佐藤弥詠子(さとうやえこ)
FFXIプランナーの一人。ウィンダスミッション及びプロマシアミッションのシナリオ、イベント担当。ウィンダスクエストや街そのもののプランニングも、かなりの部分は彼女の手によるものの模様。
また、プロマシアミッションエンディングテーマ「Distant Worlds」、アドゥリンミッションエンディングテーマ「Forever Today」の作詞も担当している。
FF11以外ではデュープリズムなどの作品に関わっていた。
現在はFFXIVのシナリオを担当している模様

三国ミッションはそれぞれシナリオ担当者が違うのだが、彼女の担当したウィンダスミッションは、ユーザー間での人気が非常に高い。当初、バストゥークサンドリア両国のミッションとの出来の差があまりにも大きく、両国ミッションは後からイベントの差し替え等の形で梃子入れが行われたほどである。

ミッションのちょっとした欠点(表面的な分かりやすさや細かな整合性など)をあげつらうのは極めてたやすいが、彼女の作ったミッションがなぜこれほどまでに人気があるのかを言葉にするのは意外と難しい。ある意味ではストーリーテラーの宿命と言えるかも知れない。

その魅力について、しばしば言われている点としては、奥行きのあるストーリーの魅力、個性的なキャラクター、たくまざるユーモアなどがある。キャラクター造形や舞台回しには、クエストスターオニオンズ団シリーズ、3博士関係など)も巧みに利用している。キャラクターに関しては、数多い登場人物に、かなり緻密かつ親しみやすいバックストーリーを与えて動かしており、チープなRPGシナリオにありがちなの薄っぺらい脇役が少ないのも特徴と言える。

もっとも、以下のように、話が分かりにくいという批判もある。



余談ながら、発売直前に行われたライブカメライベントではYakotaruの名で登場し、日本酒好きであることを暴露されている。

関連項目

シナリオライター】【Distant Worlds

外部リンク

→ニコニコ動画:原史奈のFFXItv第3回
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。