心眼(しんがん/Third Eye)
Lv15で習得するジョブアビリティ
次の攻撃を一回だけよける。

敵の近接物理攻撃を1回だけ*1確実に回避する事ができる*2
再使用時間は基本1分ただし星眼中は30秒。効果時間は(星眼問わず)30秒。

性能

空蝉の術ブリンクと異なり、単体魔法回避できない。
また、範囲攻撃魔法や、分身を複数または全て消費するタイプの攻撃を受けた場合は、効果が消滅したうえでダメージを受ける。
予防的措置で掛けておく他にも、構えが長いWS*3を発動を見てから使用して、回避することもできる。

強弱関係

心眼ゼファーマントブリンク,真空の鎧ブリンクバンド空蝉の術:壱<空蝉の術:弐

以上のような強弱関係があり、上位のアビリティ上書きされる。上位のアビリティが有効な間は、心眼を実行しても何の効果も得られず、リキャスト待ち状態となる。*4

仕様論争

ジラート実装直後から、「ブリンク上書きされる、範囲魔法で打ち消される」といった報告がなされ、心眼ブリンクと同系列の処理であるという結論がなされた。
しかし、下記にも有る9月14日のバージョンアップ前後にまた議論が浮上してしまった。「心眼空蝉の影響を受けるのはバグだ」という意見と「アナウンスがなされていない(理由は分かっているが納得できない)」が混在したが、この頃は、ジラート実装直後を知らないが増えており、心眼ブリンク系であるという認識が忘れ去られたため、同じ話題が繰り返されたのであろうと推測できる。
ちなみに以前は心眼再使用時間は1分、効果時間も1分だったが2006年10月のバージョンアップ星眼の追加により効果時間が30秒に変更された。その為、単体で使う場合は以前よりも使いづらくなった。
星眼使用後の効果については星眼の項目を参照。

仕様の変遷


2004年9月14日のバージョンアップ

空蝉の術の仕様が以下のように変更され、同様の仕様を持つ心眼にもあわせて変更の運びとなった。
ブリンク」や「真空の鎧」は、「分身一体ごとに判定」のパターンに
 当てはまる範囲攻撃を受けた場合、 強制的に全ての分身が消され、
 かつ本体ダメージを受けます。

2005年2月24日のバージョンアップ*5


魔法、歌、ブレス」などによって効果を消されることがなくなり、さらに
 物理系の単体対象技であれば多段攻撃の場合でも、すべて見切れる
 ようになりました。

2006年10月のバージョンアップ

 ジョブアビリティ心眼」:効果時間を30秒に変更
 ジョブアビリティ星眼」導入

なお、メリットポイントの「心眼使用間隔」の効果は星眼時においても変わらなかった・・・のだが、現在では星眼前に短縮が行われ、そこから半分にした値となっている。

関連項目

空蝉の術弱体パッチ】【星眼】【小鴉丸
*1
多段WSは全段。
*2
AF2脚である早乙女板佩楯及びその打ち直し品を装備するとカウンターが加わる。
*3
ウェポン怒りの一撃など。
*4
カンパニエでは査定ポイント対象外になる
*5
遠隔攻撃も見切れるようになっておりバリスタでの狩人サイドワインダーや一部NMイーグルアイ回避可能になっている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。