ドーの門(どーのもん/Dho Gates)
東ウルブカ地方リージョンに属するエリアの一つ。エリア略称はDhoGates。
エヌティエル水林マリアミ渓谷を繋ぐ洞窟。
マリアミ渓谷からの水が川や滝となって流れ、
からの浸水で作られた地底湖も存在する。
所々にヴェルク族の居住域が存在し、彼らの
開けた横穴がいくつも見られる。

→公式:アドゥリンの魔境特設サイトより

エリア解説


Dho_Gates_1.jpg Dho_Gates_2.jpg Dho_Gates_3.jpg

名前は大風水士シィ・レナイェの5人の弟子の一人「水のドー・ムクフェ」(Dho Mukufeh, bearer of water)に由来する。

マップ[1]は大きく分けて、エヌティエル水林マリアミ渓谷を結ぶ中央部、シルダス洞窟エヌティエル水林を結ぶ北東部、ツタを越えた先に広がる西部、コロナイズ・レイヴの先に広がる南部の3つの場所に分かれている。

マリアミ渓谷に徒歩で向かう場合は、コロナイズ・レイヴを越えなくとも良い中央部を通ることになるだろう。

洞窟内はヴェルク族コウモリ族などの他、マリアミ渓谷と同様にSpinescent Protuberanceというタケノコのようなモンスターがおり、近くに留まっていると範囲攻撃アムネジアにされてしまう。

見破りモンスターはいないので基本的にインスニで探索できるが、ツタを上るときにはインビジを切る必要がある。

2014年11月10日のバージョンアップではエヌティエル水林ラ・カザナル宮内郭を接続するマップ[2]が解放されている。こちらは元々あったマップ[1]とは独立したマップで、侵入には古ぼけた紋章-水刃公が必要となる。

2015年9月16日のバージョンアップでは生息するモンスターの種類/配置が変更されている。

パーティボーナスが多めに設定されているエリアの1つ。特にApex Crab(クラブ族)、Apex Bats(コウモリ族)は弱点属性が多く、驚異的な特殊技も有していないため対処しやすく、ジョブポPTと呼ばれるキャパシティポイントを短時間に集中的に稼ぐPTジョブによってはソロプレイヤー+フェイス)で賑わっている。

施設

エルゴン・ローカス備考
名称場所
水の地瘤マップ[1](E-10)クライムスキル
塩清の泉マップ[1](G-12)コロナイズ・レイヴ

このほか、Goblin Footprintマップ[1]K-10(南側のエヌティエル水林境界付近)に配置されている。

レイヴ

詳細は各項目を参照。

採集

このエリアでは採掘が可能。
水石墨輝白銀鉱など。

釣り

マップ[1]では川、池(5ヶ所)、Ergon Locus「塩清の泉」で釣りをすることができる。実際のところほとんどの場所にヴェルク族が居り、安全に釣りができる場所は限られる。

マップ[2]にも釣りができる場所が点在しており、こちらは水場のそばにいるのは聴覚感知モンスターだけなので安全に釣りができる。ただし、南の釣り場は少し離れたところにアンブリル族がいるので、スニークのかけ直しの際に絡まれないよう注意。

このエリアの固有種として淡水域にリバースフィッシュがいる。

出現するノートリアスモンスター

名称種族主な戦利品備考
Dreadpincerクラックロー族ヘルクレスクール
ハイバーンピアス
トリガーポップ

地図

だいじなものドーの門地図」に収録されている。
東アドゥリンにあるスカウト・ワークス地図提供スタッフ「Sifa Alani」から同盟戦績2000ベヤルドとの交換で入手できる。

マップには番号がつけられており、メニューの「マップ」>「他のエリア」で確認できる。マップの内訳は以下のようになっている。

隣接エリア

歴史

2013年7月9日のバージョンアップアドゥリンエリアの1つとして実装された。

当初はツタの周囲にヴェルク族が徘徊していたため、ツタを上った途端襲われるということがあったが、2013年8月6日のバージョンアップで配置変更され、いきなり襲われることはなくなっている。

2014年3月18日のバージョンアップでは、ジョブポイントの追加に伴い、パーティボーナスが多めに得られるようになった。同時に、エリア内の敵が平均でレベル122程度に引き上げられている(コロナイズ・レイヴの敵は据え置き)。

2014年11月10日のバージョンアップマップ[2]が解放され、NMDreadpincer」が追加された。

関連項目

アドゥリンエリア
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。