Ark Angel GK(あーくえんじぇるがるか/あーくえんじぇるじーけー)
  1. NPCの一人。
  2. フェイスの一つ。


1.項 登場人物

Ark Angel GK
伝説のクリスタルの戦士の一人。ジョブ竜騎士ハイブリッドガルカの姿をしており「憎悪」を司る。
Ark Angel GK : 内なる「憎悪」が、
 おまえたちを焼きこがす……

出現条件

冒険者とはミッションの他、複数のバトルコンテンツで戦う機会がある。
  1. ジラートミッションアーク・ガーディアン」。BF名「アーク・ガーディアン5」もしくは「神威」。
  2. 上記ミッション上位ミッションBF「★アーク・ガーディアン5」「★神威
  3. エスカ-ル・オンギアスフェット

バトルフィールドアーク・ガーディアン5」(及び上位BF)は、ル・オンの庭南東部(J-11)から入ったラ・ロフの劇場から入る。この入口に対応するHome Pointは、ル・オンの庭#5。

BFへの挑戦条件は各BF項を参照。ギアスフェットでは条件を満たした上でエスカ-ル・オンに点在する???調べることにより出現する。詳細は【ギアスフェット】の項目を参照のこと。

特徴

使用技
名称対象効果空蝉備考
明鏡止水自身TP3000に増加/両手刀WS連携を狙う-SPアビリティ/複数回使用
八重霞自身効果時間内、技を回避する。さらに回避した回数に応じてウェポンスキルダメージにボーナスを得る。-SPアビリティ/複数回使用、上位BFのみ。
コールワイバーン単体ペット呼び出し-SPアビリティ扱い/複数回使用
亢竜天鎚落自身中心範囲物理ダメージ/暗闇/バインドNPC専用特殊技
七之太刀・雪風単体物理ダメージ/暗闇1両手刀WS
八之太刀・月光単体物理ダメージ/静寂1両手刀WS
九之太刀・花車単体物理ダメージ/麻痺1両手刀WS
祖之太刀・不動単体物理ダメージ1両手刀WS上位BFのみ。

明鏡止水を複数回使用し、効果中は両手刀WS九之太刀を放って1人で分解→光連携を狙ってくる。上位BFでは残りHPが少なくなると更に追加で祖之太刀を撃ち、光連携を追加で狙う。
SPアビリティエフェクトが見えたら即座にフラッシュを使う事で、確実では無いもののかなりの高確率で2発目以降のWS回避できる。
呼び出された子竜は、何度倒しても再召喚されるため、常に寝かせておく、ナイト開幕から絡まれキープするなどして対処したい。尚子竜リゲイン持ちのようで起きた直後にWSが来るが、威力がとても低いので寝かせる場合はその隙を生かすと良い。

有効なのはバインドグラビデを使って距離を開ける策。使ってくるWSの多くは単体WSなので空蝉回避可能。
専用技の亢竜天鎚落は自身中心範囲ダメージ暗闇バインドの効果。前衛バインドで動けない間に、後衛攻撃を受けないように気を付けたい。
また残心実装PCのそれをはるかに上回る頻度で発動するため回避ブーストした蝉盾マラソン役であってもあっという間に蝉が剥がれてしまうようになった点には注意が必要。残心実装前は忍盾がベストだったが残心実装後は残心で蝉が消された直後にWSなどが来ると(特に月光)一気に崩れてしまう可能性があり、忍盾よりもナ盾のほうが事故が少なくなってしまったという珍しい例になった。
しかしながら明鏡止水亢竜天鎚落などはいずれも対処がしやすく、終盤になって追い込みで使用してくるアビリティもないのが幸い。

ちなみに攻撃力防御力HPも高め*1なので油断は禁物である。とはいえジラートミッションAA戦と神威Lv70のPC最適化されたBFであり、レベルキャップが上昇した現在となっては(ジョブにもよるが)容易に撃破できる。

2005年12月13日のバージョンアップによって現在の竜騎士SPアビコールワイバーンから竜剣に変更されているが、多くの竜騎士NMアトルガンエリアの敵は除く)と同様、Ark Angel GK竜剣を使用することはない*2

上位ミッションバトルフィールド

ミッション同様に戦闘開始直後に子竜を呼び出し、倒しても再度呼び出す。魔命が十分ならばスリプルが効く。
明鏡止水を数分ごとに使用しHPが減ってくると八重霞も解禁されるためWSのタイミングには十分に注意しよう。
終始猛攻が続くことになり盾役回復役は気が抜けないが、ダメージを抑えることは容易であり、いやらしいアビリティも持ち合わせていない。
ただやはりHPが非常に多く硬いため長期戦になりがちであり、アタッカー火力支援は十分にほしい。

ギアスフェット

飛竜召喚している間*3は常に回避能力ダウン効果のスフィアを展開しており、またコールワイバーンは通例どおり何度でも用いる。事故発生率を考慮で飛竜を即座に倒す戦術サポ忍などの選択肢を適宜用いる事も有効である。ただし飛竜を倒す場合もそのHPは十分高いため、連携等に相当するだけの十分な火力を持って排する必要がある(例えば狩人のみによる即時撃破は困難である)。
過去のArk Angel GK同様ボス本人には魔法ダメージがかなり通り難く、またHP防御力自体も高いためある程度の時間を要する事は避けられないだろう。

戦利品

神威

神威】項を参照。

ミッションBFアーク・ガーディアン5」

ミッションBFではミッション進行に必要な「憎悪のかけら」を入手する。

上位ミッションBF「★アーク・ガーディアン5」

ギアスフェットArk Angel GK

2.項 フェイス

2016年9月6日のバージョンアップで追加された。
盟-アークGK」を許可証に対応するフェイス担当NPCに渡すことでフェイスアークGK」を習得できる。

魔法一覧での名前は「アークGK」、フェイスとして呼び出された時のNPC名は「ArkGK」となる。

特徴

ジョブ/竜騎士
戦闘タイプ近接物理
武器両手刀
WS七之太刀・雪風八之太刀・月光九之太刀・花車祖之太刀・不動亢竜天鎚落
アビリティ心眼八双黙想石火之機渾然一体葉隠ジャンプハイジャンプ
その他HP+20%、残心ストアTP(60+ジョブ特性)、意気衝天5振りジャンプTPボーナス+570

最大HPが高め。コールワイバーンは使用しない。モンスターサイズでPCのLサイズよりも遥かに大きい。


高いストアTPと、意気衝天による残心ジャンプTPボーナスによってTPが溜まりやすく、とにかく連携を連発させようとする性質があるのでシャントットIIなどMB狙いのフェイスと相性が良い。
プレイヤーMBを狙う場合は、他のフェイス連携を邪魔されたり、Lv1属性連携を連発したりと安定性を欠くので、狙いやすいが来るまである程度根気よく待つ必要がある。

専用技の「亢竜天鎚落(こうりゅうてんついらく)」は範囲攻撃で、当たった対象すべてに暗闇バインド追加効果連携属性は持たない。
範囲は敵の時に比べればかなり狭くなっているが、ストンガ程度とそこそこ広く巻き込みやすい。
暗闇効果時間は不明だが、バインドレジストされなければ45秒と結構強力で、習得条件をクリアできるようなプレイヤーならば、レベル上げジョブポ稼ぎではバインド効果時間内に敵を倒してしまうことが多く、そこまで気にならないかもしれない。
亢竜天鎚落の後にArkGKにケアルや支援を行うなどヘイトリストに乗る行動をとる場合、立ち位置には注意したい。

関連項目

アーク・ガーディアン】【Ark Angel】【神威】【武士の耳】【憎悪
Copyright (C) 2002-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
神威」においてPTによる魔法の一斉射撃で他のArk Angelが瞬殺される中、GKだけは生き残ったと言う話がある辺り、やはりガルカ
*2
2005年12月18日、Ark Angel GKとの戦闘検証。結果竜剣の使用はなかった。上位BFでも同様。
*3
倒された後も画面から消去され、更に数秒経過するまで。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。