北グスタベルグ〔S〕(きたぐすたべるぐ・えす/North Gustaberg [S])
この項目の本来の英名はNorth Gustaberg [S]です。wikiの技術的制限から大括弧が全角になっています。

グスタベルグ戦線リージョンに属するアルタナエリアの一つ。エリア略称はNGustabrg_S。
拡張データディスクアルタナの神兵によって実装された、水晶大戦当時の北グスタベルグである。

NorthGustaberg_S_Area1.jpg NorthGustaberg_S_Area2.jpg NorthGustaberg_S_Area3.jpg

エリア解説

このエリアの一番の特徴は、エリアの東西を隔てる断崖に現代には無い坂が存在すること。他にもスパイダー族ウィヴル族が過去の北グスタベルグで生息していたのは驚きであろう*1
南グスタベルグは封鎖され進入はできない。現代にはあったバストゥーク港の入り口もこの時代にはまだ開通していないのか、岩壁となっており川付近にバストゥーク商業区〔S〕への入り口が存在している。

昼と夜で見た目が大きく変化するエリアの一つ。
昼は陽射しが眩しく、土の茶色が心地よいエリアであるが、夜になると辺りは薄暗くなり、月の光が地面を青く照らすという、神秘的なエリアとなる。

(F-9)にいるLycopodiumNPC)に話しかけ花の香りイベントを発生させておくと、現代の北グスタベルグの同座標にある「_」に特定のトレードすることで断崖によって隔てられた東西の移動が可能になる。

2010年12月7日のバージョンアップで、一部のモンスターの配置およびレベルが変更された。
新配置モンスターとして、Lv90台のトカゲ族が(D-8)付近に配置されている。ノンアクなので、いきなり絡まれたりはしないが、同地点で別モンスターを狩る際には、範囲攻撃の巻き込みには注意。

カンパニエバトル

拠点は現代でアウトポストがある場所の監視塔。共和国軍支配時、獣人血盟軍は常に北東方向からやって来ること、周囲にアクティブモンスターがほとんどいないことなどから、迎撃はしやすい環境にある。

戦績ワープの場所から拠点に向かうまでに、1体だけLv75でも絡まれるゴブリンが徘徊しているため、ワープ完了後に急いで移動するのは危険。また、ゴブリン本体には接触しなくても、このゴブリンが設置した爆弾に巻き込まれると、Lv75でも瀕死になるほどのダメージを受ける可能性がある。低レベルならば即戦闘不能の可能性も珍しくはない。

拠点に向かうまでにミミズクモ、拠点近辺にトカゲがいるが、いずれもノンアクティブリンク属性の敵のため、安心してよい。ミミズMP持ちの敵でもあるため、通りすがりの黒魔道士MPを吸われたり、敵が来るのを待っているPCTP貯めの目的で狩られることも少なくないかわいそうな存在であると言えるだろう。

ノートリアスモンスター

名称種族主な戦利品備考
Ankabutスパイダー族抽選ポップ
Gloomanitaキノコ族
カッパーキャップ
バイパランピック抽選ポップ
Olgoi-Khorkhoiワーム族ポペットカタール時間ポップ
Peaseblossomピクシー族エボンピグメント
フリアピグメント
時間ポップ
Sandwormサンドウォーム族時間ポップ
Ushumgalペイスト族
シビルス
アカースドベルトヴォイドウォーカー
カンパニエ関連除く

採掘

現代とは異なり、この時代の北グスタベルグではつるはしでの採掘を行うことができる。Mining Pointエリア東部のゼーガムの丘パルブロ鉱山方面の山肌に出現する。現代のパルブロ鉱山ムバルポロスで掘れるものに近い鉱物が出土する。

地図

だいじなものバストゥーク周辺地図」に収録されている。
各地の地図販売NPCから200ギルで購入できる。

隣接エリア

関連項目

アルタナエリア】【カンパニエ】【Echoes of a Zephyr
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
ヴァナ・ディール通信 vol.5 アルタナの神兵攻略特集号 (エンターブレインムック) のインタビューでノールコリブリ等と合わせて獣人が他大陸より持ち込んできたものだと述べている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。