サボトゥール(さぼとぅーる/Saboteur)
赤魔道士ジョブアビリティの一つ。
2010年9月9日のバージョンアップ実装された。Lv83で習得。
次に唱える弱体魔法の効果効果時間がアップ。

効果時間1分、再使用時間5分。

効果時間の延長と弱体魔法の効果上昇に関しては、下記の計算後レジスト判定が行われて決定される。
(基本効果時間/効果深度)×(100+敵による補正+サボトゥール効果アップ)%+ジョブポイントの「弱体魔法効果時間延長」



これを併用すると弱体魔法の効果が目に見えて上がる。
例えばスリプルIIは通常敵で3分、NM相手でも1分52秒に効果が延長、パライズ系やスロウ系なら効果時間とともに効果深度も加重される。
フルレジストされてしまっては意味がないが、ハーフレジストされても通常敵なら本来の効果時間を確保できる。

精霊の印及びスタイミーとの相性が良いこと、また再使用時間が5分と長めであることも踏まえると、どの弱体魔法をどのタイミングで乗せて使用するか?といった判断力に問われるアビリティだと言える。

名称は「破壊(妨害)行為をする人」という意味。

歴史

実装当初はヘルプ文の内容とは異なりバイオ効果時間スリップ量も2倍になっていたため、暗黒スキルが211~250の赤魔道士バイオIII(5振り)をサボトゥ-ルと併用して使うことで16/3secのスリップダメージが5分持続、サボトゥール再使用時間も5分なのでスリップマラソンが格段にやりやすくなっていた。
これは不具合であったようで、それから1週間程後にバイオには効果がされないように修正された。

エフェクト精霊の印と同一であったが、2011年5月10日のバージョンアップにおいて変更された。

かつては精霊光来の章と併用した場合、ターゲットした対象のみサボトゥールの効果が適応されていたが、これは不具合だったようで、2013年12月11日のバージョンアップにおいて全ての対象に適応されるように修正されている。

関連項目

弱体魔法】【効果深度
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。