Bozzetto Freyja(ぼつぇっとふれいや)
アブダルスの模型-レギオンに出現するメドゥーサ族NM
2017年1月10日のバージョンアップで追加された。

2018年9月10日のバージョンアップからは2回目の登場となっている。

出現条件

アンバスケード大典1章で突入するアンバスケードBFアンバスケード-エキスパート」のボスとして出現する。

特徴

Bozzetto Freyjaメドゥーサ族、以下「ボス」)」「Bozzetto Skathi(メドゥーサ族、以下「Skathi」)」「Bozzetto Frigg(ラミア族、以下「Frigg」)」の3体の敵が出現、彼女らを全て撃破することでクリアとなる。
出現モンスター近東のゴルゴーン三姉妹(EuryaleMedusaStheno)をベースとしている。

ボスの特徴は下記の通り。

Skathiの特徴は下記の通り。

Friggの特徴は下記の通り。

3体共通の特徴

メドゥーサ族2体のその他の特殊技
技名範囲効果備考
シャドウスラスト単体物理ダメージ
テールスラップ自己中心範囲物理ダメージスタン
ペトリファクション前方範囲石化視線判定
石火矢前方範囲物理ダメージ石化
天の羽羽矢対象中心範囲物理ダメージバインド

特殊技視線判定について

産強石のダンス(ボス)、産毒石のダンス(Skathi)、ラクスバラディダンス(Frigg)の効果範囲はいずれも「敵自身を中心とする全周範囲」である。
ただし、その効果を受けるのは技を使用した敵を視界に「収めている」場合に限られているので、発動時にラミアの方を向いていなければ回避可能。

インペーリングディスリガード(ボス、Skathi)とチェイシングディスリガード(Frigg)の効果範囲は前述のダンスと同じく「敵自身を中心とする全周範囲」である。
ただし、その効果を受けるのは技を使用した敵を視界に「収めていない」場合に限られているので、発動時にラミアの方を向いていれば回避可能。

※いずれも「メドゥーサ/ラミアの向いている方向」は判定に何ら影響を及ぼさないことに注意。

特殊な挙動

  • 各種特殊技は、難易度に応じて使用の有無、効果、赤線から発動までの猶予時間…といった性能が細かく変化する。
    • 難易度「とてやさ」では産強石のダンス(ボス)、産毒石のダンス(Skathi)、ペトリファクションは効果が一瞬で切れ、産毒石のダンスの毒スリップも1回だけで終わる。
      ラクスバラディダンス(Frigg)はボス撃破後HPを6割~半分程度まで減らさないと使用しない。
      視線技は赤線から発動までの時間も長いので、余裕を持って回避可能。
      天の返矢、インペーリング/チェイシングディスリガードは一切使用してこない。
    • 難易度「むずかしい」以上では、Skathiがインペーリングディスリガードと天の返矢を、Friggがチェイシングディスリガードを使用してくる。
    • 難易度「とてむず」では全ての技が戦闘開始時から解禁されている。
      産毒石のダンスの毒は1分近く効果が持続するようになり、即座に治療しないと間違いなく戦闘不能に至る。

攻略例

ナイトまたは魔導剣士がボスとSkathiのターゲットを取り、白魔道士回復を担当、さらに魅了完全耐性と耐久力を併せ持つからくり士白兵戦マトンでFriggをキープして戦線を維持。風水士の支援を得た狩人コルセアでボスを最初に倒し、その後各個撃破。

盾役は「あっち向いてホイ」の要領で矢継ぎ早に繰り出される視線技を回避し続ける必要があるのだが、ボスの産強石のダンスを受けてしまうとターゲットの維持が難しくなるため、素早く後ろを向いてやり過ごす必要がある。
しかし石化中は向きを変えることができず、ここで他の視線技を受けると大惨事に発展する。そのため石化を受けた場合はストナで迅速に解除する必要がある。
この点を考えると、盾役石化レジストを期待できる魔導剣士の方が向いていると言える。

からくり士白兵戦マトン盾役用にアタッチメント調整し、自身はサポ白回復補助(ストナ)も担当する。盾役の自己強化アビ魔法によるヘイト稼ぎでタゲを奪われないよう、ターゲット感知範囲外まで引き離すのが無難と思われる。

風水士羅盤を設置する際はボス以外をターゲットとして設置すること。そうすればその効果をボスにも及ばせても引き寄せは発生しない。

難易度「とてやさ」ソロ+フェイス攻略

各種視線技は産強石のダンスヘイトリセットとラクスバラディダンスを除いて全く脅威とならないので、ボス→Skathi→Friggの順に素早く撃破していけばよい。
とはいえ3体とも足止めが一切効かないので、複数の敵を同時に相手取る耐久力と状況判断能力が問われる戦闘になる。

難所と言えるのはイーグルアイの一斉攻撃。2体以上から受けると非常に危険。
ジョブダメージカット能力によっては即戦闘不能になるので、盾フェイスを2体呼び、さらに1体くらいはPC自身でタゲを受け持ってダメージを分散したいところ。

敵の命中はさほど高くなく、回避が1000近く確保できれば回避盾が成立するくらいには避けられる。

戦利品

難易度に応じたホールマークを入手する。詳細はアンバスケードおよびホールマーク項にて解説する。

名称について

Bozzettoについては【Bozzetto Crusader】項を参照。

Freyja、Frigg、Skathiはいずれも北欧神話の女神、あるいは女巨人に由来する。

Freyja(フレイヤ)は【フレイヤの涙】項を参照。
Skathi(スカディ)は古ノルド語での綴りSkaðiが転記されたもので、Skadiとも綴られる。こちらは【スカディレザーアーマー】項を参照。
Frigg(フリッグ)は愛と結婚と豊穣の女神。主神オーディンの妻で、アスガルドの最高位の女神とされる*3

関連項目

アンバスケード】【アンバスケード大典1章】【ラミアの杖
*1
2017年1月の初登場時では、全ての敵の通常攻撃石化が付与されていた。しかし、2018年9月のリバイバル登場時ではFriggのみに付与されている。
*2
被ダメージ等によるヘイト減少に伴い、ターゲットが変更されることはある。
*3
→フリッグ(Wikipedia)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。