Koru-Moru(こるもる)
  1. NPCの一人。
  2. フェイスの一つ。


1.項 登場人物

ウィンダスを代表する3博士の一人。タルタル♂F6(濃茶髪)。
一度引退したにも関わらず、現職院長の失踪により、快適な隠居の身から無理矢理院長に返り咲かされてしまい、すねて登校拒否を起こしている。子供には慕われている。
ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~P45より

Koru-Moru
耳の院の元院長であり魔法学校の校長であった。4年前に引退して石の区で庵を構える*1身ではあるが、現校長セーダルゴジャル(Sedal-Godjal)が行方不明である為に、校長代理を務めている。

耳の院を首席で卒業*2。ただし学生時代は魔法学校においてロークラスに度々落第しており、さらに留年まで経験しているようだ*3

大変な夢想家であり、周囲の声が耳に入っていない事もしばしばで、人の話をまともに聞くことがあまりない。また、異様なまでに忘れっぽい等、性格面はやたら子供じみたところがある。骨工ギルドからの借金を踏み倒したり、鼻の院の予算を勝手に使い込んだりと、金銭面でも節操がない。

こんなコルモル(Koru-Moru)博士だが恋多き男(Laityn談)らしく、ラスス(Rasusu)という研究員と恋仲であったことが、黒魔道士AFクエスト思ひ出」の中で語られている。現在は、モジジ(Mojiji)という文通相手に熱を上げているが…*4

一見ただの変人でしかないように見えるが、ウィンダスクエスト間違いと過ち」や、召喚士の一連のAFクエスト人形使い」「同窓の輪」「誰そ彼そ」における言動から見ると、伊達に校長を勤めていたわけでもないようだ。事実、彼の昔を思いだして、普通の生徒とも一緒に遊んでくれた愉快な方、と話す人間もいる。また、マスターした人間は数えるほどしかいないとされる、魔法人形の製作・改造の第一人者*5でもあり、彼が手の院にいないことを疑問に思う者もいるようだ。

最近はチョコボレースの騎手としても活躍している。クピピ(Kupipi)嬢の話によるとここでもやはり好き勝手に走っているらしい…。

20年前では先述の通り魔法学校の校長を務めている姿が、実際にクエスト胎動、牙持つ乙女」「禍つ闇、襲来」で見られる。幼少時のアジドマルジド(Ajido-Marujido)には手を焼いている模様だ。また、その後ジュノへと出向き、とある機関で戦争の長期化による食糧難問題を研究することになる。なお前述したラスス(Rasusu)と出会ったのもこの頃である。

その他の研究

ヴァナ・ディール トリビューンによるとツボに関する研究もしているらしい。
「ワシの新しい研究のことか? どこから聞きつけたかは知らないが、あれはものすごい研究だ。 あの研究が成功すれば、おそらくこの世のすべてのツボが……。」
→ヴァナ・ディール トリビューン Vol.07 ‐ 3博士 召喚魔法を語る!より

Vana'diel Tribune Chronicles佐藤弥詠子氏のインタビューによると、これは「ツボからコインが手に入る」研究で、それが成功していたら「タンスからコインが手に入る研究」に移行する予定だったようだ。調度品からコインポロリするようなことはないため、残念ながら博士の研究はまだ完成していないらしい。

どう見てもドラクエネタだが、このトリビューンが発表された2002年11月26日は、奇しくもスクウェアエニックスとの合併が発表されたのと同日であった。

2.項 フェイス 

特定のフェイスゲットキャンペーンで入手可能な「盟-コルモル」を、許可証に対応するフェイス担当NPCに渡すことで、フェイスコルモル」を習得できる。
2016年5月10日のバージョンアップで入手方法が追加され、特定のエミネンス・レコード特別報酬にて「盟-コルモル」が入手可能となった。

特徴

ジョブ赤魔道士
戦闘タイプ支援
武器片手棍オートアタックはしない)
WS-
アビリティコンバート
魔法プロテス(I~V)、シェル(I~V)、ファランクスIIヘイスト(I,II)、スナップ(I,II)、リフレシュ(I,II)
ケアルI~IV、スロウIIディアIII、ディストラII、ディスペル
その他ファストキャスト
メリポ振り分けは、ファランクスIIが3振りディアIIIが3振りスロウIIが4振り。(FFXI Creator's voice Ζより)

後衛よりのロジックであるため、戦闘が始まったら自ら近寄って来ない。
片手棍を構えているがほとんど飾りであり、例えMPが空だろうと近接攻撃は行わず、何故かパライズを使用しない。ただし、受け流しは発動する。
赤魔道士フェイスということから、レベル40辺りからは呼び出す率が増えるが、それまではコルモルを呼ぶならば前衛を1枚増やすほうが効率が良いだろう。

自身にもリフレシュをかける。自身のMPが少なくなるとコンバートするが、その際PCヘイスト切らしているとヘイストを優先してかけてしまうので、HP激減中に被弾して消えてしまう事がある。また、ケアルの優先度は高くなく、冒険者HPが赤色でも支援を優先する傾向があるため、回復役としては若干心もとない。
更に言えば、MP残量等を気にせず魔法をバンバン使いまくるため、瀕死の相手に高消費の弱体魔法を唱えて無駄撃ちしたり、自己リフレシュ分のMPを残すといった行動がなく、コンバートリキャスト回復していない時にMPを使い尽くす*6と文字通り棒立ちになってしまうので、PCの側で適宜再召喚するなどの注意が必要となる。

また雑魚との戦闘でも一人だけMPを使い果たしていることが多く、マチマチが欲しいのにウルミアバラバラを唱える時は十中八九彼が原因である。
そんな時はアシェラなど他の赤魔道士フェイスの方がマチマチが貰えて楽になる事が多い。
アシェラではディスペルをする敵にもコルモルでは詠唱しなかったりするので魔法命中アシェラより低いと思われる。

ヘイストスナップリフレシュの使用基準はジョブによって決まり、ファランクスIIの使用基準は被ターゲットにより決まる。

MP持ちでありながら暗黒騎士青魔道士は、サポ白にしないとリフレシュを使用してくれない。また、後衛ジョブの場合は積極的に殴りに出ていたり、ターゲットを取ったりしていても、ヘイストをかけてくれることはない。と、若干かゆいところに手の届かないルーチンとなっている。
ただし、スナップに関しては数少ない使用者であるため、遠隔ジョブマスターの際は真っ先に候補に上がるフェイスといえる。

既にPCヘイストが掛かっている時はそれが下位のヘイストであってもヘイストIIやスナップIIを使わなくなってしまうため、チェルキキカラハバルハ等のコルモルよりも先に下位のヘイストをかけることの多いフェイスとはやや相性が悪い。また、他に赤魔道士タイプのフェイスを呼び出していると、ヘイストIIやファランクスIIをかけてくれなくなるケースもある模様。*7

ディスペルで敵の強化を消してくれるが、強化魔法弱体魔法が十分に行き届いてからようやく詠唱してくれるため、Ghoul等のアイススパイクを真っ先に消してくれず、詠唱を開始した頃には既に全員が麻痺状態になっているということも割りと起きやすい。

ファランクスIIヘイストII等の支援を頼りにしたい赤魔道士フェイスだが*8、運用面でクセが多く、呼び出しておいて後はほったらかしでも大丈夫、という風にはなっていない模様。

2015年5月14日のバージョンアップでは敵対心-の効果が引き上げられている。

特殊台詞


ちなみに、パーティメンバー星の神子がいても特殊台詞は発生しない。
更に習得時のイベントでは、当初ウィンダス担当のWetataからも「その人」扱いされていたが*9、第2回春のフェイスゲットキャンペーン時にはきちんと「そのお方」と呼ばれるようになった。

関連項目

耳の院】【Koru-Moru/ネタバレ】【Shantotto】【Yoran-Oran】【Karaha-Baruha】【Mojiji】【フェイス
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
なお厳密に言うと、代理とはいえ彼の現在の地位は耳の院院長となっているため、博士院長引退した人間、前院長の着く地位)の住むべき住居である石の区の庵から立ち退かなくてはならない立場にあるが、立ち退き拒否をしているらしい。
*2
クエスト憂国の使者」より。ただし留年のため、カラハバルハ(Karaha-Baruha)やシャントット(Shantotto)らより一学年下の首席と考えられる。
*3
クエスト間違いと過ち」「錬金術の実験」より
*4
ウィンダスクエスト天からの贈り物」より。
*5
……が、彼が手を加えた人形はどれも口調が怪しい。
*6
MPが足りない場合は下位の弱体魔法まで使う徹底ぶりゆえに、しばしばこの状況が発生する。
*7
酷い時はリフレシュIIも使用しなくなる。
*8
ライニマードもこれらを使用するが、対象は自己とクリルラに限定されている。
*9
ラーアル等のように、関係の深い国のNPCを渡した時のみ「そのお方」扱いとなるケースが存在する。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。