一撃系(いちげきけい)
モンスター特殊技のカテゴリーの一つ。

公式に使われている言葉ではないが、冒険者の間では以下の2種類の意味で使われる。

「単体攻撃ダメージが大きな技」として

特殊技のうち、単発ダメージが大きく、致死性が高いことに特徴があるもの。空蝉の術の切れ目や、HPが減少した状態で食らうと戦闘不能に陥りかねないものがこう呼ばれる。

ジラートの幻影以前、30代序盤のレベル上げで人気のあったイビルウェポン族が持つ怒りの一撃がもとでこの名前が(対策となる怒りの一撃避けともども)広まった。

このような意味で一撃系と呼ばれる技には、以下のようなものが含まれる。


これらの攻撃を持つモンスターは、空蝉の術への依存度が高く、無防備状態だと途端に脆くなる忍盾では避けたいのはもちろん、ナ盾であっても、HPの低いタルナの場合は避けたいところである。

怒りの一撃避けが可能な技」として

怒りの一撃避け」で回避が可能なタメの長い特殊技の意味で用いられる場合もある。

このような意味では、以下のような技が該当する。

本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。