Mnejing(めねじん)
  1. NPCの一人。
  2. フェイスの一つ。

1.項 登場人物

Mnejing
現在より50年前に、ガルカの人形師・ガッサド(Ghatsad)が率いる職人集団によって開発された、最初のオートマトンアヴゼン(Ovjang)と共にいることが多いので、相方であるとの認識が強い。

当時は皇太子であったジャルザーンによって皇宮内に招き入れられ、開発発展を遂げ現在に至る。現在も、アヴゼンと共に皇宮内にいる。常に毅然と両手を後ろ手に組み、威厳に満ちたそのセリフからも、アヴゼンとは正反対の印象を受ける。

マスターアヴゼンと同様にアフマウであるかと思いきや、実は不明である。ヘッドとボディ(フレーム)はホワイトキャンサー(白兵戦フレーム)。戦闘能力はそれなりにあるのだろうが、King of Heartsに極めて屈辱的な扱いをされる。

また自らの目で見た遠隔地での映像をアヴゼンに送信する能力を持っている(アヴゼンTV)。

後にFFXIVにも同名の魔法人形として登場している。やや壊れているものの、その性格や後ろ手に組んだ立ちポーズ等から、このメネジンが元ネタと思われる。

2.項 フェイス

2014年3月18日のバージョンアップ実装され、4月1日開始の「春のフェイスゲットキャンペーン」で習得可能になった。

いずれかのフェイス使用許可証を所持した上で、「盟-メネジン」を許可証に対応するフェイス担当NPCに渡すことで、フェイスメネジン」を習得できる。

特徴

ジョブナイト白兵戦フレーム
戦闘タイプ
武器素手
WSキメラリパーストリングクリッパーシールドサブバーター
アビリティ挑発ストロボ)、フラッシュバルブシールドバッシュディスラプター
その他ナシュメラと同時に呼び出していると、「敵対心+」「防御力+」が付く。

リキャストさえ来ていれば、必ずシールドバッシュ赤線スタンを試みようとする。また、リキャストさえ来ていれば必ず敵の強化ディスラプターで消しに掛かる性質を持つ。シールドバッシュの威力はオートマトンホワイトキャンサー同様高めの威力を持つ。
ストロボフラッシュバルブはレベル一桁代から使用を開始するため他の盾フェイスと比べて早熟で頼りになるだろう。

2016年10月11日のバージョンアッププロパティ被物理ダメージ-」が「被ダメージ-」に変更され、被物理ダメージ-12.5%から被ダメージ-37.5%に効果が引き上げられた。

パーティメンバーアヴゼンが居る場合、積極的にアヴゼン連携を取ろうとする性質を持つ。また、PTナシュメラアヴゼンの両方が居る場合、若干全性能がアップする特性があり、公式で言われていたほどの劇的な差異はないが、明確に被ダメが下がる。

調整・変更


特殊台詞

外部リンク

関連項目

オートマトン(ペット)】【Jalzahn】【Ovjang】【Aphmau】【Nashmeira】【Ghatsad】【フェイス
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。