エンボルド(えんぼるど/Embolden)
魔導剣士ジョブアビリティの一つ。Lv60で習得する。
次に受ける強化魔法の効果をアップ。ただし、効果時間は短くなる。

再使用時間10分。効果時間1分。
次に受ける強化魔法の効果1.5倍、効果時間1/2。

この性質上リジェネリフレシュに使ってしまうと、最終的な回復量が大きく減少するので注意が必要である。
リフレシュの例では4/3secずつ回復するが、効果時間が半減するのでMP回復の総量としては元が150(リフレシュでの消費を引くと110)/150secであるのに対して100(実質60)/75secと小さくなってしまう。
但し、リジェネであれば瞬間的な回復量が増大するため、最終的な回復量を差し引いても使える場面もある。エンボルドを使わずとも乗りきれるソロ活動時は、戦術の1つとして憶えておいて損はないだろう。

プロテスにも効果があるため、上位プロテスにはそれなりに有用。
効果時間が半減してもプロテスは15分持続し、アビリティ自体の再使用時間が10分なので消されない限りは常用可能である。また、ブラキュラピアスあるいはシェルターリングなどで増した効果に関しても1.5倍の適用がなされる。
他にもシェルに使い、魔法枠でダメージカットを増やすことで装備に若干の自由が生まれたり、クルセードに使い開幕3分間でヘイトを荒稼ぎしがっちり固定するといった戦法にも使える。

ファランクスに関しては、エンボルドでの効果アップの後に被ファランクス+の数値分加算という扱いになる。

ジョブポイントによるエンボルド効果アップによる効果量+、ギフト100・1200による被強化魔法効果時間延長とディバートケープオーグメントエンボルド+」による効果時間の延長は、どちらも同枠で加算の関係にある。
プロテスVを例に取ると、以下のようになる。
効果量 防220 x ( エンボルド1.5 + ジョブポイント0.01 x 20段階 ) = 防374
効果時間 30分 x ( 1 + ギフト( 0.1 + 0.1 ) - ( エンボルド0.5 - ディバートケープ0.15 )) = 25分30秒

近年は装備の充実により、他PCから効果時間の短い強化魔法を、エンボルドの効果を乗せた状態で受け続ける事も可能となった。
ギフト取得済みかつディバートケープオーグメントが最大値の場合、以下に示す式を満たす装備にすることで、強化魔法の効果時間エンボルド再使用時間を上回る。
計算式の左辺の枠に関しては、強化魔法効果時間参照。
効果時間 x A枠 x B枠 x C枠 x 0.85 > 600

歴史

2018年6月7日のバージョンアップで、効果が一部の魔法に反映されないという不具合が修正された。

名称について

emboldenは励ます、鼓舞するといった意味がある。

関連項目

魔導剣士】【強化魔法
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。