疾風迅雷の章(しっぷうじんらいのしょう/Alacrity)
学者ジョブアビリティの1つ。Lv25で習得。電光石火の章と対になっている。
次に唱える黒魔法詠唱時間再詠唱時間を半減する。

黒のグリモア」状態の時に「戦術魔道書」から使用する。
効果時間は1分、あるいは対応した魔法を使用するまで。
正確には「グリモアによる詠唱時間再詠唱時間短縮効果を50%(512/1024)に引き上げる」効果を持っている。
そのため、詠唱時間再詠唱時間は本来の値を基準に半減される。
ファストキャスト詠唱時間短縮装備*1ヘイスト等とは重複し、それぞれ効果が乗算される。

アギュトローファー(+1/+2)を装備している場合、天候と同属性魔法に限り短縮効果が60%(614/1024)に上昇し、効果上限が80%から90%へと拡張される。

高レベルでは詠唱の長さで複数回の連携が発生してもマジックバースト連携効果のどれか一つしか間に合わないことが多いが、これを使いこなせば高位精霊魔法を複数回マジックバーストすることも可能となる。
スリプルバインドグラビデ等のレジストの危険性を踏まえて再詠唱時間を短縮し緊急時に備えるといった使い方や、精霊光来の章を使用した時の冗長な再詠唱時間をこのアビリティで相殺できるなど有用に働く場面は多い。
また、学/黒と黒/学に限定されるが、緊急時のエスケプ詠唱時に使用して迅速なパーティーの退避を行うといった使い方もできる。

Lv10の戦術魔道書はまず聞かないような言葉だったが、こちらは有名。「疾風」は駆ける風の如く素早いこと、「迅雷」は激しい稲妻のことで、単に素早いだけでなく行為のそれに激しさも加わる場合に使われる。
この四字熟語はFFVIIではユフィの、対象に三倍撃を与えるLv1のリミット技としても存在していたので知っている人も多いかと思われる。
英語名の「Alacrity」は『敏活』や『敏速』等の意味。

関連項目

学者】【黒のグリモア】【戦術魔道書
*1
グリモア中の詠唱時間短縮 」装備は、グリモア枠のため効果がなくなる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。