ジョブポパーティ(じょぶぽぱーてぃ)

キャパシティポイントを稼ぐことを目的としたパーティの事。パーティ部分を略してジョブポや人気の狩り対象を名前に含めたカニポなどと呼ばれることもある。
海外プレイヤーキャパシティポイントを略し、「CP【パーティ】【いりませんか?】」とエールされることも多い。
ゲーム内でジョブポカニポという名目で募集がかけられる場合は、75キャップ時代のメリポと同様にエンドコンテンツとしての意味合いを含む場合が多々あり、カジュアルなジョブポ稼ぎと区別される場合も多いのでサーバーごとの文化の差が理解できるまでは参加時に主催者に確認すると良いだろう。

特徴について

Lv75キャップ時代におけるメリポカンスト同様に、ジョブポカンストにも膨大な量のキャパシティポイントが必要なため、時間当たりの獲得ポイントが多くなる構成を求められる傾向が強い。

狩場の選定

一般的に選択されることが多いのは、アドゥリンエリアに配置されているApexの名を冠したモンスターと、醴泉島モンスターである。
Apexはレベルが高く非常に強力な個体ではあるが、1匹あたり1~数万のキャパシティポイントが得られる。醴泉島では乱獲が行われる。

Apex

シィの門モーの門ウォーの門ドーの門ラ・カザナル宮外郭ラ・カザナル宮内郭の各エリアにApexモンスターが配置されている。
門の場合は精霊魔法でのMBを中心とした戦術、カザナルでは近接ジョブ物理攻撃を中心とした戦術が好まれやすい。
但しラ・カザナル方面に関しては、狩場へのアクセスがあまりよろしくない事、Apexモンスターの中でも高レベルの個体しか配置されていない為に、ある程度強化が済んだ人向けの狩場となっている*1

シィの門ドーの門のApex Crab(クラブ系)、Apex Bats(コウモリ系)はアクティブではあるがリンクせず、とりわけ対処の難しい特殊技を有していないので盾役支援役も大きな負担を抱えることもなく狩り続けることが出来る。(クラブ族アスピルによるMP回復も見込める為、とりわけ人気のエリアとなっている。)時間帯によってはどこの狩場も埋まっているほどの人気エリアである。Apex Jagil(ジャギル種)もノンアク・ノンリンクと安全に釣れるモンスターではあるが、リコイルダイブアクアボール威嚇といった特殊技を持つ為、前述の2種に比べるとあまり好んで狩られるモンスターではない。

ジョブポパーティの構成

一般的な構成は以下の通り。
ただしサーバーごとに文化の差が非常に大きいので初めて参加する場合は主催者に問い合わせるのが良いだろう。
連携役が必ず1人のサーバー、必ず2人のサーバー盾役バブルカーテン防止のために攻撃厳禁のサーバーなど千差万別である。
2016年頃までは、大半のサーバーでは以下のような盾風コに連携役1名、精霊2名の編成が多く組まれていた。


初めてジョブポに触れる諸氏は回復役がいないことに疑問を持つだろう。
盾役被ダメージを0近くに抑えたり自己回復が可能なジョブが担当し、好んで狩られるカニなどは範囲攻撃が貧弱である。
そのためコルセア風水士回復で十分間に合うのである。

ただ、2017年頃よりマジックバースト役や風水士を筆頭とした支援役の多くが卒業したことにより、深刻な人員不足に陥るサーバーも出てきている。
2020年現在では、前衛火力が増強されたことも相まって、前衛同士の連携をハイスピードで回す戦闘が多く、さながらレベル上げパーティのような状態となっている。
この際の編成は、アタッカー2~3名、支援1人、ヒーラー1人、その他自由枠1人となることが多い。

盾役

釣りが主な仕事で、連携役が武器を納刀して硬直しないようにつねに2匹以上をキープし続ける。
カット装備釣りの手段・ヘイトを稼ぐ手段を持っていればどんなジョブでも可能であるが、特に適正の高いジョブは特別な準備が不要で普段の装備そのままで参加できるナイト魔導剣士と考えられている。これら2ジョブ敵対心ダメージカット装備が豊富で、複数キープが前提であるためファランクスが非常に役に立つ。つまり盾役釣り役を兼任する必要があるジョブポパーティには最適なジョブであると言える。

その他のジョブでもパーティーの構成や装備次第では盾役は十分に勤まるだろう。
ただし通常は2~3匹程度を同時にキープし続けることになるため、耐える手段を空蝉だけに頼るのは困難であるため注意が必要。
その際は寝かしを視野に入れる必要がある。

現在では、いればタゲ維持がしやすいな程度となっており、積極的に募集されることはない。

アタッカー

ウェポンスキル連携ダメージによる大ダメージにより、敵を倒すことが仕事。
集まったメンバーにより連携の順番を決め、その通りに連携を出していくことが求められる。

また、アタッカー採用型の戦闘を行う場合、盾ジョブで参加するプレイヤーがいない限り盾役を設けないことから、誰がターゲッターになるのかという取り決めも行わなければならない。

連携

連携を作るのが仕事。十分な速度でWSがうてれば特にジョブの制限はない。
可能であればミスによる連携途切れを防ぐために多段ヒットするWSでの連携が望ましいと言われている。
かつては獣使い学者連携役を担当していたが、現在は戦闘の高速化によって用いられることはない。

学者の場合は戦術魔道書チャージ残数に依存する為、戦闘のテンポが非常に速いジョブポパーティでは連携が追いつかない場合がある。またチャージ時間短縮効果のある装備は現在では存在せず、ギフト550達成すること以外の戦術魔道書使用時間短縮方法はない為、ジョブポパーティジョブポを稼ぐ前にジョブポを稼いで来いという→どこかで聞いた様な状況に陥りかねない
尤もこれは連携役として参加した場合の不安要素であり、MB役や、範囲化した陣、リジェネによる支援役としての活躍の場もあるので、現在では学者連携役でないことのほうが多い。

装備が整ったプレイヤーであれば、学者獣使いといった時間に制約のあるジョブを用いずとも連携を出すことが可能であることから、そういったプレイヤー連携を任せる場合も多く存在した。
代表的なジョブとしては、侍や赤魔道士。のように、ヘイストさえあれば連携を簡単に出せるジョブである。
侍の場合はインデヘイスト等のヘイスト支援を受けて連携を出すだけである。
赤魔道士の場合は長大な持続時間を誇る自己ヘイストIIや、全ジョブトップクラスのトリプルアタック性能を活用した1人連携である。
2020年現在は、マジックバースト戦術の衰退に伴い、連携役という枠自体がなくなってきている。

マジックバースト

マジックバーストで敵を倒すのが仕事。
よく獲物にされるドー門のApec CrabのHPは15万~16万程度。連携と合わせてマジックバースト役が精霊魔法を打ち込み2人の初段を合わせたダメージで倒せれば良いのである。
一人あたりが出さなければならないダメージ量は6万~7万程度であるため、99999ダメージを出さないといけなかったり貴重な装備が求められたりすることはない。
ただし、一発で倒せないと効率の低下につながるので必ずこのダメージだけは出せるようにしておくこと。

なお、2020年現在ではマジックバースト戦術そのものが消滅してきている。
しかしマジックバーストによるダメージは依然魅力的であり、参加する場合は前衛連携に合わせてマジックバーストを1回挟む程度の立ち回りを求められることが多い。

特に適正の高いジョブ精霊魔法のエキスパートである黒魔道士である。
他に適正の高いジョブとして学者赤魔道士も候補に挙げられる。
風水士も適正はあるが、風水魔法消費MPが大きいことから、マジックバースト役としての活躍ばかり期待しているとMPが不足していて肝心の支援を受けられないという本末転倒な事態に陥る為、マジックバーストを目的として迎えられることは皆無である。

黒魔道士精霊VI系(要ギフト100)を筆頭に、高位精霊魔法による安定した削りを見込める。スピコナコート装備した上でマジックバーストが成立すれば精霊魔法に費やしたMPはほぼ全て還元という形で回復する為、継戦能力は非常に高い。
エレメントセレリティジョブ特性も相まって、1連携内での2連続マジックバーストも、連携発生を見てからでも間に合わせることが可能である。

赤魔道士ギフト100達成を条件に精霊V系が、学者黒の補遺使用時に限り精霊IVV系が使用可能になり、マジックバースト役として参加可能になる。
MP還元系の装備であるセイズルコタルディが半ば必須となっているが入手はIL119でもやや手間がかかる。
セイズルコタルディがない状態で精霊魔法を連発しているとあっという間にMPが枯渇してしまう。可能な限り事前に入手しておきたいが無理な場合は、机上演習コンバートといったMP回復手段を効果的に使う、MP回復支援を貰う(詩コなど)といった工夫が必要となる。
ただし、あくまでも上記は赤魔道士マジックバースト役で参加する場合であり、2020年現在では、赤魔道士は後述する支援役に回ることがほとんどである。

学者は基本的な立ち回りは赤魔道士と同じである。
しかし赤魔道士と同様に、参加する際に求められる立ち回りは支援役となることがほとんどである。

狩場クラブ族などのMPを有する敵を選んでいる場合、闇連携に合わせてマジックバーストアスピルを詠唱すれば大幅なMP回復が見込める為、セイズルコタルディがないでも継戦能力の増加が見込める。(サポートジョブによって詠唱可能)

それ以外のマジックバースト役としては、召喚獣による履行でのマジックバーストがある。
が、こちらも支援役を担うことがほとんどで、短縮していても約20秒のリキャストがかかる履行でのマジックバーストは当てにすることは出来ない。

支援役

支援役の筆頭にまず挙がるのは風水士コルセア吟遊詩人である。

風水士は、パーティ構成に応じて使用する風水魔法を変えることが求められる。
コルセアレデンサリュート魔法ダメージを中心に据える場合は、マレーズ等の魔防ダウン効果を得られる風水魔法を用いる。
暗黒騎士などの物理ダメージを中心に据える場合は、フレイル等の防御ダウン効果を得られる風水魔法を用いる。
取り得る戦術によってはインデヘイスト等、戦闘を円滑に進める為の風水魔法の選択も求められる。
その他、アタッカーや盾へのヘイストケアルを担当することが多い。

コルセアコルセアズロールでの獲得キャパシティポイント増加を第一の目的とし、第二にサムライロールでのWS回転率アップを狙うのが基本となる。
レデンサリュートが非常に強力であることから、サポートジョブ忍者踊り子とし、連携の〆としての立ち回りが求められる。

吟遊詩人は、マーチメヌエット編成によってはバラードによる味方強化を求められる。
その他、アタッカーや盾へのヘイストケアルを担当することが多い。

近年は、風水士コルセアといった人気ジョブを卒業する人が増え人材不足となっていることが多いことから、赤魔道士召喚士支援役として立ち回る場合もある。

赤魔道士ヘイストIIによる戦闘の高速化やヒーラーの他に、釣り役WSのトス役といった、赤魔道士本人の装備状況に応じた立ち回りを行うことが多い。
召喚士も同じくヘイスガIIによる戦闘の高速化や、紅蓮の咆哮ドリームシュラウドによるアタッカー火力底上げを行うが、こちらはそれ以外はヒーラーとしての立ち回りが主である。

ジョブポパーティに参加する際の注意点

ジョブポパーティに限った話ではなく、エンドコンテンツ全般でいえることだが、主催者やメンバーによっては装備強化具合を気にかける人も少なくはない。


…など。
もちろん装備強化の良し悪しは個人差があり、パーフェクトに極めている人などそうそう居ない。互いに短所をカバーしあうのもパーティの醍醐味である。それでもなお可能であればジョブポ稼ぎに支障をきたさない程度の『考えられる上で最低限の準備』はしておきたいところである。

ジョブポパーティの歴史

キャパシティポイント実装された当初は、当時は地上はソロ向け、地下はパーティ向けとアナウンスされていたこともあり、アドゥリンエリアの地下1階におけるパーティでの乱獲がよく行われていた。

やがて地下2階が解放されると、地下1階のモンスターより得られるキャパシティポイントが高かったこともあってそこに遠征するようになる。

星唄ミッション実装されると、エスカエリアモンスター乱獲することが新たなキャパシティポイント稼ぎの手段となる。リポップが早くアクティブまたはリンクするモンスターが多いため、釣り役絡まれ釣りをして範囲攻撃で一掃することで容易に稼ぐことができるようになった。また1体1体は比較的弱いため、フェイス実装とあわせてソロでもある程度は稼げるようになった。

Apexモンスターが配置された当初は、モンスター回避の高さに対してプレイヤー側の装備が充実していなかったため、前衛攻撃を当てるのも容易ではなかった。そのため学者連携を打ち込み、黒魔道士マジックバーストを当てるというやり方が主流だった。

また醴泉島実装により、より高効率な乱獲も行われている。

2018年、RMEA強化の条件の1つとしてジョブポ納品が加わった。
これにより、既に該当ジョブジョブポを稼ぎ終わった人の参加が増えると思われたが、あまり変わった様子はない。

現在では近接アタッカー攻撃力命中が底上げされたことや、マジックバースト戦術に用いるジョブの卒業により、マジックバースト戦術を取ることは皆無となっている。
主な戦術としては、アタッカー2,3人による予め決めた連携回しであり、これまで参加し辛かった前衛ジョブの参加が容易となっている。
ただしマジックバースト役の立場が無くなった訳でもなく、アタッカー連携に合わせてマジックバーストをする、という立ち回りへと変化している。

関連項目

キャパシティポイント】【ジョブポイント】【ギフト
*1
アンデッド系が大半であり、一瞬のミスパーティが壊滅する超危険地帯でもある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。