アブゾタック(あぶぞたっく/Absorb-TP)
黒魔法の一種。暗黒魔法に属する。
敵のTP吸収する。

名称習得可能Lv消費MP詠唱再詠唱属性スキル
アブゾタック45330.5秒60秒暗黒魔法

アブゾ系魔法の一つ。入手先はアトルガン白門魔法ショップ

敵からTP吸収し自分のものとする事が出来る。吸える量は自身の暗黒魔法スキルや敵の闇耐性Lv等にも左右される。吸収量は敵のTP状態に依存しており、所持しているTPの4割前後である。見ることの出来ない敵の蓄積TPを予測して使うという、数ある魔法の中でもかなりテクニカルな部類にあたる。

注意点として、これは性質上相手がTPを持っていなくては効力を発揮しないため、釣り等に使うのは全く意味がない。ある程度戦闘が経過した所で特殊技を使われる前に唱えるのがいいだろう。特にタイミングは敵に取り付く自身を含めた味方前衛の数で、かなり異なってくる。
また、イビルウェポン族などのような特殊技ディレイが長い技にスタン→アブゾタックと使えば、大量に吸収しやすい。その他、与TPの多い青魔法ディセバーメントなどの後に狙ってみるのも悪くない。なお、エレメンタル族はまったく特殊技を使用してこないため、十分打撃を与えたあと吸収すれば、1000前後吸収することもある。

販売店舗

エリア店舗名・座標NPC備考
アトルガン白門魔法屋・G-7Mazween常時入荷

販売標準価格は27,000ギル、売却標準価格は3,000ギル

コラム

アブゾ系魔法実装され暗黒騎士吸収の専門家の側面を見せ始めた頃、一部の掲示板ではTP吸収魔法*1実装を求む声がかなりあった。暗黒騎士が得意とする両手武器は当時より流行しつつあった二刀流に比べてTP速度がかなり見劣りするため、それを補うために求める声が上がっていたのである。

→2006年7月25日のバージョンアップ晴れ実装パッチ情報が公開された当初、スクロール入手はかなり高難易度であろうとの予想が有力視されていたが、実際にログインしてみればアトルガン白門魔法屋で販売されているという非常に簡単な入手法であった。

→2006年10月19日のバージョンアップで、敵のTPに応じた量を吸収するように調整された。具体的に変更された箇所は敵TP1000前後以下の吸収量で、それより上についてはほとんど変わっていない。
旧仕様では敵TP1000前後以下では、4割吸収+αボーナスが適用されていたと思われる。この+αの要素は、武器振り数を考慮してつけられていたものであろう*2

バージョンアップ前と比較すると、アブゾタックをTP獲得手段としてみた場合、獲得できるTPの少ない敵TP1000付近を狙う使い方はあまりされていないだろう。オートアタックでは一度に得がたい多くのTP吸収してこそ、意味がある魔法だからである。かなり手数装備が極まった暗黒でも一度のオートアタックでは得がたい、500以上というTPを獲得するには敵TP1200~TP2000付近が狙いどころになる。+αがなくなったため、失敗リスクはやや上がったが、敵TPを予測して、狙いを絞って使っていくという根本は変わっていない。
逆に敵のTPを減衰させる魔法としては弱体した部分がある。前述したように、+αボーナスがなくなったため、敵のTPを封じる戦術は取り辛くなっている。

実装当時の詠唱時間は4秒だったが、ヘイスト装備が充実してくると、振りによる獲得TPが大きくなるため、「詠唱4秒(詠唱後の硬直含む)では話にならない」という意見が、ヘイスト装備を揃えた暗黒騎士から、問題として当初より挙がっていた。それを受けてか、→2006年12月19日のバージョンアップ詠唱時間が2秒に、2014年8月12日のバージョンアップで0.5秒に短縮されたことで、状況は従前と比べても改善されている。

ちなみに「タック」と言うのはTPの正式呼称であるTactical Pointsの「Tac」の部分を取っているものと考えられる*3

関連項目

暗黒騎士】【暗黒魔法】【アブゾ系
*1
実装前は「アブゾTP」などと呼ばれることもあった。
*2
詠唱するより、振ったほうがマシな状況を無くすため。もっともヘイスト装備が充実した暗黒騎士からはこの+αでもあまり価値のないものであった。
*3
ただし英名は「Absorb-Tac」ではなく「Absorb-TP」のようだが。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。