インスパイア(いんすぱいあ/Inspiration)
魔導剣士メリットポイントグループ2で習得するジョブ特性
ヴァレションヴァリエンス魔法詠唱速度短縮の効果を得る。
能力値1で魔法詠唱速度を10%短縮します。

ヴァレションヴァリエンス使用時に、強化ステータスファストキャスト」の効果を得る。
ファストキャスト」の強化アイコンヴァレションヴァリエンスとは独立しており、それぞれがディスペルなどの対象となる。*1

インスパイアによる強化ステータスファストキャスト

魔法詠唱時間再詠唱時間が短縮している状態。

仕様はジョブ特性ファストキャストと同様。
詠唱時間短縮の効果値は初期値10%で5振り50%、再詠唱時間短縮の効果値は初期値5%で5振り25%となる。
ヴァリエンスの場合、このファストキャストPTメンバーにも効果が現れる。*2
このファストキャスト効果時間は、発動に使ったヴァレション/ヴァリエンスと同じであり、ルーニストコートの「ヴァレション/ヴァリエンス効果アップ」による時間延長はファストキャストにも適用される。

ファストキャストはあくまでヴァレションヴァリエンスの付随効果であり、上書き関係のせいでヴァレション効果中にヴァリエンスを使用して効果無しとなった場合にはファストキャスト効果も発生しない。

弱体魔法アドルと同じ枠であり、アドルより優先する。インスパイアによるファストキャストが有効な状態ではアドルは「効果なし」となり、アドルスフィアの中ではファストキャストは発生しない。

運用

ヴァレション/ヴァリエンスを交互に使えば常時ファストキャストの効果を得ることも可能だが、ディスペル等で普通に消されるほか、インスパイアファストキャスト効果は常に自身を上書きするのに対しヴァレション/ヴァリエンス/リエモンには上書き関係があるため、実際の運用では「ヴァリエンス上書きしたリエモンが切れてファストキャストだけが残る」といった状況は、ままある。

魔法の詠唱中にヴァレションヴァリエンスの効果が切れた場合はその時点でファストキャスト効果が無効になり、詠唱完了直前でなければ通常どおりの詠唱時間がかかってしまう特性を持っている。

アーティファクトファストキャスト効果と組み合わせることで、魔導職としての生存率の大幅なアップに繋がる重要なメリットポイント特性と言えるだろう。

参考

2013年6月13日に公式フォーラムで発表され*32013年7月9日のバージョンアップ実装された。

インスパイア(inspire、英語だと名詞形のinspiration)は「奮い立たせる、活気を与える」という意味。本邦では「啓発」や「触発」「感化」という意味合いでの、「FFXIEverQuestに(から)インスパイアされて作られた」という用法が一般的だが、厳密には誤用とのこと。

関連項目

ファストキャスト】【バットゥタ】【レイク】【スライトソード
*1
ヘイストと同じ赤い丸となり、風水魔法ヘイスト効果を受けている場合は見た目が同じアイコンが3つ並ぶことになる。
*2
魔導剣士の認識が薄い魔導師ジョブにとっては、クイックマジックに近い効果が一定時間常時発動することになるため、驚かれるケースも少なくない模様である。
*3
→魔導剣士のメリットポイントについて
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。