シニスターレイン(しにすたーれいん/Sinister Reign)
バトルコンテンツの一つ。2015年8月5日のバージョンアップ実装された。


内容

アドゥリンミッションに登場したNPCとの戦闘が楽しめるバトルコンテンツコンテンツレベルは130。

参加条件

進行手順

  1. ラ・カザナル宮内郭(I-8)のHome Point近くにいるNPC「Malobra」に話しかけて、だいじなもの髑髏蝶のシミューラクラム」(同盟戦績5000ポイント)を入手する。

  2. 参加者全員がだいじなもの髑髏蝶のシミューラクラム」を所持している状態で、リーダーがすぐ横の「Infernal Transporser」からレイヤーエリアララ水道〔U〕)へ移動する。

  3. バトル
    3連続のバトルが展開する。制限時間は30分(地球時間)。
    1戦目、2戦目、3戦目で相手となるNPCがランダムで選ばれ、すべて倒すとクリアとなる。

テンポラリアイテム決闘場帰巣蝶」を使用すれば戦闘を途中で放棄して帰還することも可能(この場合報酬は入手できない)。

登場NPC

1~3戦目とも、下記の中から1種ずつランダムで選ばれる。
順番出現NPC
1戦目イングリッドダラクァルンアシェラ+ユグナス(リフキン)
2戦目モリマーロスレーシャ+Cirrus×3、テオドール
3戦目オーグストハーサーカアシェラ+七支公

攻略

必要命中はそれなりに高く適当な装備だとスカスカであるため要注意。ほとんどの敵は範囲攻撃が厳しく、前衛構成による場合、後衛の負担はかなり大きくなる。
また、多くの敵で追加効果アムネジアがある為、接近してWSが使えない状態が多くある。

イングリッド
BF専用技が複数追加されているが、ほとんど範囲攻撃がない。後ろに立てば気兼ねなく攻撃できる。他の敵に比べると弱い。

ダラクァルン
アムネジアテラーノックバックヘイトリセットあり。強くはないが面倒。

アシェラ(1戦目)
リフキン姿のユグナスを連れているが、アシェラを倒せば2戦目へ移行する。
魔回避及び魔防が高いため魔法攻撃は難あり。ただし、モードによって属性耐性が変わり、手の光が白いときは系()が、黒い時には系()の魔法が通りやすくなる。それ以外だとディスペルすらレジストされる。プロシェルを掛けられたら手の光か、もしくは台詞を見て解除すると良いだろう。

モリマー
範囲攻撃が多く、通常攻撃ディスペル有り。
状態異常回復するアビWS?)「ヴェヒーメントレゾリューション」を使用するので、常にディアがかかっている状態を維持すると、攻撃頻度を減らす事が出来る。

ロスレーシャ
お供3匹が同時に出現し、放置すると連動してWSを撃ってくる。
お供のHPは2万ほどで再召喚はしないので、最初に倒してしまうか、寝るので寝かしてしまうとよい。

本体魅了あり。ヘイトリセットあり。火系がよく通る。ブレイクを使用してくるのでストナ必須。
また、「フォレストインディグネイト」の効果は「自身の悪い効果を全て対象に移す」というものになっている。そのため、計略メルトンなどの効果中だった場合に使われるとそれが跳ね返ってくるため、多量のスリップダメージを受けることになる*1
魅了時の対策とお供処理が出来れば、強い相手ではない。

テオドール
アンデッド範囲攻撃が多彩な上、HP吸収もあるため、かなりタフ。更に体から禍々しいオーラを放っている時はコルカブ同様のブリンク状態となり、時間がかかりがち。
ガ系で短時間ブリンクを消せるとの事だが要検証(消しても3秒毎にブリンク張り直しの模様)。
精霊構成の場合、ブリンク後は震天連携が発生しなくなるため、ブリンク前に盾役TPを貯め震天連携後にWSを撃ち連携を追加発生させ、MBの数を増やすことによりブリンク前に倒してしまう、または瀕死にしてしまうのがよい。

オーグスト
前方範囲ダメージ頭割りのセリフあり「ノークォーター」が脅威。デイブレイクを使用してから1分後にノークォーターを使用し、一人で食らうと9999がでて即死する。ダメージカット装備は無効。時間を計って効果範囲外に走ることで避けることが可能。大地の鎧及び警戒のスケルツォの重ねがけは要検証スタンでノークォーターの対処ができていれば割と楽に倒せる。

ハーサーカ
広範囲瀕死ダメージ+麻痺+スロウ+暗闇+ヘイトダウン(リセットかダウンかは要検証)等の状態異常を同時に受ける「ディナウンス」を使用する。瀕死ダメージである為、この技自体で死ぬ事は無い。ただし、追撃による死亡に注意。

アシェラ(3戦目)
定期的に七支公を呼び出す。感覚的には裏の召喚士によるアストラルフロウの発動が遅いバージョン。呼び出された七支公特殊技を一発撃って消えていく。
1戦目のアシェラ同様、魔回避及び魔防が極めて高く、モードによっては比較的レジスト率の低いスタンでさえレジストされる。ただし七支公に対してはスタンが通るため(ユムカクスフルカン属性的に不可)、編成を考えるのも良いだろう。

七支公の注意点

報酬

3戦目をクリアすると1500キャパシティポイントを得られる(キャパシティポイントボーナスも乗る)。
また退出後にNPCに話しかけると、以下の「装備素材魔法ベヤルド」から5個リストアップされるので、1つだけ選択して入手できる。

は、そのフェイスを習得済みの場合ドロップしない。
装備品は、冒険者互助会NPC"A.M.A.N. Reclaimer"が下取りしてくれる。詳細は「リクレームマーク」項を参照のこと。




この他、称号が「カストーディアン オブ ウルブカ」(Custodian of Ulbuka = ウルブカの守衛)に変化する。

名称について

名前は「邪悪な統治」といった意味。バラモアの支配下にあるゲームであることを表しているのだろう。
ちなみに、トリガーをくれるMalobraはバラモアBalamor)のアナグラムである。

歴史


関連項目

アドゥリンミッション
*1
このとき「~は倒れた」というログが表示されないため、突然戦闘不能になったように見えるが、不具合ではない。
→スレッド:1月22日(金)~1月28日(木)までの投稿一覧(公式フォーラム)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。