残心(ざんしん/Zanshin)
ジョブ特性の一つ。→2005年2月24日のバージョンアップで追加された。また青魔道士追加特性として修得可能。

攻撃失敗時に再度攻撃することがある。

近接物理攻撃を「回避された」「ガードされた」「空蝉ブリンクなどの幻影が受け止めた」時に確率発動し、命中上昇補正の加わった攻撃をもう一度しかけるというもの。ただし、二刀流時および格闘武器装備には発動しない。また、WSにも一切発動しない。

ランク習得レベル
12083
235-
350-
465-
595-

メリットポイントによる強化はグループ1。
項目効果
残心確率能力値1で残心確率を1%アップします。

詳細

初期の検証ではDA/TAが発生した場合(初段をミスして2段目がヒットした場合)に残心が発動したと思われていたこともあったが、追加検証によりこれは誤りであったことが判明している。

→2006年10月19日のバージョンアップにて調整が行われた結果、習得レベルが20に引き下げられ、発動確率、命中補正も段階成長していくようになった。実装当初は「攻撃を空振りして残心が発動したが、これも空振りする」という何のためにあるのかよくわからない仕様であったが、調整の結果この欠点が見事に克服され、有用なジョブ特性に生まれ変わった。

さらに2011年7月12日のバージョンアップ以降、「メインジョブが侍かつ八双発動時に限り、通常攻撃の成功時にも残心の追加攻撃が発動する」ようになった。この場合は本来の残心発動率の1/4程度にまで落ちるが、それでも約10%程度のダブルアタックと考えれば十分強力である。また、星眼発動中に発生するカウンターの発動率に、残心発動率に応じたボーナスが適用されるようにもなった。

なお、メリットポイントによるジョブ特性意気衝天」を取得している場合、残心での攻撃がヒットした時に貯まるTPにボーナスがつく。

相手がブリンク空蝉等で攻撃回避した場合も発動対象となる。その為、残心確率調整後は高レベルのタイプの敵と対戦する場合に蝉盾が非常にやり辛くなった。

命中率残心命中率
発動率20%、命中ボーナス無しで算出
残心命中率
発動率40%(ランク4)、発動時命中率+25%(Cap95%)として算出
95%95.95%(+0.95%)96.9%(+1.9%)
90%91.8%(+1.8%)93.8%(+3.8%)
80%83.2%(+3.2%)87.6%(+7.6%)
70%74.2%(+4.2%)81.4%(+11.4%)
60%64.8%(+4.8%)73.6%(+13.6%)
50%55.5%(+5.0%)65.0%(+15.0%)

青魔道士追加特性

青魔道士は、ファイナルスピア怒りの旋風をセットすることにより、Lv83から追加特性として取得可能。

合計BP3で習得できるうえに怒りの旋風ステータスが優秀なので、打撃系青魔道士には非常に魅力的に映る。しかし残心二刀流時には効果が出ないため、片手剣二刀流が主力の青魔道士には運用が難しい。

残心効果アップ装備の一覧

以下の装備でも残心と同等の効力を得ることができる。

名称種別Lv残心効果アップ
金剛双手剣両手剣875%
日光一文字両手刀994%
蜘蛛切丸702%
七枝刀75100%
カタナストラップグリップ602%
アミールコラジン725%
八竜腹巻755%
雲海胴丸改895%
真雲海胴丸8910%
沢瀉腹巻9910%
春日胴丸IL10910%
春日胴丸IL11912%
八竜篭手両手752%
エースマフラ883%
アンティアスミトン9710%
ラブンガントレット
フギンガントレット
992%
3%
バロラスミトンIL11910%
八竜佩楯両脚752%
金剛戦脚892%
明珍筒脛当改両足742%
八竜脛当751%
脇戸筒脛当IL1093%
脇戸筒脛当改IL1193%
龍王脛当IL1194%
龍王脛当IL1195%
夢神の首飾り885%
蛇蝎の喉輪995%
蛇蝎の喉輪996%
仙道の外套601%
雲海菅蓑845%
タカハマント991~5%(オーグメント)
雲海耳飾902%

余談

レベル60のジョブ特性として残心実装されたが、攻撃失敗時に2割程度の確率で発動し、しかも残心での攻撃に補正等も無く、ミスする敵ならば再度ミスる場合が多い…とまるで冗談のような性能だった。

これを受けて残念という言葉とかけた自虐ネタが横行することとなる。残心実装前までは【残念です。】と定型文辞書を利用する際、「ざん」と入力しTabキーを押して変換するのが主流だったが、実装後は「ざん」だけでは第一変換候補が【残心】なってしまった為、当初誤変換されることが多かった。しかし「残心」と「残念」が語感的にも文字としても似ている事や、残心の性能がとてもとても残念な物であったため後々も自虐的なネタとして誤変換され続ける事となった。

かばんいっぱいで印章流れちゃったよ。(´・ω・`)
残心】。

リアルの「残心

剣道・長刀における理論のひとつ。
だまし討ちが常套である戦場において、たとえ相手を切り伏せたとしても油断は禁物。相手が完全に事切れるのを確認するまでは刀を鞘に納めず、起き上がって反撃が来る事も想定してそれに対して備えられる様な身構え・心構えを見せること。
類する格言が「勝って兜の緒を締めよ」。

現代の剣道の試合においても残心の考えが用いられ、有効打突が決まってもガッツポーズをするなどの、相手の反撃に対して身構えていなければ有効とみなされないルールとなっている。*1

弓道においても、矢が弓から離れても的の方向を見据えたままの姿勢を維持することが同じく残心として作法に定められている。

関連項目

】【ジョブ特性】【意気衝天
*1
1991年の第五回極真空手世界大会において、アンディ・フグ対フランシスコ・フィリオの試合中に「止め」がかかった際、不意を突いたフランシスコ・フィリオの上段回し蹴りでアンディ・フグが昏倒。ルール上は試合中断中の完全な不意打ちで無効となるところなのだが、大山倍達総裁は「止めがかかったとはいえ、不意を突かれる者は勝者ではない」という判断をくだし、結果アンディ・フグの一本負けとなった。このことからも武道においては重要な心構えであることが伺える。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。