Adelheid Sturm(あーでるはいと・しゅとるむ)
  1. NPCの一人「アーデルハイト・シュトルム」。
  2. フェイスの一つ。フェイスの名称は姓のない"Adelheid"だが、ここでは併せて解説する。

1.項 登場人物

主にグロウベルグ〔S〕カンパニエバトルに参戦するNPC首都待機中は(H-7)で佇んでいる。
Adelheid

語尾の「ですぅ。」が特徴的。ヒューム♀F1ミア)の学者であり、アルタナの神兵発売当初では唯一、学者AFでの戦闘シーンを拝む事ができた。
新たなる猜疑」や「隠滅の炎」など、バストゥーク関連クエストにもたびたび顔を出す。

因みに「アルタナの神兵」発売前に、学者を紹介する公式ホームページのトピックスの中で名前だけは出ていた。そこに「懸軍長躯の章(けんぐんちょうくのしょう)」という、彼女が加筆した章の名前*1がある。

ドイツ語女性名"Adelheid"の愛称は"Heidi"(ハイジ)*2クララ(Klara)とは浅からぬ因縁があるやもしれない。実際にニコラウス(Nicolaus)からは「ハイジ」と呼ばれている。「グロウベルグの少女ハイジ」と呼ぶものも。

アーデルハイト・シュトルム様は
若くして参謀総長に就任された賢将。
シュルツ流軍学に基づいて情報収集に力を入れ
常に無駄のない用兵をモットーとしておられます。

パーソナルデータ

所在地バストゥーク商業区〔S〕(H-7)(待機中)
NPCAdelheid Sturm
種族ヒューム
フェイスタイプ1A(明茶髪)
サイズM

カンパニエでの能力

参謀総長として作戦を立案する傍らで自らも前線へと赴き、カンパニエバトルではグロウベルグに出陣する。

装備セブンアイズ学者AF一式。特性としてトリプルアタックレジストグラビティを備える。

一定時間おきにParalyzing Tube(範囲・麻痺)、Silencing Tube(範囲・静寂)、Binding Tube(範囲・バインド)の3つのTube*3召喚して範囲内の敵を妨害するのが大きな特徴。使用するWSムーンライトトゥルーストライクジャッジメントなど。魔法精霊IV系各種と全属性計略のほか、プロテスIV・シェルIV・ケアルIV・スリプガII・サイレスグラビデスタンも詠唱する。

SPアビリティとして連環計を使用するが、魔法の再詠唱が短くなる程度の微妙な効果で、効果時間中も動作の長いTube召喚を行う事もあり、周囲にいても変化に気付かない事が多い。また、平時からTubeを頻繁に使用する為、結果として魔法を詠唱する数も少なく、学者ゆえか攻撃力防御力も他の隊長に比べると大きく見劣りすると言わざるを得ない。

魔法レジスト率が異様に高いと言う長所を持ち、同じくグロウベルグを主とし通常攻撃を行わないNo'Mho Crimsonarmorとは相性がいいと言えるのだが、精霊IV系の詠唱頻度の低さからボスのタゲを取る事自体があまり無く、スリプガIIやTubeでかき集めたNo'Mhoの部下達は普通に通常攻撃を行う為長所が生きない事がほとんど。どうせなら一定時間おきにグリモア切り替えるなど、学者らしい動きをしてもらいたい所である……。
と、彼女自身の戦闘能力は微妙だが、配下は学者ながら両手槍装備しており、攻撃力WS共になかなか強力。そのため、彼女自身がタゲをとらず、後方からのサポートに回る形になった場合は、高い効果深度を誇るTubeや魔法により安定した活躍を見せてくれる。

ムーンライト回復量やアスピルを受けたときの吸収量が常に0であり、MPを全く有していないことが伺える。

配下

第二共和軍団偵察隊(2nd Legion Scout)。青色のチェーンメイル一式に、ハルバードを背負った学者
学者Lv70相当の魔法を使用するが、計略は使用しない。スキュアーまでの両手槍WSを行使する。魔法タイプのため、HPが減るまでは自ら敵に近付こうとしない。

台詞

・待機中
……に5列横隊で展開せる1200の
重装歩兵にて敵主力5000の衝力を削ぎ、その機に
……あ、ごめ。今、サンドリア騎兵との連携による
機動防御の脳内演習で、頭がいっぱいなんですぅ。

・各種Tube召喚時の台詞
師曰く
「兵は詭道なり」*4なんですぅ~。

2.項 フェイス

特定のフェイスゲットキャンペーン期間中に連合軍戦績2000点と交換で入手可能な「盟-アーデルハイト」を、許可証に対応するフェイス担当NPCに渡すことで、フェイスアーデルハイト」を習得できる。

特徴

ジョブ学者/黒魔道士
戦闘タイプ魔法攻撃(接近戦)
武器片手棍
WSパラリシスマイクロチューブ(硬化/振動)
サイレンスマイクロチューブ(溶解/炸裂)
バインドマイクロチューブ(重力/硬化)
トワーリングダーヴィッシュ(光/核熱)
アビリティ黒のグリモア黒の補遺
魔法計略、V系までの単体精霊魔法ケアル(~IV)、スタン
その他

カンパニエバトル学者/シーフとは違い、実用的なサポ黒になっている。また、カンパニエバトルの時とは違って、ちゃんとMPを消費して魔法を詠唱する。

敵の弱点に合わせてを張り、属性に対応した計略精霊魔法を使う頭脳的な魔法の運用をする反面、自ら接近して近接攻撃を仕掛ける等、無鉄砲さも垣間見える。
また、敵の特殊技に合わせてスタンを詠唱することもあるが、リキャスト毎に必ず使用してくれるわけでは無いので過信は禁物。

HP66%以下、または睡眠状態のパーティメンバーに対してケアルを詠唱するが、常時黒のグリモア状態なので詠唱は長く消費MPも多い。ギリギリペナルティなしのケアルを詠唱できるMPの時、「詠唱は開始するものの発動はしない」という行為を延々と繰り返すことがある。

各マイクロチューブは効果範囲が単体になった代わりに、ダメージが発生するようになっている。
トワーリングダーヴィッシュアルタナミッション闇の牙城」でチューブを起爆した時の演出を再現した専用WS連携受付時間がWS発動から大分遅く、爆発エフェクト終了後ワンテンポ置いてからでないと繋がらない。

残念ながら、クララとの因縁は見られないようだ。

2015.12.10ケアルの使用優先度が引き下げられ、緊急時のみ使用するロジックが追加された。

特殊台詞

関連項目

カンパニエ】【フェイス
*1
→戦場の魔術師「学者」 (2007/11/05)公式サイト
なお、懸軍長躯とは遠方まで馬を走らせること。転じて、遠方までも治め従えることを意味する。
*2
あの「アルプスの少女」も本名はAdelheidである。
*3
カンパニエ審理官から連合軍戦績と交換できるテンポラリアイテムパラリシスチューブサイレンスチューブバインドチューブも同じ名前で同じ効果。いずれも設置から5秒後に「~ブラスト」と言う技を放って消滅する。
*4
「戦争は騙し合いである」という孫子の兵法の1つ。一見爆弾っぽく見えないTubeもアーデルハイトなりのブービートラップなのだろうか…。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。