スリップ(すりっぷ/Damage over Time/Damage on Time/DoT)
FFシリーズにおいて存在する、HPなどが徐々に減少していく状態異常
FF11では「~属性ダメージがじわじわ蝕み、・・・」などと記載されている魔法や、毒などによって一定時間毎にHPが減少している状態の総称として使われる。「スリップダメージ」とも。

ちなみに、スリップというのはFFシリーズ独特の呼び方で、他のオンラインゲームの多くは、世界初のレベル制MMOであるEverQuestを発祥とするDoT(Damage over Time)という用語が使われる。

スリップの種類

以下がPCが与えられるスリップの一例である。スリップ量は3秒毎に減少するHP(計略のみ10秒毎)。
スリップ名称習得可能レベル消費MPスリップ量総スリップ量効果時間備考
ディア
ディア3,171(固定)20(固定)60秒(固定)魔法ダメージ
+防御力ダウン
約5.1%
ディアII36,31302(固定)80(固定)120秒(固定)魔法ダメージ
+防御力ダウン
約10.1%
ディアIII75(メリポ)453(固定)最大150最大150秒魔法ダメージ
+防御力ダウン
約15.2%
バイオ
バイオ10,10,1515最大3最大6060秒(固定)魔法ダメージ
+攻撃力ダウン
約5.1%
バイオII35,36,4036最大8最大320120秒(固定)魔法ダメージ
+攻撃力ダウン
約10.1%
バイオIII75(メリポ)54最大17最大850最大150秒魔法ダメージ
+攻撃力ダウン
約15.2%
ポーリングサルヴォ9917515約400?約80秒?魔法ダメージ
+攻撃力ダウン
約10.1%
ポイズン
ポイズン毒武器各種を参考なし1(固定)不明不明物理ダメージ
羽根吹雪12121(固定)不明不明物理ダメージ
ポイズンネイル511不明不明不明物理ダメージ
マヨイタケ8202(固定)不明不明物理ダメージ
ポイズン3,5,65最大4最大40最大30秒
ポイズンブレス22224(固定)不明不明魔法ダメージ
ベノムボルト各種を参考なし4(固定)最大40最大30秒物理ダメージ
ベノム系毒武器各種を参考なし5(固定)最大50最大30秒物理ダメージ
ベノムシェル43866(固定)不明最大90秒
ポイズンII43,46,4638最大10最大400最大120秒
マンダウ75なし10(固定)100不明物理ダメージ
ディセバーメント727418~最大1080~最大180秒物理ダメージ(大)
精霊系弱体魔法
精霊系弱体魔法(略)25最大5最大150最大90秒属性に関連する
ステータスダウン
最大-13
コールドウェーブ5237最大23最大230最大30秒AGIダウン
ゲーツオブハデス9715620最大600最大90秒魔法ダメージ
+INTダウン
ファウルウォーター997629最大1740最大180秒魔法ダメージ
+STRダウン
シアリングテンペスト9911630最大600最大60秒魔法ダメージ
+INTダウン
風水魔法
インデポイズン112最大30
ジオポイズン525最大30
その他のスリップ
ナイトメア2942不明不明最大90秒睡眠
レクイエム(略)なし最大10不明不明
机上演習(35)なし2最大で最大HPの1/4最低30秒減少したHP
MPを蓄積
計略I系(略)26着弾ダメージ--最大90秒
計略II系99(ギフト)78着弾ダメージ--最大90秒
メルトン5(連環計)最大MPの20%着弾ダメージの25%--最大60秒

数値が固定でないものは、スキル効果時間レジストなどの関係で変動する。上書き関係やスリップ量については各項目を確認してほしい。

なお、敵専用のTP技の中にはさらに凶悪なスリップを持つものや、自身を毒状態にする薬品、またスリップを伴うイリュージョンというステータスも存在する。

戦術・余談

一定時間毎にHPが減少するため、ヒーリングが行えない他、睡眠状態が一定時間毎に解除される。
睡眠という大きな行動制限手段が使えなくなるので、強力で寝る相手にはこのスリップ状態を誘発する攻撃を禁止する傾向が強い。
ただ、強力すぎる敵は大抵睡眠耐性がある。そして、そういった敵は得てしてTP技が非常に強力であるため、TPを与えないでダメージを与えられるスリップは非常に心強い。さらに、TP技を発生させないようにスリップだけで削りきる戦術も存在する。

また、実質睡眠無効状態となるため、意図的にこの状態を誘発し自身を睡眠無効状態にするテクニックもあり、睡眠状態にされる可能性が高いとわかっている戦い(BFデュナミスなど)において自ら毒薬を飲む戦術が一般化している。
服毒により睡眠を無効化する戦術が確立してきたためか、スリップでも目覚めない範囲睡眠技「ナイトメア」が実装された。

なお、スリップで死んでしまうと妙に悔しいとされる。特に、戦闘に勝ってスリップを治療できずに死亡すると一層の悲しみに包まれるであろう。それを逆手に取って、親しいものが微妙に気に入らない発言をしたとき軽い反発として「ディアで死ね!」*1ポイズン死しろ!」と突っ込むこともある。

2012年12月13日のバージョンアップまでは、周囲にスリップダメージ回復・軽減してくれる仲間がいなかった場合、NPCに話しかけて会話中状態で止めることでスリップそのものを止めることができたが、残念ながら現在はこの方法を用いても、スリップダメージを受けるようになってしまった。*2
*1
電撃の旅団Uri氏の名言?でもある。
*2
仲間に救援要請をして、なんとか助けてもらうという戦術は使用不可能になった。これは死の宣告も同様であり、最悪の場合、ボス戦の終盤にスリップダメージを受けた場合、イベント終了時に戦闘不能になっているというケースも増えてしまった
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。