ホワイトキャンサー(ほわいときゃんさー/Valoredge X-900)
白兵戦ヘッド(Valoredge Head)と白兵戦フレーム(Valoredge Frame)を組み合わせたオートマトンの正式名称。

からくり士Lv10以上or20以上or30以上のときにオートマトン工房ガッサドに指定されたアイテムを渡すことで入手可能。必要素材ブラス板ワモーラの繭アルザビサーメットパタ。詳細はサブクエストフレームの選択】の項目を参照。

同レベルのモンクを凌ぐHPを持つがMP0。ダメージカット性能も高く近接戦闘に特化している。

ホワイトキャンサー
Mnejingと同じ外見をしている。

スキルキャップ

スキルキャップヘッドフレームの組み合わせによって変わる。
フレームごとのスキルをベースに、ヘッドによってランクに数段階の補正が入る。
白兵戦スキル射撃戦スキル魔法戦スキル回避スキル
白兵戦ヘッド+200-
白兵戦フレームB+--C

B+を2段階引き上げるとA+になる。

ステータス

白兵戦フレームの基本性能
HPMP防御力武器属性被ダメージカット
+20%±0%+50%360斬属性-12.5%(-32/256)

HP/MPの補正はアタッチメントオートリペアキット」/「マナタンク」、防御力の補正はメリットポイント最適化」やIL補正によるものと同枠で加算の関係にある。


ホワイトキャンサーステータス
LvHPMPSTRDEXVITAGIINTMNDCHR命中攻撃力回避防御力
10
20628029232820182425748568120
30946039323928253334109120100165
401282050404935314143143156131210
491585059485842384951174187160250
501618060495943385052177191163253
601996071576950455961230246215313
752248080697863597172302324253367
99290401029210186819395445483398529

ステータスは基本的にフレームのみで決定されるが、攻撃力などはヘッドスキル補正の影響は受ける。
HPMP防御力は上述の補正後の値を記載。


キャパシティ

アタッチメントを装着するための属性値容量。
白兵戦ヘッド30232020
白兵戦フレーム42343332

使用ウェポンスキル

白兵戦フレームで使用するWS白兵戦スキルによって習得する。詳細は【白兵戦スキル】の項目を参照。

行動制御

オートマトンの行動は基本的にヘッドのタイプによって決定される。

白兵戦ヘッドディプロイすると近接攻撃が届く位置まで接近する。
遠距離型のストリンガー装備している場合は、ストリンガー側の行動制御が優先され敵から一定の距離を保とうとする。自身がタゲられた時は動かない。白兵戦フレームの場合遠距離からは極一部のアビリティしか行動手段を持たないが、それでも近付かない。
魔法遠隔攻撃を実行する時は移動よりも優先して使用する。

白兵戦ヘッドケアル魔法のみ使用するが、魔法使用間隔はかなり遅い。
使用する魔法の種類と魔法使用間隔の詳細は【魔法戦スキル】の項目を参照。

白兵戦ヘッド射撃戦フレームと組み合わせると遠隔攻撃も行うが、この使用間隔もかなり遅い。詳細は【射撃戦スキル】の項目を参照。

また、白兵戦フレーム遠隔攻撃魔法も使用できないため、射撃戦ヘッド魔法戦ヘッドと組み合わせた場合でも必然的に接近する。実質的にヘッド白兵戦スキルキャパシティ以外の違いがなく、近接攻撃オンリーなら白兵戦ヘッドが最も適しているため、白兵戦フレームを使用する場合はほぼ確実に純ホワイトキャンサーになる。

からくり士Lv96で習得するSPアビリティヘディーアーテフィス」を使用することによってオートマトンSPアビリティを使用する。
白兵戦ヘッドは「インビンシブル」を使用する。

性能

必ず敵との距離を詰めたり状況によっての行動選択肢が少ないので、マトンを戦場に残したまま次の敵を釣りに出かけたりするのにも適していると言える。

WSカニバルブレードは習得レベル帯からしばらくはHP吸収効果が非常に安定するため、その発動のためだけにダークマニューバを使用しアタッチメントの性能アップを捨てる価値があるが、Lv99以降のモンスターHPインフレに付いていけていない。回復手段としてはまだ使えなくもない、といった所。
ボーンクラッシャー弱点の相手やアンデッドに強く、両方を併せ持つスケルトンコースには特に有効。オートマトン盾役寄りに使う際はオートリペアキットのためにライトマニューバを使用する事が多く、必然的にこれが選択される事も多くなる。
ストリングシュレッダークリティカル補正の付いたWSとして、アビセアでの活躍を期待されて実装された。アビセアでなら射撃戦フレームWSに勝るとも劣らない威力を発揮しうるが、当時はホワイトキャンサーであってもターゲットをとったときの耐久力には難があると評されていた。
アタッカーとしてはどうしても射撃戦フレームの方が強いため、白兵戦ヘッド+射撃戦フレームという組み合わせも有力。

シールドバッシュは元々反応が鈍くスタン目的では期待できないが、特に通常攻撃特殊技扱いの敵に対しては全ての攻撃に反応して使ってしまう。
さらに特殊技扱いの通常攻撃アタッチメントアナライザー」の対象であり、通常攻撃カット対象を浪費してしまい本命の特殊技を防げなかったりするため、盾役として相対するのに不向きな敵。
盾役としてはペットの基本スペックとしてダメージカットの上限が最初から87.5%かつ物理カットアーマープレートで比較的容易に稼げるため、硬さだけならPCを凌駕する。ただし回復手段に乏しく特に状態異常に弱い。
一番の問題点はヘイト管理能力の低さにある。特に対複数でヘイトを稼ぐ能力が皆無だが、対単体でもまず根本的にヘイト量が少なくアタッカータゲを取られがち。
一方で魅了即死を無効化するという特性を持ち、その一点だけで盾役に起用されることもある。

調整・変更

名称について

オートマトン日本語名は「色彩名称」+「黄道十二星座」から付けられており、ホワイトキャンサーは「白」+「蟹座」。
英名のヴァラーエッジ X-900(Valoredge X-900)のValorはナイトレリック装束ヴァラーアーマー」と同じで「勇気」「勇猛」という意味であり、「勇猛な刃」といったところ。

関連項目

コバルトエアリーズ】【ヘーゼルサジタリウス】【カーマインスコーピオー】【パールアリエス】【フリントカプリコン
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。