精霊光来の章(せいれいこうらいのしょう/Manifestation)
学者ジョブアビリティの1つ。Lv40で習得。女神降臨の章と対になっている。
次に唱える敵を対象とした弱体、および暗黒系の黒魔法の効果を範囲にする。
ただし消費MP2倍、再詠唱時間2倍。

黒のグリモア」状態の時に「戦術魔道書」から使用する。
効果時間は1分、あるいは対応した魔法を使用するまで。
消費MP再詠唱時間の計算は各魔法の基本値から算出されるため、グリモアの効果とは重複しない。
サポートジョブで使用する場合は再詠唱時間が2倍ではなく3倍になる。

範囲化できる対象は黒魔法系の弱体暗黒系のみに限られ、かつ敵を対象としている事は注意したい。黒魔法でも精霊魔法は範囲化できないし、トラクタのような暗黒魔法であっても味方を対象とした魔法も範囲化できないという事である。詳しくはグリモア項にて。

範囲化した魔法には、共通して以下の性質がつく。

他の戦術魔道書と異なり、四字熟語ではない(白のグリモアのほうも同様)。「光来」は誰かが来ることを最上級の敬語で表現する場合に使う。精霊の御光来を仰ぐ章、の意。
英語名の「Manifestation」は『明示』『表明』の他に『(霊魂の)顕現』の意味もある。

可能な行動



  • ブライン
    複数の敵を一気に暗闇に出来る利点はあるものの、本来ブライン自体にヘイトがそこそこある為、下手に使うと袋叩きに合うので注意が必要である。





  • ディスペル
    複数の状態を解除したい局面は多いが、複数の敵の状態を解除したい局面はあまり多いとは言い難い。
    これに限ったことではないが、後者のような局所的な使い方が可能な場面では役に立つだろう。
    例えば、まとめてリンク処理をした敵陣の中に白魔道士タイプや赤魔道士タイプなどが居て、かつ他の敵にも強化魔法がかけられている場合などには有効だが、ディスペル自体に少なからぬ累積ヘイトがあるので使用には十分に注意したい。特に寝かせ自体も担当した場合などはスリプルにも累積ヘイトがあるので起きた敵からなかなかタゲが外れない事態が起こり得る。



  • スタン
    非常に局地的な使い方となる上に高度な判断力と行動力が問われる。
    範囲でスタンをかける状況となると一刻を争う事態であり、精霊光来の章スタン、となるとどうしてもタイムロスが出るため、必要な場面では先んじて精霊光来の章を入力しておく事が求められる。





不可能な行動







モンスター側の学者

All-seeing Onyx Eyeなど敵側の学者は、グリモアを使っての古代I系範囲化、無詠唱化など、PCの仕様とは一部違うところがある。

関連項目

学者】【黒のグリモア】【戦術魔道書
*1
正確にはファストキャストの効果でこれよりも多少短いが、2分近くかかるのは変わらない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。