Ark Angel TT(あーくえんじぇるたるたる/あーくえんじぇるてぃーてぃー)
  1. NPCの一人。
  2. 実装予定のフェイスの一つ。


1.項 登場人物

Ark Angel TT
伝説のクリスタルの戦士の一人。ジョブ黒魔道士暗黒騎士ハイブリッドタルタル男性の姿をしており、タルタル心の闇である「怯懦」を象徴している。
Ark Angel TT : 内なる「怯懦」が、
 おまえたちを押しつぶす……

出現条件

冒険者とはミッションの他、複数のバトルコンテンツで戦う機会がある。
  1. ジラートミッションアーク・ガーディアン」。BF名「アーク・ガーディアン2」もしくは「神威」。
  2. 上記ミッション上位ミッションBF「★アーク・ガーディアン2」「★神威
  3. エスカ-ル・オンギアスフェット

バトルフィールドアーク・ガーディアン2」(及び上位BF)は、ル・オンの庭南西部(F-11)から入ったラ・ロフの劇場から入る。この入口に対応するHome Pointは、ル・オンの庭#2*1

BFへの挑戦条件は各BF項を参照。ギアスフェットでは条件を満たした上でエスカ-ル・オンに点在する???調べることにより出現する。詳細は【ギアスフェット】の項目を参照のこと。

特徴

使用技
名称対象効果空蝉備考
魔力の泉自身魔法優先使用・被ダメ詠唱中断不可-SPアビリティ
ブラッドウェポン自身近接攻撃HP吸収-SPアビリティ/複数回使用
ソールエンスレーヴ自身近接攻撃TP吸収-SPアビリティ/上位ミッションBFのみ。
アモンドライブ被対象中心範囲物理ダメージ/多段攻撃/石化/麻痺複数消費NPC専用特殊技
ギロティン単体物理ダメージ/四回攻撃/静寂両手鎌WS
スピニングサイス範囲物理ダメージ複数消費両手鎌WS
使用魔法
アブゾ系魔法単体ステータス及びTP吸収1体 消費
精霊魔法単体属性ダメージ1体 消費
ガ系精霊魔法対象範囲属性ダメージ
メテオ対象範囲闇属性ダメージ全て消滅上位ミッションBFのみ。魔力の泉時にスリプガとセットで使用。
バイオIII単体スリップダメージ+攻撃力ダウン1体 消費
ポイズン単体1体 消費
ポイゾガ被対象中心範囲全て消滅
ブレイズスパイク自身近接物理攻撃火属性反撃-
スリプガ被対象中心範囲睡眠全て消滅

Ark Angelの中では最弱と言える。しかしあくまでArk Angelとしてはなので、手を抜いて挑んでいては勝つのは難しいだろう。

戦闘中はブラッドウェポンを複数回使用し、さらには魔力の泉も使ってくる。また、専用技のアモンドライブは範囲ダメージに加え石化麻痺の効果を持つ。後衛全員がこれを食らったらほぼ敗北決定といっていいほど危険極まりない技だが、幸い空蝉での回避が可能*2
前衛が食らった際の状態異常回復ストナ専用と決め、それ以外の状態異常回復を他の後衛に任せた方がスムーズに治癒できる。黒魔法は強力なものを一通り使ってくるが、サイレススタンも入らないので止めることができない。また、両手鎌WSギロティンも厄介で、単体に500前後のダメージ静寂追加効果がある。ナイト後衛やまびこ薬をある程度持っていくこと。

Ark Angel TT最大の特徴としては、ワープによるトリッキーな動きが挙げられる。行動を起こす度にバトルフィールドの端にワープを繰り返すので、Ark Angel TTをがむしゃらに追いかけて攻撃していては効率よくダメージを与えられない。それどころか固まって追いかけているところにアモンドライブを撃たれでもすれば、一気に不利な状態に陥ってしまう。
そこでアタッカーはそれぞれバトルフィールドの右上、左下に陣形を取って陣地内に入ってきた時のみ攻撃をする。盾役は中心に陣取り攻撃には参加せず、盾役に近付いたらアタッカー攻撃を止めてポジションに戻り、極力アモンドライブ盾役のみが食らうように心がける。

黒魔道士狩人を始めとする遠隔アタッカーは、近くへワープされない限り一方的に攻撃することが可能である。強力なガIII系魔法もそれほど頻度は高くないため、空蝉や距離を離せば精霊魔法を避けることも出来る。しかし、アモンドライブに仲間を巻き込まないように仲間から離れて戦おう。

条件は不明だが、突然後衛めがけてスリプガが飛んでくる事があるため、後衛は常に服毒しておく事が望ましい。
また、ブラッドウェポン中以外で広場から出てくることは滅多になく、自ら近寄ってくることもないため、スリップをいれて通路に避難する方法もある。その際、タゲがきれヘイトもリセットされる*3

ちなみにその黒魔道士然とした風貌ながら両手鎌を扱う姿が「カッコイイ」と好評であり、それを受けた開発陣が要望に応えて黒魔道士も一部の両手鎌を使用可能になったという経緯がある。プレイヤー側の要望が実現された稀有な例である。

倒された時の表情がなんとも言えない笑いを誘う。

上位ミッションバトルフィールド

ミッション同様ワープ魔法詠唱を繰り返しこちらを翻弄する。
ブラッドウェポンを繰り返し使用し、HPが5割を切ったところで魔力の泉を使用しスリプガメテオを唱える、ラーセニー魔力の泉を奪うと中断することができる、また広場から離れられないらしく通路に逃げ込むと追ってこれない。
相変わらずアモンドライブが脅威なため後衛を巻き込まないようにそれぞれの立ち位置、追いかけるルートには気を配りたい。

ギアスフェット

ソールエンスレーヴ使用中はアムネジアスフィアを展開する。また定点ワープではなくターゲット背後へのワープを用いるようになっている。ワープ出現から二秒程度は動かないため、対策を取ることは可能。他挙動は上位ミッション時のそれにほぼ等しい。

戦利品

神威

神威】項を参照。

ミッションBFアーク・ガーディアン2」

ミッションBFではミッション進行に必要な「怯懦のかけら」を入手する。

上位ミッションBF「★アーク・ガーディアン2」

ギアスフェットArk Angel TT

2.項 フェイス

このフェイス未実装です。

特徴

ジョブ
戦闘タイプ
武器
WS
魔法
アビリティ
その他

関連項目

アーク・ガーディアン】【Ark Angel】【神威】【暗黒の耳】【怯懦
Copyright (C) 2002-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
2015年11月10日のバージョンアップまでは#3であった。
*2
複数枚消費。
*3
上位の場合、稀に広場どころか通路の端まで追いかけてくる場合がある模様。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。