ジョブポパーティ(じょぶぽぱーてぃ)
キャパシティポイントを稼ぐことを目的としたパーティの事。パーティ部分を略してジョブポや人気の狩り対象を名前に含めたカニポなどと呼ばれることもある。
海外プレイヤーキャパシティポイントを略し、「CP【パーティ】【いりませんか?】」とエールされることも多い。

特徴について

Lv75キャップ時代におけるメリポカンスト同様に、ジョブポカンストにも膨大な量のキャパシティポイントが必要なため、時間当たりの獲得ポイントが多くなる構成を求められる傾向が強い。

狩場の選定

一般的に選択されることが多いのは、アドゥリンエリアに配置されているApexの名を冠したモンスターと、醴泉島モンスターである。
Apexはレベルが高く非常に強力な個体ではあるが、1匹あたり1~数万のキャパシティポイントが得られる。醴泉島では乱獲が行われる。

Apex

シィの門モーの門ウォーの門ドーの門ラ・カザナル宮外郭ラ・カザナル宮内郭の各エリアにApexモンスターが配置されている。
門の場合は精霊魔法でのMBを中心とした戦術、カザナルでは近接ジョブ物理攻撃を中心とした戦術が好まれやすい。
但しラ・カザナル方面に関しては、狩場へのアクセスがあまりよろしくない事、Apexモンスターの中でも高レベルの個体しか配置されていない為に、ある程度強化が済んだ人向けの狩場となっている*1

シィの門ドーの門のApex Crab(クラブ系)、Apex Bats(コウモリ系)はアクティブではあるがリンクせず、とりわけ対処の難しい特殊技を有していないので盾役支援役も大きな負担を抱えることもなく狩り続けることが出来る。(クラブ族アスピルによるMP回復も見込める為、とりわけ人気のエリアとなっている。)時間帯によってはどこの狩場も埋まっているほどの人気エリアである。Apex Jagil(ジャギル種)もノンアク・ノンリンクと安全に釣れるモンスターではあるが、リコイルダイブアクアボール威嚇といった特殊技を持つ為、前述の2種に比べるとあまり好んで狩られるモンスターではない。

ジョブポパーティの構成

一般的な構成は以下の通り。
ただしサーバーごとに文化の差が非常に大きいので初めて参加する場合は主催者に問い合わせるのが良いだろう。
連携役が必ず1人のサーバー、必ず2人のサーバー盾役バブルカーテン防止のために攻撃厳禁のサーバーなど千差万別である。
ただし2019年現在では大半のサーバーでは盾風コに連携役1名、精霊2名の編成に落ち着いているようである。


ジョブポ稼ぎが行われる狩場では対象となる敵が近くに大量にいるため、盾役釣り役を兼任することが一般的である。連携役が一人で済む場合は支援役MB役を増やす等の調整を行う。

盾役

釣りが主な仕事で、連携役が武器を納刀して硬直しないようにつねに2匹以上をキープし続ける。
カット装備釣りの手段・ヘイトを稼ぐ手段を持っていればどんなジョブでも可能であるが、特に適正の高いジョブナイト魔導剣士と考えられている。これら2ジョブ敵対心ダメージカット装備が豊富で、複数キープが前提であるためファランクスが非常に役に立つ。つまり盾役釣り役を兼任する必要があるジョブポパーティには最適なジョブであると言える。

次に適正のあるジョブとしては、ナイトと同じく重装が可能で、ダメージカット装備を揃えやすい戦士暗黒騎士*2空蝉の術を持つ忍者や、扇の舞いによって盾役の適正を上昇させ、さらにワルツによる自己回復や、フラリッシュによる敵対心の上昇が可能な踊り子も候補に挙がる。
その他のジョブでもパーティーの構成や装備次第では盾役は十分に勤まるだろう。

連携

連携を作るのが仕事。十分な速度でWSがうてれば特にジョブの制限はない。
可能であればミスによる連携途切れを防ぐために多段ヒットするWSでの連携が望ましいと言われている。
かつては獣使い学者連携役を担当していたが、現在は戦闘の高速化によって下火となった。


学者の場合は戦術魔道書チャージ残数に依存する為、戦闘のテンポが非常に速いジョブポパーティでは連携が追いつかない場合がある。またチャージ時間短縮効果のある装備は現在では存在せず、ギフト550達成に以外の戦術魔道書使用時間短縮方法はない為、ジョブポパーティジョブポを稼ぐ前にジョブポを稼いで来いという→どこかで聞いた様な状況に陥りかねない
尤もこれは連携役として参加した場合の不安要素であり、MB役や、範囲化した陣、リジェネによる支援役としての活躍の場もあるので、学者連携役でなくとも活躍の場は多い。学者2名構成であればチャージの不足分を互いに補い合い、余裕ができるため一考の余地はある。

ジョブでもある程度仕上がっていれば一人連携が可能になるので、連携役は『一人連携が出来ることプラスアルファ』が求められることもある。
決定力が精霊魔法によるマジックバーストに拠るところが大きい為、支援もまた魔法寄りになりがちである。そこでこれらの恩恵を受けて敵のHPを大きく削りながら連携を組み立てられる狩コ*3が重宝される。

連携ボーナスジョブ特性に持つジョブに於いては、発生したダメージの大きさ如何では盾役からタゲが外れることもある。この為、サポ忍ブリンクストンスキン等で自己防衛を行う、被弾は想定内として支援組による回復を行うなどして予め対策方法は用意しておきたい。

マジックバースト

マジックバーストで敵を倒すのが仕事。
よく獲物にされるドー門のApec CrabのHPは12万より少し多い程度。これにマジックバースト役が精霊魔法を打ち込み2人の初段を合わせたダメージで倒せれば良いのである。
一人あたりが出さなければならないダメージ量は6万より少し多い程度であるため、99999ダメージを出さないといけなかったり貴重な装備が求められたりすることはない。
ただし、一発で倒せないと効率の低下につながるので必ずこのダメージだけは出せるようにしておくこと。

特に適正の高いジョブ精霊魔法のエキスパートである黒魔道士である。一時は『卒業』してしまって見つからないことも少なくなかったが、2019年現在ではOboroへの納品のためにジョブポを繰り返す者もおり、比較的操作が楽なこともあってかサーバー間の差はあるもののそれなりに参加者は多い。
他に適正の高いジョブとして学者赤魔道士も候補に挙げられる。風水士も適正は高いのだが支援としての役割が定着しているためか、メインマジックバースト役として迎えられることはやや稀である。

黒魔道士精霊VI系(要ギフト100)を筆頭に、高位精霊魔法による安定した削りを見込める。スピコナコートSPコート+1)を装備した上でマジックバーストが成立すれば精霊魔法に費やしたMPはほぼ全て還元という形で回復する為、継戦能力は非常に高い。エレメントセレリティジョブ特性も相まって、1連携内での2連続マジックバーストも、連携発生を見てからでも間に合わせることが可能になる。

赤魔道士ギフト100達成を条件に精霊V系が、学者黒の補遺使用時に限り精霊IVV系が使用可能になり、マジックバースト役として参加可能になる。相方のマジックバースト役の仕上がり具合によっては、最後の削り程度に精霊III系程度での参加でも十分な場合があり、オーバーキルを見極めて状況判断したいところである。
この2ジョブの一番の悩みはMPの運用となるが、黒魔道士のようにMP還元系のプロパティを持つ装備セイズルコタルディしか存在せず、その入手難度はIL119時代でも低くはない。その為、セイズルコタルディがない状態で精霊魔法を連発しているとあっという間にMPが枯渇してしまう。この対策としては、机上演習コンバートミルキルといったMP回復手段を効果的に使う、勤倹小心の章を使って消費MPを軽減する、外部からMP回復支援を貰う(詩コなど)といった動きが必要となる。

また狩場クラブ族などのMPを有する敵を選んでいる場合、闇連携に合わせてマジックバーストアスピルを詠唱すれば大幅なMP回復が見込める為、セイズルコタルディがないでも継戦能力の増加が見込める。(サポートジョブによって詠唱可能)

それ以外のマジックバースト役としては、召喚獣による履行でのマジックバーストがある。また、風水士も比較的優れた精霊魔法能力を有するが、消費MP事情も似通ったものがあるのと、インデジオ系共に多大なMPを消費する為、積極的にマジックバーストに参加することはあまりない。……今となってはそうも言っていられない状況や、構成になる場合も多いのだが。
赤学風に共通して言える事だが、黒魔道士と比べるとどうしても火力が下がってしまう為、魔攻装備に加えてマジックバースト+のプロパティを持つ装備があるとなお良いだろう。

支援役

支援役の筆頭にまず挙がるのは風水士である。
ジョブポパーティではレベルが特に高い敵を相手にする為、マジックバースト*4レジスト低減や、威力の増加、前衛後衛含めたヘイスト支援といった重要な役割を担う。風水士がいるかどうかでジョブポパーティの効率は激変すると言っても過言ではない。この為、風水士が見つからなかった場合は編成は中止・解散する場合もあるほどのキージョブである。
またエントラストを利用した2つ目のインデスフィアの設置や、レイディアルアルカナといったMP回復手段も持ち合わせているのも風水士の魅力である。

風水士による支援は幾つかの組み合わせがあるが、基本的にジオマレーズ魔法防御力ダウン)を中心に組み立てると良いだろう。

風水士以外の支援役としては、学者赤魔道士コルセア吟遊詩人も挙げられる。

学者女神降臨の章+令狸執鼠の章による陣(陣II)での精霊魔法ダメージアップの貢献や範囲リジェネによる盾役連携前衛の被弾ダメージ回復補助、自身もマジックバーストに参加すると言った芸当も可能である。但し全てをこなそうとした場合はかなりの忙しさとMPチャージの管理に気を使う事になる為、自身の力量を把握しつつ何を優先するかをパーティメンバーと相談して決めておいた方が良いだろう。

赤魔道士ヘイストリフレシュ吟遊詩人マーチバラードといった戦闘の高速化、MPヒーラーとしてのサポート役として誘われる場合があるが、現状風水士一人でそれらが賄えてしまう為、支援役の募集枠に名前が挙がることは少ない。しかし戦闘対象と狩場によっては不意に絡まれたメンバーの補助として、寝かせや足止め能力を持ったジョブが居ると安心ではある。

コルセアコルセアズロールによる1戦闘あたりの大幅なキャパシティポイントの増加を狙って誘われる場合がある。先にも述べたが、装備の仕上がりややPSによっては連携役や、その他サポートジョブサポ白サポ赤)も考慮した上での支援が期待される場合もある。

ジョブポパーティに参加する際の注意点

ジョブポパーティに限った話ではなく、エンドコンテンツ全般でいえることだが、主催者やメンバーによっては装備強化具合を気にかける人も少なくはない。


…など。
もちろん装備強化の良し悪しは個人差があり、パーフェクトに極めている人などそうそう居ない。互いに短所をカバーしあうのもパーティの醍醐味である。それでもなお可能であればジョブポ稼ぎに支障をきたさない程度の『考えられる上で最低限の準備』はしておきたいところである。

ジョブポパーティの歴史

キャパシティポイント実装された当初は、当時は地上はソロ向け、地下はパーティ向けとアナウンスされていたこともあり、アドゥリンエリアの地下1階におけるパーティでの乱獲がよく行われていた。

やがて地下2階が解放されると、地下1階のモンスターより得られるキャパシティポイントが高かったこともあってそこに遠征するようになる。

星唄ミッション実装されると、エスカエリアモンスター乱獲することが新たなキャパシティポイント稼ぎの手段となる。リポップが速くアクティブモンスターが多いため、釣り役絡まれ釣りをして範囲攻撃で一掃することで容易に稼ぐことができるようになった。また1体1体は比較的弱いため、フェイス実装とあわせてソロでもある程度は稼げるようになった。

Apexモンスターが配置された当初は、モンスター回避の高さに対してプレイヤー側の装備が充実していなかったため、前衛攻撃を当てるのも容易ではなかった。そのため学者連携を打ち込み、黒魔道士マジックバーストを当てるというやり方が主流だった。

現在ではマジックバースト役の黒魔道士などの多くが卒業したこと、および命中の見直しと前衛装備も充実してきたため、敢えてマジックバースト役を置かず前衛中心にして連携ダメージで倒すやり方も十分実用的である。

また醴泉島実装により、より高効率な乱獲も行われている。

2018年、RMEA強化の条件の1つとしてジョブポ納品が加わった。
これにより、既に該当ジョブジョブポを稼ぎ終わった人の参加も増えており、以前と比べて人が集まりやすくなった。


関連項目

キャパシティポイント】【ジョブポイント】【ギフト
*1
アンデッド系が大半であり、一瞬のミスパーティが壊滅する超危険地帯でもある。
*2
Su2ではあるがブラーシールド装備すると更に高いカット率を稼ぐことが出来る。
*3
トゥルーフライトレデンサリュートワイルドファイアなど
*4
元々マジックバーストレジスト大幅低減効果があるが、それでも尚レジストする事はある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。