Bozzetto Crusader(ぼつぇっとくるせいだー)
アブダルスの模型-レギオンに出現するオーク族NM

出現条件

アンバスケード大典1章で突入するアンバスケードBFアンバスケード-エキスパート」のボスとして出現する。

特徴

ナイトタイプ(Orcish Overlord同様のマスク付き)で、HPが減るとインビンシブルを使用する。
体が光っている状態ではベール・オブ・カオス(範囲ダメージ・短時間アムネジア)を2回使用し、その後にマニックダンス(単体魅了)を使用するが、背後からWSを当てる事で光っている状態を解除できる。なお、光る条件は不明。
マニックダンスのせいで寝かしによる無力化が不可なので、ブレイクバインド等の別の方法で対応する必要がある。

光が消えている間は特殊技がベール・オブ・ディサレー(範囲ダメージ・短時間スタン)のみに変化する。

なお、難易度に応じてお供が付く。

名前ジョブor種族備考
Bozzetto Crusaderナイトボス
Bozzetto Pugilistモンク
Bozzetto Warlock黒魔道士魔力の泉中にデス詠唱
Bozzetto Duelist魔導剣士
Bozzetto Reaver暗黒騎士
Bozzetto Tamer獣使い
Bozzetto's Hecteyesヘクトアイズ獣使い召喚する
ブライガを使用する

いずれも寝る(ヘクトアイズ除く)のため、開幕に印スリプガ等で無力化して各個撃破していきたい。
ジョブに対応するSPアビリティを使用するほか、魔導剣士に至ってはエンチャントルーンヴァレションでとことん属性ダメージを軽減してくるので、魔法主体で挑む際はどのエンチャントルーンを使ったかを意識する必要がある。

なお、お供は通常のオーク族特殊技のほかに英魂の雄叫び与ダメージアップ、被ダメージカットアップ)という固有技を使用する。

ボス含めHPはさほど高くなく、普通以下の場合に至っては高位精霊魔法MB1回で撃破可能なレベルである。
ただし難易度「むずかしい」以上になると、命中魔命ともにかなりブーストしなければまともに攻撃弱体が通らず、寝かしによるキープも困難になるため要注意。さらに魔導剣士は低い魔法ダメージが余計に軽減されるため、物理攻撃による撃破を狙えない構成の場合は非常に時間がかかる。

全体的に、BF不敗の大帝」に似たような展開といえる。

戦利品

難易度に応じたホールマークを入手する。詳細はアンバスケードおよびホールマーク項にて解説する。

名称について

アンバスケードNMに共通する『Bozzetto』(ボツェット)は、イタリア語で「スケッチ、縮尺モデル」という意味。アブダルスの作ったBFに登場することから、命を吹き込まれたモンスターの縮尺モデルといった意味合いとなる。

Bozzetto Crusader:Crusader(クルセイダー)はスペイン語で「十字架をつけた集団」という意味を持つ言葉で、転じて十字軍を指す。同義の英語クルセイド(Crusade)より転じて「社会活動家」を意味する語でもある。ゲームなどでは「聖騎士」に準ずるクラスとしてクルセイダーという言葉が用いられる傾向にある。いわばオーク族の聖戦士といったところ。

護衛の名前は以下のような意味。
Bozzetto Pugilist:Pugilist = ボクサー
Bozzetto Warlock:Warlock = 魔法使い
Bozzetto Duelist:Duelist = 決闘者
Bozzetto Reaver:Reaver = 略奪者
Bozzetto Tamer:Tamer = 手なずける者

関連項目

アンバスケード】【アンバスケード大典1章
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。