単発青魔法(たんぱつあおまほう)
物理系青魔法の中の小分類の一つ。

システム上の分類は物理系青魔法魔法系青魔法の2種類しかないが、当辞典では下記物理青魔法を便宜上「単発青魔法」とする。

以下のものが該当する。
名称MPLvMaxD値属性備考
フットキック519
パワーアタック5411
スプラウトスマック6411追加効果:スロウ(+15%)
種まき9411追加効果:VITダウン(-10)
ヘッドバット121217追加効果:スタン
ヘルダイブ161619
S.ドライバー212627
怒りの一撃283435
アッパーカット313839
テラータッチ624041追加効果:攻撃力ダウン(-15%)
M.バイト384445
シックルスラッシュ414849
次元殺4860
デスシザース5160
スパイラルスピン3960追加効果:命中率ダウン
スパイナルクリーブ6163
ハイドロショット5563追加効果:敵対心ダウン
キャノンボール6670射程長い。自身の防御力攻撃力
ラムチャージ7973
バーチカルクリーヴ8675
ファイナルスピア8881
バニティダイブ5882
重い一撃3292クリティカル率100%、命中低め
サドンランジ1895追加効果:スタン
偃月刃5299追加効果:命中率ダウン
グルーティナスダート1699射程長い
サウリアンスライド10999追加効果:攻撃力ダウン

序盤では、威力・MP効率の面でメッタ打ちの陰に隠れてしまう魔法が多い。しかし『ヘッドバット』はその性能から、別格として扱われる。
中レベル以降では、メッタ打ちダメージが伸び悩んでくる。その中で『M.バイト』はMP効率を考慮しても優秀で、多くの青魔道士が行使している。『デスシザース』や防御を固めての『キャノンボール』砲台なども有名。これらの魔法サポシ不意打ちと非常に相性が良い。
Lv75付近ではF.リップディセバーメントを好んで使う青魔道士が多い中、『バーチカルクリーヴ』は不意打ちブルーチェーンとの併用ですさまじいダメージを出すことができる。

何かと与TPが問題となる多段青魔法と異なり、単発青魔法は基本与TP10で済む。このため凶悪な特殊技を持つ強敵相手にも使いやすい。

単発青魔法の問題点として、命中の確保があげられる。多段青魔法であれば全段ミスすることは少ないが、単発青魔法はその点で劣る。ミスしてしまうと、一人連携も繋がらなくなるため注意が必要である。

関連項目

青魔法】【物理系青魔法】【多段青魔法
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。