッキにより、ランダムディールの抱える「未使用・使用済みアビリティを判断せず、すべてのアビリティに対して実行する」問題が回避される。1段階振った時点でランダムディールの使い勝手が劇的に変化するため、1段階だけでも取得しておく人が多いようだ。

ただし性能の都合上、「特定のひとつのアビリティ回復したい」場合、100%回復させる場合は5段階強化オーグメント性能が必要となる。
そのためこの特性を利用する場合、5枠を確定で使用するため他の有用なグループ2のジョブ特性アビリティの割り振りにとても頭を悩ませることになる。

由来

名称を直訳すると、「仕込まれたカードの山」。すなわち麻雀で言う「積み込み」等のイカサマを意味するものと思われる。

ランダムディールすなわち『カードを切って配る』*1際にDeck(カードの山)に仕込みを入れる、実にコルセアらしいネーミングである。

関連項目

スネークアイ】【フォールド】【ウィニングストリーク】【メリットポイント】【CMフラック+2
*1
英語ではこれをcut the deckと呼ぶ。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。