カタストロフィ(かたすとろふぃ/Catastrophe)
両手鎌レリックWS
HP吸収ベグ・ド・フォコンアポカリプス使用時:ヘイスト連携属性:重力

TP:アフターマス効果時間修正。連携属性/重力
倍率アフターマス効果時間Hit修正項目
TP100020003000
2.75×1STR40% INT40%

レリックウェポン最終段階アポカリプス、第四段階ベグ・ド・フォコンデュナミス限定)、およびクライシスサイズ(潜在発動時)を装備時に使用できる。

見た目は一度斬りつけた後に敵からエネルギーを吸収する……という感じ。サウンドエフェクトヘルスラッシュと同様である。

アフターマスヘイストは約10%(102/1024)。
IL119(1つ目)まではこのヘイスト効果は魔法枠ではなく装備枠となっており、装備ヘイスト16%*1を超過した分は無駄になる。アフターマスを効果的に活かすなら、効果時間中はヘイスト装備以外のプロパティに変える工夫が必要*2

Oboroに2回強化してもらったアポカリプスの場合、アフターマス命中+15が追加され、ヘイストアビリティ枠となる。

追加効果HP吸収は、最大でWSダメージの半分を自身のHP吸収する。対象の残HPを超えて吸収することはできない*3。また、アンデッドにはダメージは与えられるが吸収は不可。
被ダメージHP吸収回復し、その範囲内で防御を気にせずに攻撃し続けることや、守備に徹して、生存率を高めることも可能。

また、ブリンク幻影貫通できない場合があるが、空蝉分身は100%貫通する。

歴史

元々の修正項目は「INT40% AGI40%」という、近接物理攻撃ではあまりブーストしないステータスであったため、アイテムレベル装備が登場するまではブーストのハードルが高いWSだった。

2014年6月17日のバージョンアップでは他のWS共々基本性能が調整され、修正項目が「INT40% AGI40%」から「STR40% INT40%」に変更された。対象ステータスAGISTRになったことにより従前よりもブーストを行いやすくなっている。

2017年10月11日のバージョンアップで、ヘルプテキスト連携属性が追加されている。

名称について

英語の意味は「大惨事」「大災害」など。

関連項目

アポカリプス】【ベグ・ド・フォコン】【レリックウェポン】【潜在武器】【レリックWS】【両手鎌
*1
正確には154/1024
*2
アイテムレベルに対応した防具ヘイストが付いており、超過はほぼ避けられない。
*3
例えば、残りHP100の対象に2000ダメージを与えても100しか吸収できない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。