魔法人形(まほうにんぎょう/Magic Doll)
ウィンダスで主にレコーダーやラジオの代わり、留守番等の雑多に使われる生きる人形。冒険者たちには探索、察知用途で渡されることもある。

その感知範囲は広く、ヴァナ・ディールのどこにいても標的の場所を知る事ができて、かつ標的の規模とどこまで接近しているかを察知できるほどの正確さも持ち合わせている。

ウィンダスを詳しく知らない人たちにカーディアンと混同されてしまいがちだが、カーディアンは防衛用の人形で用途が異なる。とはいえ魔法人形製作第一人者のコルモル手の院に務めなかったことを不思議がられた事実があることから、製作に関するそれぞれの技術は通じるものがあるようだ。

人形の性格はカーディアン同様製作者のものが反映され易いようで、例えば夢想家のコルモルの作った人形は口調や性格に何らかしら難を持つ場合が多く、その毒舌でシャントットをキレさせたり、突然妖しげな笑い声を発して冒険者にウザがられている。

魔法人形の名前はカーディアンと異なり法則を持っていない。大概はウィンダスのお国柄を反映してか用途に「くん」を付けている。「みつけるくん」「敵を見つけるくん・1号」「おるすばんくん」「かぞえるくん」などがそれにあたる。
「ケヒヒヒヒ!
 オレ ニ マカセロ! 「キタ」 ニ イクベシ!」

「いくら隠れたってムダムダ!
 みんな見つかって、オイラ以外はチ~ン!
 ……と、オダブツサ!」

「ドウモ ワタシハ
 ゼンジドウ 「おるすばんくん」デス。
 ゴヨウハ ナンデショウ?」

魔法人形「かぞえるくん」;
魔法人形「かぞえるくん」

ゲーム内に登場する魔法人形の一覧

冒険者に渡される場合、アイテムではなくだいじなもの扱い。

このほか、名前は「???」としか表示されないが、召喚獣取得クエスト報酬イベントでも魔法人形(を通して話しかけてくる人物)が登場する。
魔法人形が唐突現れてしゃべり出した上カーバンクルが割って入り、最後は鼻の院の研究員が記憶を失ってうやむやのまま完了してしまうため、事情がさっぱりわからない冒険者も多いであろう。
この背景は召喚士アーティファクトエボカーアタイア)入手クエストで語られることになる。

関連項目

手の院】【カーディアン
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。