レジストハック(れじすとはっく/Immunobreak)
弱体魔法レジストされた際に発生する特殊なシステム。
2012年7月24日のバージョンアップで導入された。

レジストハックが発生した場合、以下のログと共に敵の弱体魔法耐性が一段階*1下がる。
PCの○○が発動。
→Enemyは、魔法効果をレジストした!
レジストハック

レジストハックの発生率は、弱体魔法レジストされるほど上昇し、更にその効果は累積する。
そのため一度レジストされても諦めずに何度も撃ち続ければ、いずれは弱体効果が入るようになる。
なお、一度弱体効果を与えることに成功した場合、これまでに下げられた耐性はリセットされる。

その他の仕様については、以下の注意点を参照。

注意点


すなわち、スロウパライズといった魔法のみがその恩恵を受け、精霊系弱体魔法暗黒魔法であるスタンアブゾ系忍術青魔法、「ディストラ」「フラズル」のようなレジストプロパティがない弱体魔法などには影響がない。
また、大多数の通常モンスターに対するレジスト(単に魔法命中率が不足している場合)にも効果がない。
加えて、最初から完全耐性を有しているものにも発生しないため、例えばNMを無理やり眠らせたり黙らせたりすることもできない。

その他

弱体魔法を撃つほど弱体効果が入りやすくなるという仕組みは、FFシリーズではFF13で一足先に導入されている。

Immunobreakは「免疫破壊」といった意味。

関連項目

レジスト】【弱体魔法】【完全耐性】【カイロンホーズ
*1
具体的にどの程度かは不明。
*2
→スレッド: 弱体魔法が息をしていない(2015/09/18 公式フォーラム)より
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。