分率(ぶんりつ)
「n分率」のこと。基準とする量をnとし、それに対する割合で表わす。
一般的には百分率(100を基準とする。百分率を表わす単位は%)が用いられる。
しかし、金などでは24分率が使われている。18金は(18/24)で金75%、他25%であることを示している。
このように扱うものによって百分率以外が使われていることがある。

二進法が基本のコンピュータの演算においては百分率はやや都合が悪い。
100を基準にすると100で割り算するか、小数で計算する必要があるためであり、計算量が増えるためである。
そこでコンピュータの演算と人間の感覚にある程度の近似性を持たせた二進数を基準にした分率が用いられている場合がある。
実際に何分率が何に用いられているかは判明していないが、検証情報では攻撃力/防御力ダメージカット計算においては256を基数とした、x/256の形で表記される256分率で保持されていると推測されている。
またヘイストスロウ等の計算では、256分率ではなく1024分率であると推測されている*1

例えば、ミスラ風山の幸串焼攻撃力アップ効果は22%といわれているが、実際には56/256≒21.875%となる。
また、ジェリーリング被物理ダメージ-5%は12/256で、実際のダメージ減少効果は4.6785%であることが検証により明らかになっている。

最大で0.3%程度の誤差に留まるため、ほとんどの場合においてこの誤差は無視できる程度だが、累積すると「思ったよりやや少ない」といった場合もあり得るので注意。
たとえば夜間玄武盾(被物理ダメージ-10%)+ジェリーリング+(同-5%)+チェビオットケープ(同-5%、夜間2倍)を装備していた場合、単純計算では25%カットだが、実際は(25+12+12*2)/256≒23.8%カットとなる。
同様に真伊賀頭巾(6%)+真伊賀袴(7%)+真伊賀脚絆(4%)+黄昏の帯(7%)+ターセルネックレス(1%)で表示上計25%となるが、実際は(61+71+40+71+10)/1024≒24.7%ヘイストとなり、装備によるヘイストキャップである25%には到達できない。

攻撃力防御力ダメージカット等が256分率に該当する。
これは、ダメージに関連し、強化弱体によって時間経過での変化が起こりやすい、比較的計算量や計算回数が多くなるものに使われてるものと推測されている。
これとは異なり、WS魔法ダメージの大部分の計算や潜在発動等は百分率で計算されている。

関連項目

*1
過去512分率と推測されていた時期もあった。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。