Dea(でぃー)
バフラウ段丘に出現するウィヴル族ノートリアスモンスター。「ディー」。
2008年6月10日のバージョンアップで追加された。

アトルガン白門サブクエスト花鳥風月」に関連するNM群の一体。
マムージャ蕃国系統の第三段階*1に属するトリガーNMである。

Dea

出現条件

マムージャ蕃国系統の第二段階のNMを倒し、だいじなもの萌葱の割符」を手に入れる。
これを所持した状態でゼニと交換でSanrakuよりトリガーアイテムオルジリアカクタス」を入手。
これをバフラウ段丘MAP[1](F-7)にある???トレードする事でPOPする。

付近にはLv75でも絡んでくるOlden Treantと、それにリンクするSaplingが数体存在するため、戦闘を行う際はこれらの敵に注意を払う必要がある。仮にOlden Treantを事前に掃除したとしても、バフラウ段丘フィールド扱いであるためにPOP時間が短く、そのまま対応するには逐一手間だが、NM自体を(G-8)マーリド広場や(J-9)埋門まで引っ張っていけばこの問題は解決する。
辺りに植物の滓が落ちている……。

特徴

以下のメッセージと共に出現する。
……なにかが近づいてきた!!

以下はLv75キャップ時代の内容である。

攻撃力がかなり高く、クロッバーなどで1000ダメージを超えることがある難敵。ただ、グラビデバインドが共に入る*2ためにマラソン戦法が非常に有効である。

前述の通り、POP地点にはアクティブのOlden Treantが5分で再POPするため、Saplingにリンクさせないために通路まで引っ張ってキープするか、NM自体を安全な場所まで誘導する必要がある。幸いにもグラビデが入るために誘導自体はそれほど難しくない。タゲ切れに注意しながらインビジスニークを使えば、距離はあるが埋門のある(J-9)まで引っ張る事も比較的容易である。

(J-9)周辺はアクティブモンスターが存在しておらず、埋門の周りをぐるぐる回れるためにマラソンに適した地形となっている。また、埋門からアトルガン白門エリアチェンジする事で容易にヘイトリセット出来るのもポイントが高い。更にデジョンモグハウスへ戻って一瞬でMPを全快させ、埋門から外に出て即座に戦いに復帰するといった荒業すらも可能である。

使用する特殊技の中に、固有技である「クリップリングスラム」というものが有る。これは自身を中心に範囲攻撃を繰り出すものであり、大ダメージと共にノックバック深度の深い麻痺が添付される技である。まともに食らうと即死クラスの威力を誇るので、前衛アタッカーなどは空蝉などで回避できるようにしておきたい。

TP技には一定の行動パターンが存在し、
デモラライジングロア」or「ボイリングブラッド」→「クリップリングスラム」or「クロッバー
といったような連続攻撃を仕掛けてくる。このため、「デモラライジングロア」か「ボイリングブラッド」を確認したら速やかに攻撃範囲から逃れられると、余計なダメージを食らわずに済むので覚えておきたい。

戦利品

戦利品ディーの角クレティネエンキドゥサブリガオラクルピガッシュ*3ファイアグリップダークグリップ
ディーの角Sanrakuに渡すことで、だいじなもの小豆の割符」を手に入れることができる。

意味

Deaはラテン語で女神のこと。好物のオルジリアカクタスはおそらくオルジリア大陸産のサボテンである。

関連項目

花鳥風月】【割符
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
系統・段階については【割符】の項で詳解する。
*2
ただし、徐々に耐性がつくようで、効果時間はだんだん短くなる。
*3
複数個の同時ドロップが確認されている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。