ラ・カザナル宮外郭(ら・かざなるきゅうがいかく/Outer Ra'Kaznar)
ラ・カザナルリージョンに属するエリアの一つ。エリア略称OutRaKaz。
カミール山麓の奥地で発見された謎の建造物。
未知の壁材で造られ、魔力を帯びたが怪しく輝く。
建てられた目的・経緯など、その一切が不明。
その広大さから、開拓事業の障害となることは必至である。
建造物内は、地下深くへと続く構造をしており
首のない甲冑など、未知のモンスターも徘徊する危険地帯。
……現状、その全貌を計ることは困難である。

→公式:アドゥリンの魔境特設サイトより

エリア解説

Outer_RaKaznar_01.jpg Outer_RaKaznar_02.jpg Outer_RaKaznar_03.jpg

幾何学模様の描かれた床に発光する多面体など、魔境にはおよそ似つかわしくない謎の遺跡。
大きく分けて2層構造になっており、上層部と下層部はエリア中央の昇降機によって行き来ができる。
また、いくつかの小部屋には天井から伸びる植物の根(Entwined Roots)とそれによってできた穴があり、そこからも下層へと降りることができる。
地図上では全ての部屋が通路によって規則正しく連結されており、シンプルな構造に思えるが実際は開かないによって仕切られている通路が多数であり、上層と下層を行き来しながら進む迷宮のような構造となっている。
(G-3)または(J-3)から降りた下層の最奥エリア(I-8)には、ラ・カザナル宮内郭へと続くエレベーター(このエレベーターは銀白色の札を手に入れることで使用可能になる)がある。また、2014年11月10日のバージョンアップ以降は、古ぼけた紋章-絶零公があれば下層L-8からウォーの門に繋がる出入口も利用できるようになった。

また下層からはL-10/L-6/D-6/E-11にある転送装置から一方通行で、上層N-7のカミール山麓出入り口に脱出することができる*1
この出入り口付近にはGoblin Footprintがある。

遺跡研究者レリーンによれば何らかの魔力エリア全体を巡っているようで、それを利用した防衛機構があちこちに稼動している。また、コロナイズ・レイヴの対象である、通路を塞ぐAmaranth Barrier)も魔法障壁で強化されており、破壊するにはサバイバルスキルの1つであるパルバライズスキルを要する。

また、専門スタッフの常駐すら許さない化外の地であり、フロンティア・ステーションフロンティア・ビバックを建造することはできない*2。つまりウェイポイントによる移動ができないということであり、謎の魔導器があるので街から入り口までのアクセスは容易なものの、奥地へは徒歩で移動する必要がある。とはいえ、(古ぼけた紋章を持っている必要はあるものの)東ウルブカ地方ダンジョンマップ[2]を通過してラ・カザナル宮内郭に移動できるようになったことで、ラ・カザナル宮内郭に行きたいだけならラ・カザナル宮外郭を通過せずにそちらを通過するという手段も取れるようになった。

エリア内は常に妖霧に覆われており、シャドウドラウガーデュラハンカヒライスといったアンデッド類が数多く生息している。
さらにアクエフオブデラなどのアモルフ類アンブリルビルゲンアンシーリーなどのエレメンタル類も多数。
他にバットトウィザリムフルトゥリーニなど。
また、鉄巨人族が通常配置されているのも特徴。アビセアのものとは違い、インスニ見破りは無いが感知範囲はかなり広めである。
エリアシャドウ族次元殺などの特殊技ではなく、PCが使うものと同じウェポンスキルを使用するため、舐めてかかると思わぬ被害を被ることもあろう。

パンジェント・ファンガスなどと同様の障害物NMとしてSuspended Sculptureという謎の機械がエリア各地に設置されている。

レイヴ

詳細は各項目を参照。なお、2種類のレイヴは階層が分かれているが、レイヴ発生のアナウンスは現在位置が上層下層に関係なくなされる(下層に居てもレイア・レイヴ発生が上層の座標でアナウンスされる。逆も同じ)。

採集

このエリアでは採掘が可能。
石つぶて隕石鉄鉱金鉱バナジウム鉱デュラハンの鎧オリハルコン鉱カザナル鉱など。

地図

だいじなものラ・カザナル宮地図」に収録されている。
東アドゥリンスカウト・ワークス内Sifa Alaniより同盟戦績2,000ベヤルドにて購入することができる。

マップには番号がつけられており、メニューの「マップ」>「他のエリア」で確認できる。マップの内訳は以下のようになっている。

隣接エリア

歴史

2014年2月18日のバージョンアップアドゥリンエリアとして実装された。

実装当初はウォーの門との出入り口や下層の転送装置は設置されておらず、1度下に落ちると脱出する手段はテレポエスケプ、またはホームポイントへの帰還などしか存在しなかった。

この問題に関して、公式フォーラムで「地下層から地上入り口へ戻るルートは存在します」というコメントがあったが、1日後に誤りであったことが判明した*3。このやり取りの直後に、下層に降りる根っこの近くに、脱出手段を用意しておくよう忠告するモーグリが配置されている。

2014年3月18日のバージョンアップでは転送装置が追加され、移動魔法等に頼らずに脱出することが可能となった(と同時に前述のモーグリも役目を終え、撤去されている)。

2014年8月12日のバージョンアップではラ・カザナル宮内郭実装され、さらに奥に進めるようになった。

2014年11月10日のバージョンアップではウォーの門との出入口が解放された。

2015年9月16日のバージョンアップでは生息するモンスターの種類/配置が変更されている。

関連項目

アドゥリンエリア】【ラ・カザナル宮
Copyright (C) 2002-2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
当初はL-10の転送装置を調べただけでは脱出できず、E-11の転送装置を調べると「個体認証が完了した」として入口に戻る選択肢が出たので、単純に調べるだけでなく、何らかの条件がある可能性もある。しかし、いつの間にか最初からL-10の転送装置が動くようになっているので、条件が緩和されたか、不具合で動かなかっただけかもしれない。
*2
…という設定だったのだが、更に最深層に存在する内郭にはなぜかHome Pointが設置されている。
*3
参考:「スレッド: ラ・カザナル宮外郭の作りについて」→その1→その2公式フォーラム
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。