被物理ダメージ(ひぶつりだめーじ/Physical damage taken)
相手から受ける物理ダメージのこと。プロテスディフェンダーなどで自防御力を上昇させ、攻防比を下げることで結果受ける物理ダメージを減らすことが可能。

また、物理ダメージを増減させる装備品でその効果の表記等に用いられる。装備品に記載されている場合は「実際に受けるはずの物理ダメージを表記分、増減させる」という性能である。

ダークハーネスシリーズや、羅漢装束など被物理ダメージを低下させる装備品は高レベル帯では意外と多い。但し、被魔法ダメージ+が対になっている装備品も多いため、安易に被物理ダメージだけを見ていると痛い目に合うこともある。
なお、減少率の上限は50%となっている。ただしミシックウェポンブルトガング」やジョブ専用武器エーティル」等の「被物理ダメージII-」の性能を持つ場合はこの上限が撤廃され、さらに多くのダメージカットが可能となる。

守りの指輪を代表とする「被ダメージ」を増減させる装備は、物理魔法の両方のダメージに効果がある。

また、一部装備品には「被物理ダメージ:○○」という表記があるものがある。これは「敵のオートアタックを受けた際に発動する」と言う意味。
なおこの反撃効果特殊技遠隔攻撃では発動しないほか、スパイク系魔法をかけるとスパイク系が優先されるため発動しなくなる。

関連項目

ダメージカット装備】【物理ダメージ】【被ダメージ】【被魔法ダメージ】【被ブレスダメージ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。