レリックウェポン最終段階(れりっくうぇぽんさいしゅうだんかい)
  1. デュナミスで取得できるレリックウェポンを修復し、あるいは同質の別の武器と交換したりを繰り返し、最終的に手元に残ることになる伝説級の武器のこと。強化の段階で言えば第5段階に当たる。
  2. 上記の武器を更に強化し、装備レベル99でアフターグロウが付いたもの。

イージス楽器ギャッラルホルンは狭義の武器ではないが、入手の方法がほぼ同じであるため、ここでは同様に取り扱う。

2013.11.52016.2.10に、上記の武器を更にアイテムレベル119(アフターグロウ付き)まで段階を経て強化できるようになった。こちらの方が性能面においての実質的な最終段階となるが、これを「レリックウェポン最終段階」とするかは定まっていない。

第5段階(装備レベル75)

この段階まで強化すると、以降は強化しても名称が変わらなくなる。またプロパティの数値がどんどん伸びていくものの、第1~第5に至るまでの劇的な変化はない。

この段階以降の特徴として、以下のような点が挙げられる。

このうち最も特筆される点は「時々一定倍撃」の隠し性能であり、これがレリック最終段階がその他の武器と一線を画する大きな理由の一つとなっている。
この倍撃攻撃の初段にのみ効果が乗る。格闘二刀流ダブルアタックをはじめとする複数回攻撃などで攻撃回数を増やしている場合、初段のみ適用され、二段目以降は適用されない*2

ちなみに、2008年9月9日のバージョンアップ以降、レリックウェポン最終段階ミシックウェポンが有するD値以外のプロパティは、サブウェポン装備した際に効果が発揮されなくなっている。

数字の上で現存するほとんどの武器を凌駕する最強の性能を誇り、ヴァナ・ディールデュナミス双方でその武器に秘められた固有WS(通称レリックWS)を繰り出すことができる上*3、まれに倍撃が発生する隠し性能も持つ。

メイジャンの試練強化することができ、レベルキャップが上昇してもトップクラスの性能を保ち続けている。ただし、メナス武器の追加(2013/4/30)から、アイテムレベルを付与できるようになるまで(同11/5)の半年間はトップクラスの座からは陥落していた。

市場価格による価値とステータスとしての存在価値

もちろん、これらのアイテムRare Ex装備で、最終段階はもとよりその過程のいかなる武器も他人に譲渡や交換はできない。そのため、これを求める者はまず第1段階の武器デュナミスにて取得し、一から鍛え上げることが絶対条件となる。

レリックウェポンを「鍛える」ために必要なのは、いくらかのアイテム(ゴブリンが要求するもの)と、莫大な旧貨幣による「手数料」。その他、あれば便利なものに人脈・絆と金策能力、途中で折れることのない強い心などが挙げられる。

この中で、最も苦労するのが手数料。段階を追うごとに要求される枚数は加速度的に増えてゆき、最終段階を手にするまでに必要な延べ旧貨幣量は1旧貨幣単位に換算して約18000枚にものぼる。
これはかつては中規模の裏LSデュナミスLS)が一年がかりで産出できるか、という数字であり、そのため最終段階に達したレリックウェポンはまさに「究極の逸品」と呼べるものであった。

2015年現在では、デュナミスの仕様が大きく変わり、占有制ではなくなった上、毎日且つ1日何回でも通うことが可能となったこと、加えてレベル上限の解放やアイテムレベル装備実装により、ジョブや場所などある程度の条件はあるものの、ソロでも一回の突入で300~500枚以上の貨幣を稼げるようになった。

またそれに伴い旧貨幣の供給も増え、値段も下がり気味なため、ギルさえあれば安定して購入できるようになっている。

こうした事情により、途中で要求される「」の取得のためのNM戦を除けば、時間はかかるものの、1アカウントのライトユーザーであってもおおむねソロで作成できるため、ミシック・エンピリアンに比べて入手が容易であり、現在では以前ほどのレアリティではなくなっている。

公式より発表された「ヴァナ・ディール国勢調査」により、全ての武器種別において最終段階の存在が確認されている。

ワールドレリックウェポン最終段階総数
2012年5月15,582
2011年5月5,978
2009年5月3,245
2008年5月1,869
2007年6月 778
2006年6月 218

※2010年はヴァナ・ディール国勢調査未実施のため総数不明。

デュナミスの仕様変更後、飛躍的に所有者が増えており、かなりの冒険者が最終段階をその手に収めた事が解る*4

最終段階とレリックWS

種別武器レリックWS*5装備可能ジョブ
格闘スファライファイナルヘヴン
短剣マンダウマーシーストローク
片手剣エクスカリバーナイツオブラウンド
両手剣ラグナロクスカージ
片手斧ガトラーオンスロート
両手斧ブラビューラメタトロントーメント
両手鎌アポカリプスカタストロフィ
両手槍グングニルゲイルスコグル
片手刀鬼哭生者必滅
両手刀天の村雲零之太刀・回天
片手棍ミョルニルランドグリース
両手棍クラウストルムタルタロスゲート
弓術与一の弓南無八幡
射撃()アナイアレイターカラナック
管楽器ギャッラルホルン(無し)
イージス(無し)

なお、どのような技(エフェクト)か見てみたい方はメディアワークス発行の「ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団ヴァナ・ディール公式ワールドガイドVol3 コミュニケーション編」付属のDVDに掲載されているものを見ると良いだろう。

パルスアームズ装備レベル99)

当初はレリックウェポンを第5段階以上に強化することはできず、これが名実共に最終段階だった。

その後、メイジャンの試練実装されたことで更に強化できるようになり、最終段階の意味も揺らいでいる。これは2010年6月22日のバージョンアップから始まったレベルキャップの上昇が2011/12/15Lv99で一段楽したことで落ち着いたが、2013年11月5日以降はアイテムレベルという形で強化できるようになった。

また、Lv99以上のレリックウェポンには、ごく一部のプレイヤーのみが到達できるいわば「真の最終段階」と呼べる到達点が用意されており、こちらを指して最終段階という言葉が使われることもある。ただし、こちらを指すことを明確にするために、例えばLv99なら「Lv99第2段階」「Lv99+」といった表現が用いられることもある。

この段階の特徴として、以下のような点が挙げられる。

ただし、ギャッラルホルンにはアフターグロウはなく、エフェクトがつくのみである。

第5段階からLv95まで鍛える過程は、特定のNMを倒したり、特定の敵にレリックWSを使ったりという内容で、ギルによって解決することはできない。
Lv99以降の試練デュナミス-ザルカバードArch Dynamis Lordドロップするアンブラルマロウ(5個+250個=計255個)と、深成岩300個が必要。
いずれも取引が可能なので、ある程度はギルに物を言わせることも可能である。
とはいえArch Dynamis Lordは強力な敵でアンブラルマロウドロップ数も少なく、取引価格は高いが、実装から時間が経ち、戦術が確立されたため、金策目的で狩られた物がそれなりの数出回っている。
いずれにせよ、アンブラルマロウ255個集めるのは並大抵の苦労ではない。

アイテムレベル119への強化



詳細は「Oboro」項を参照のこと。

関連項目

レリック】【レリックウェポン】【レリックWS】【固有WS】【アフターマス】【旧貨幣】【メイジャンの試練】【〆ノック】【アンブラルマロウ】【深成岩
*1
デュナミス内限定では4段階目でも使用可。
*2
何故かダブルショットの2発目には乗る。乱れ撃ちにも乗ることから遠隔攻撃は例外的な処理になっているのかも知れない。
*3
レベル3の連携属性を有しており、の後にレリックWSを撃つと再度又はを起こすことができる。
*4
ただしプレイヤー引退や各種違反行為による垢バンなど、所有者の消滅も確認されているため、実際に手にしたプレイヤーの数は統計よりも若干多いと思われる。
*5
デュナミス内であれば四段階目の武器でも使用可能。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。