ファイナルヘヴン(ふぁいなるへぶん/Final Heaven)
格闘レリックWS。3.0倍撃
2回攻撃カエストススファライ使用時:モクシャ効果アップ連携属性:核熱

近接物理WS格闘属性物理ダメージの2回攻撃TP:アフターマス効果時間修正。連携属性/核熱
修正項目倍率アフターマス効果時間修正Hit
強化段階TP100020003000
VIT80%3.00Lv75~IL11920秒40秒60秒×2
IL119+60秒120秒180秒
IL119+はOboroによる2回目の強化以降。

レリックウェポン最終段階スファライ、第四段階カエストスデュナミス限定)、ヘフォンナックル(潜在発動時)を装備時に使用できる。ヘフォンナックル使用時にはアフターマスは発動しない。

アフターマスモクシャ効果はモクシャ+8。
IL119+以降はアフターマスモクシャ+10 蹴撃+15に強化される。

モーションはタメが長めな空鳴拳。突きと共に暴風が駆け抜けるような痛快なエフェクト

歴史

実装から長きにわたり、内部的には2回攻撃でありながらヘルプテキストでは単発WSとして設定されていた。他の格闘単発WS闘魂旋風脚も同様であったため、プレイヤー間では格闘WSの仕様とみなされていた。
カエストススファライ使用時:モクシャ効果アップ

2014年6月17日のバージョンアップ修正項目VIT60%からVIT80%に変更されている。

2017年9月11日のバージョンアップで、ヘルプテキストに2回攻撃が明記され、現在のものとなった。

2017年10月11日のバージョンアップで、ヘルプテキスト連携属性が追加された。

2019年10月10日のバージョンアップでは格闘WS全般が全段均等倍率に調整されたが、ファイナルヘヴンだけは「調整する場合はレリックWS全体を調整する必要があるため」という理由で据え置かれた。
→公式フォーラム(あれ?ファイナルヘヴンは・・・)

FFシリーズファイナルヘヴン

FFVIIならびにFFVIIIに登場した格闘系必殺技の一つ、その中でも最強クラスのもの。
7のティファが放つ究極リミット技「ファイナルヘヴン」は全身全霊をこめた右拳、FF8のゼルの最終奥義「俺式ファイナルヘヴン」は世界(惑星ごと)を3秒で一周し加速をつけて殴りつけるというとんでもないもので、一見の価値はある(どちらかというとネタ系だが)。

関連項目

スファライ】【カエストス】【レリックウェポン】【潜在武器】【レリックWS】【格闘
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。