硬直(こうちょく)
  1. ジョブアビリティ発動による硬直(通称アビリティ硬直)。
  2. 魔法エフェクトがかかったときなどに発生する、キャラクターが一瞬操作できなくなる状態の通称。
  3. アイテム使用後、移動とオートアタック以外のあらゆる自発的行動が使用不可になる時間のこと。

1項について

多くのジョブアビリティは発動させると腹を突き出すような共通のポーズを取る。この硬直は約2秒間。
この間は移動、オートアタック魔法詠唱などが出来ないものの、他のアビリティを使用することは可能*1(遠隔攻撃WS含む)。
コルセアからくり士などの頻繁にアビリティを使うジョブにとっては地味に痛い硬直である。またモンクの「ためる」などは、かえって与ダメージが減ってしまうことも考えられる。

2項について

有名なのが抜刀・納刀モーション中にエフェクトを伴う魔法を受けた時で、この場合はモーションを終えても自分にかかる全ての魔法等のエフェクトが終了しない限り移動したりアビリティを発動したりすることができない*2。このため予定外の行動を取ってしまい戦術が崩壊する危険もはらんでいる。
たとえば、不意だまの配置に付こうと動いているメンバーにケアルヘイストをかけると、予定外の位置(吟遊詩人の後等)で不意だま攻撃をしてしまったり、せっかくの不意だまWSを続けることが出来ずに通常攻撃に載せてしまう結果になることもある。

自分に使う魔法による硬直はあまり問題にならないが、味方からの魔法による硬直は事前に予測することが難しい。プレイヤー同士の協力によって避けられることが多いので、打ち合わせはしっかりやっておこう。

また、敵からの通常攻撃に対しても命中ミス問わず硬直は発生する。敵が少ない場合には殆ど影響は無いが、モンスターを大量にリンクさせた場合、抜刀した瞬間に全く動けなくなることがある。
位置取りが悪いと動けないまま格下の相手にじわじわと殴り倒されることもあるため、予め抜刀しておくなどの対処を行っておきたい。
前述の通りオートアタック自体は行われているため、それによって窮地を脱することは可能である。

なお、エフェクトによる大抵の硬直はグラフィックが変わる部位*3装備品を変更することでキャンセルすることが可能。

3項について

アイテム使用にまつわるペナルティ的な硬直
使用型アイテム、とりわけ一部の薬品を使用すると、オートアタックと移動は可能だが、アイテム魔法アビリティ遠隔攻撃が数秒間入力を受け付けなくなる。

2項の移動のみの制限とは違い、ほとんどの行動が不可能になるという厳しい時間帯。使用と同時にエリアチェンジは可能だが、混雑具合によっては硬直時間の間、内部的にエリアチェンジできない(ダウンロード開始まで時間がかかる)場合がある。*4

この硬直時間はアイテムによりさまざまで、中には使用後すぐに行動ができる、いわゆる硬直のないアイテムも存在する。
例えばエーテルは硬直が無いので、使用後はすぐさま詠唱に入れる。しかしハイエーテルは硬直があるので、使用後しばらく待たなければ詠唱に入れない。

エンチャントアイテムの導入・普及によりこれら硬直の影響がより知れ渡るようになった。
特に長時間に亘る危険な戦闘の途中でリレイズが切れ、蘇生の髪飾りなどを使う場合はエクイップディレイのほかにこの硬直時間をも考慮に入れねばならないためになかなか使いどころが難しかったりする。
アイテム使用後の硬直時間がかなり長い場合には、ヒーリングしてすぐに起き上がることでわずかながら硬直時間を短縮できる。


魔法詠唱中、移動したり敵に殴られるなどして詠唱中断が起こると、約2秒程度魔法が使えない時間が発生する。これも一種のペナルティ硬直と言える。

ちなみに、厳密に言えば魔法詠唱終了にも硬直は発生する。
魔法発動のモーションから、アイドル時のモーションに移る時間までの間がそれにあたり、スペルキャスターなら「手が下がり始めたら次の魔法が使える」と無意識にこの硬直を認識している人も多いのではないだろうか。
裏を返せば、この慣れきった硬直時間とエンチャントアイテムなどの特殊な硬直時間との差異が、これら「硬直」の存在を改めて意識するようになったきっかけであるといえる。
*1
有名なのが不意打ちだまし討ち や 狙い撃ち乱れ撃ちの連続使用。
*2
移動ができなくても、攻撃可能な範囲にいればオートアタック自体は行われている。攻撃のモーションを伴わないためログのみにしか反映しないが。
*3
メイン武器サブ武器・盾・遠隔武器・頭・胴・両手両脚両足
*4
このタイミングで敵の攻撃を受けることがあるかどうかは未確認。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。