旧貨幣(きゅうかへい/old currency/dynamis currency/dynamis money)
通貨ギルに統一される以前、サンドリア王国バストゥーク共和国ウィンダス連邦の各国で使われていた貨幣。アイテム説明文では旧通貨と表記されているが、プレイヤーの間では裏貨幣とも呼ばれる。

99枚スタック可、店売り不可、2015年12月10日のバージョンアップにて競売出品、宅配が可能になった。

クリスタル戦争終結後、ヴァナ・ディール通貨ギルに統一された際にこれらの旧貨幣は廃棄処分された。そのためヴァナ・ディールにおいてこれらの貨幣を得ることは通常できない。

入手方法

裏世界デュナミス獣人がこれらの貨幣を所持しており、デュナミスからヴァナ・ディール冒険者を通じて持ち込まれる形で再びヴァナ・ディールでもその姿をみられる。
例外として、貨幣統一以前に失われたと思われていた財宝が見つけ出された場合、その中にこれらが入っていることもある。このルートで獲得できるのは、釣りサブクエスト海図クエスト」がある。
また、2009年7月21日のバージョンアップより、ユニオン戦利品としても出現するようになった。

2016年4月5日のバージョンアップより、アンバスケードで得られるホールマークと交換できるようになった(レートは【ホールマーク】項を参照)。

一覧

国名通貨単位110010000
サンドリア王国ノワオルデール銅貨モニヨン銀貨ランペール金貨
バストゥーク共和国バイン1バイン紙幣100バイン紙幣10,000バイン紙幣
ウィンダス連邦ムムトゥクク白貝貨ルンゴナンゴ翠貝貨リミララ縞貝貨

バストゥーク通貨を「バイン」、ウィンダスのものを「貝」、各国100通貨単位以上のものを「高額貨幣」、100通貨単位のものをそれぞれ「100貨幣」などと呼ぶことがある。サンドリア通貨に関してはアイテム名でも共通部分が「貨」しかなく、それぞれが一発変換も可能なため総称としては用いず銅貨、銀貨、金貨と呼ぶことが多い。なお、総称として「紙幣」が用いられることもあるが、三国旧貨幣のうち「紙幣」の形態をとっているのはバストゥークのもののみである。従ってこれらの総称として「紙幣」を用いるのは厳密には誤り。

現在通貨三国ともにギルであるためこれら旧貨幣の貨幣としての価値は0なのだが、レリックウェポンレリック装束(通称AF2)の改造・交換にかかる手数料としてゴブリン近東の商人が要求してくるため、レリック改造を目的とする冒険者によって取引されている。

デュナミスにおける旧貨幣

デュナミスNMや、通常の個体で白弱点を突いた際にドロップする100通貨単位貨幣は、極めて高い価値を持ったアイテムという事になるため、各裏LS内では争いの起こらぬよう細心の注意をもって取扱われている。

デュナミスにおいてのみ、通常の戦利品のプール方法と異なっており、レリックのみ時間経過による自動分配が遅くなるようになっている。結果、戦利品の10枠をレリックが埋まってしまう様な場合、旧貨幣を含むレリック以外のプール枠が少なくなり、ドロップ即流れといった状況が稀に見られる。100貨幣の場合も同様で固定LS等はっきりとしたルールが無い場合、十分な配慮が必要となる。

制限時間になり外へ出される際、他のバトルフィールドならばすべてのアイテムは流れてしまうのだが、旧貨幣最後に入場した人のところへ流れるという仕様が存在する。「最後に入場」というのは回線切断も含めて最後にデュナミスへ入ったという意味である。
つまり制限時間直前に一度ログアウトしてからインしなおせば、強制排出時に確定していなかった旧貨幣はすべて自分のところに流れてくる。
デュナミス実装から1年近くこの仕様が知られていなかったため、知られるようになったばかりの頃はトラブルもあったようだ。
そのようなトラブルを避けるため、以下のルールを採用している裏LSが多いようである。
  • 排出間近になったら戦闘をしない。
  • 出た瞬間にロットして確定させる。

なお現在デュナミス入場のルール変更に伴い各PCの退出時間に差が生じる様になり、従来ロット権限を持つPCが1名になった段階で自動的に分配されていたものが、2名以上から1名になってからその最後のPCが排出されるまでに十分な時間が無い場合、分配されず異界送りになる場合がある。

両替NPC

これらの貨幣は獣人拠点入口近くのNPCトレードすることで両替をしてもらえる。ただし朧なる砂を所持していないキャラクターは両替してもらえない。
貨幣によって両替してくれるNPCは決まっていることに注意。
通貨単位対応する国NPCエリア座標
ノワサンドリアLootbloxダボイJ-7
バインバストゥークHaggleblixベドーE-7
ムムウィンダスAntiqixオズトロヤ城F-8

また、100貨幣を特定の素材と交換してもらうことも可能。ただし、交換レートは良くないので利用されることはほとんどない。交換リストは各100貨幣の項目を参照されたい。

なお、アイテム交換は対応する枚数の貨幣をトレードすると問答無用で行われる。両替する際に万一誤った貨幣をトレードすると大損失になるので気をつけよう。1アカウントにつき1度だけ利用できるアイテムの救済措置サポートをGMに訴えれば誤トレードで失われてしまった貨幣を取り戻す事は可能であるが…。

旧貨幣にまつわる話

Dynamis Lordを倒すと、ごく稀に10,000通貨ドロップするという噂が時折流れてくる。しかし希望を含めた推測でしかないため信憑性に欠ける。
現時点で判明している入手ルートは、100通貨を100枚貯めて対応する場所のNPCに換金してもらう方法のみである。

バストゥークでは紙幣、サンドリアでは鋳貨、ウィンダスでは貝を用いたこれら旧貨幣は、今日では通貨としての価値はないため取引の際等も「~~が*枚」といった形で呼ばれる。
ちなみに貨幣の形態の違いは、その国の歴史を反映したものであると推測される。実際の歴史においても貝などの実物貨幣~鋳貨~紙幣の順で推移していたこともあり、ウィンダスサンドリアバストゥークの順での歴史の古さを貨幣に象徴した形となっている。

アルタナの神兵の舞台となる過去のヴァナ・ディールでは完全にはギルに統一されておらず、旧通貨が流通していたはずだが、冒険者が旧通貨を使用することはないと公表されている。
そもそもアイテムとして登場する旧貨幣はそれぞれのアイテムテキストに記されているように記念貨幣・紙幣であるため、流通していたのはこれらとは別のものだった可能性がある。その証左となるエピソードとして、ランペール金貨をお守りとして持っていたNPCの話もある。
アルタナエリアの一部のクエストでは、冒険者に対して気を利かしてジュノ通貨ギル報酬を支払ってくれるなどの演出がされていたりするが、「そんなものより旧貨幣で頼む!」と思うプレイヤーもいただろう。

なおデュナミス裏世界と呼ぶ習慣は日本人独特のものであり、定型文辞書の【裏】【お金】という表現では海外プレイヤーには伝わらない。定型文辞書の【裏】は「rear」と変換されるが、綴りが英語で現実を意味する「real」と似ていることからRMTと間違われたという話もある。誤解を招かないためにも、買い付けシャウトなどを行う際は注意されたし。

また、安い貨幣を高額でバザーして、高額の貨幣と誤認した買い付けを期待するという詐欺バザー(特にアイコンの色が似ているバイン紙幣のバザー)に対する対策が公式フォーラムで要望され、2012年9月25日のバージョンアップアイコンHQの枠で囲い、視認性をよくするという対策が行われた。

関連項目

ギル】【デュナミス】【レリックウェポン】【レリックカスタム】【ユニオン
アレキサンドライト】【ヘヴィメタル】【アンブラルマロウ】【忘れ去られた願い】【忘れ去られた面影】【忘れ去られた感触】【忘れ去られた道程】【忘れ去られた足跡
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。