Karaha-Baruha(からはばるは)
  1. NPCの一人。
  2. フェイスの一つ。


1.項 登場人物

ウィンダス連邦の英雄の一人。生没年:天晶暦835 ~ 862
目の院の前院長種族タルタル。長らくの間人物像が不明であったが、過去三国クエストウィンダス編)にて登場した。詳細はネタバレ項を参照のこと。

クリスタル戦争聖都ウィンダスを滅びから救ったとされる偉大なる召喚士。彼の召喚魔法によりウィンダスは死地から脱したものの、自身は命を落としたらしい。現在でもその名は英雄として語り継がれている。
星の神子とも特別な関係があったようだが……?

彼が引退後に住むはずだったウィンダス石の区の「英雄の家」は現在は空家となっており、子供たちが「オバケの家」と呼び、うろついているとか。

NPC人気投票で7位に選ばれた。なんと男性陣では堂々の1位である。アルタナクエストを除いて、公式に彼の素顔を明らかにしているのは今回が初めて。

星の神子さま。私を信じて下さい。
 必ず、ウィンダスは滅びの運命から
 逃れることができるはずです。」
神々の書が、私にあらゆる知識をくれました。」
「塔の意味も、満月の泉も。
 ……そして、偉大なる獣を従える方法も。

2.項 フェイス

盟-カラハバルハ」を、許可証に対応するフェイス担当NPCに渡すことで、フェイスカラハバルハ」を習得できる。

特徴

ジョブ白魔道士/召喚士
戦闘タイプ回復
武器両手棍
WSスターバーストスピリットテーカールナーベイ重力/貫通)、ハウリングムーン/湾曲
アビリティ
魔法プロテア(I~V)、シェルラ(I~V)、ヘイストケアル(I~VI)、状態異常回復魔法属性バ系ラ系魔法のみ)
その他戦闘時に接近する。
オートリジェネLv25~、Lv76以降ランク2)
オートリフレシュLv50~)

ジョブ設定】
フェイスの仕様上召喚士タイプ(ペットを使役するペット)が実現できないため、白魔道士としての実装となった。Lv50からオートリフレシュ特性を持つため、内部的にはサポ召設定の模様。
HPMP召喚士並みと極端な設定になっており、同レベルで呼び出した場合、同種族で同じ白魔道士のはずのクピピよりもさらに打たれ弱い。

【行動ロジック】
使用魔法を一見するとスタンダードな回復タイプのようだが、使用する回復強化魔法が必要のない局面では自ら距離を詰めて近接戦闘を行うルーチン設定になっており、挙動としてはむしろミリフェリアスコフィンに近い。
そのため、上述の打たれ弱さも相まって範囲判定の特殊技に巻き込まれやすく、自身のHP状態異常回復PCや他フェイスへの支援がワンテンポ遅れがちである。
また、属性ダメージを受けると対応したバ系魔法を使用してくれるが、効果時間が切れるまでさらなる上書きはしない。(炎ダメージを受けるとバファイラ使用など)

特殊技について】
WS両手棍のものと、召喚獣を呼び出さない代わりに自身がフェンリル履行技の一部使用し、このうちハウリングムーンが範囲技となっている。第12回もぎたて ヴァナ・ディールによれば月齢で性能が変化する模様。

基本的にTPが一定値(2500)に達するまでは単独でWSを使用することはなく、TP1000以上ではPCや味方フェイスWS連携に反応して更に連携を続けようとする性質があり、トスWS主体のアヤメや猛攻タイプのフェローと同時に呼び出しているとしばしばPCよりも先に連携に割り込んでくる*1

また、連携ダメージを含めて自身のWSでとどめとなる場合はルナーベイを、そうでない場合はハウリングムーンを優先する傾向があり、特に後者の場合周囲の敵を意図せず巻き込むことがある。
スピリットテーカーMPが減少していると使用する確率が上がるようだが、Lv50以降オートリフレシュを持っていることや、弱体魔法を使用しない関係から豊富なMPをもてあますこともままあり、むしろTPが溜まると単独でおもむろにハウリングムーンを打つのが悩み所。

【総評】
総じて「水蛇将の動きをするクピピ」といった具合であり、回復フェイスとしては若干留意点が多く、クセが強いのは否めない。
挙動を把握して適度に連携TPを使わせたり、巻き込まれた際のフォローをすることで運用効率を上げることが出来るだろう。

【その他】
ウィンダスで習得した時のみ専用の会話が発生する。(「有り得ないけどスクロールは確かに本物」、といった内容)
さすがにウィンダスNPCカラハバルハを知らないのはマズイと思ったのだろうか?

2015年5月14日のバージョンアップでは敵対心-の効果が引き上げられている。

不具合

敵から水属性攻撃を受けた際、白魔法バファイラ」を詠唱する場合がある。

特殊台詞


外部リンク

→ヴァナ・ディール人名事典 殉国の隠者 カラハバルハ(Vana'diel Tribune II No.6より)

関連項目

Karaha-Baruha/ネタバレ】【心の院】【完全召喚】【フェイス
*1
カラハバルハ連携タイミングはかなりシビアであり、連携が成立する最速よりも若干遅い程度。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。