アカンプリス(あかんぷりす/Accomplice)
シーフジョブアビリティの一つ。Lv65で習得する。
標的のパーティメンバーに対する敵対心を半分ぬすみ、自身の敵対心とする。

再使用時間は5分。
なお、再使用時間は「コラボレーター」と共有している。

2007/11/20に追加された。アカンプリスとは英語で「共犯者」の意味。

射程魔法より短く挑発の半分程度とかなり短い。
アライアンスメンバーやペット、他人のフェローには使用できない。*1

アカンプリスの追加が発表された2007年11月は両手武器大幅強化パッチの直後でもあり、シーフ火力前衛の中では相対的に低い部類だった。特に高レベル帯での火力不足が深刻視されており、そのような状況で発表されたアカンプリスには戦術的参加機会の増加や支援役への展開などの期待が寄せられていた。

実装によりシーフの新たな可能性が生まれた。それはPT内のこれまで以上のヘイト調整という立場だ。寝かせ役が貯めたヘイトタゲが張り付いたアタッカーなど、開幕から撃破までの状況に応じた「空気抜き」が可能となる。使う人次第であるが、かなりテクニカルで有効なアビと言えよう。

またコラボレーター実装されたことにより、不意打ちだまし討ちなどの恩恵を殺すことになるが、少人数PTシーフ盾役として機能させる場合には、併用することで特に有効なアビとなる。この場合、シーフの最高の回避能力をいかんなく発揮できる。これらは実装時期からして、獣使いの「ひきつけろ」や踊り子の「A.フラリッシュ」などと同等の役目を担うものとされる。アルタナの神兵や今日の度重なる仕様変更により、崩壊しつつある既存PT概念から生まれる新たな潮流において、アカンプリスの利用意義が高まる可能性がある。

アカンプリスの抱える問題点




  • 事後のモンスターの挙動/PTメンバーの心証
    シーフ本人がよかれと思っていても、独断で動いた場合想定外モンスターの挙動を呼び無用の混乱をも招きかねない。また勝手にヘイトを抜かれることに抵抗を感じるPCもいるようだ。

  • シーフ自身がヘイトを稼いだ後の状況
    回避能力が高いと言われるシーフだが、レベル上げHNM戦等においては、その回避能力の高さが生かされる事はほぼ無い。サポ忍空蝉の術を使っていなかった場合は、味方を救ったようで自身を危機的状況に追い込んでしまう可能性も高いため、使うタイミング次第では自殺技に成り兼ねない。


活用例


どちらの場合も前述のように「同じPTである可能性が極めて低い」為実用は難しい。
二つめの例は裏レリック関連NM等にみられるような「盾以外のごく少数のPCが極めて高いヘイトを稼ぐ場面」である。注意したいのは上記のSPアビリティの多くの使用者は自身の自滅も織り込み済みで動いている場合が多い為に、もしこういった用法を実践する場合PTメンバー含めてどう動くか、どういう事後の対応が必要であるか等の説明他入念な打ち合わせが必要。

又面白い使い方で併用すると言う使い方も出来る。
5分アビなので乱用は出来ないが、盾役を遥かに通り越したヘイトを他の前衛が取ってしまった場合にアカンプリス前衛ヘイトを抜き、かくれるで自分のヘイトも抜く、その後だまし討ち盾役WSを入れるとかなりヘイトを安定した状態に戻す事が出来る。
特定の敵にしか使えないので使いどころは非常に難しいがここ一番の大技として覚えて置くと良いかもしれない。

関連項目

コラボレーター
*1
自身のフェローには使用できるが、敵対心吸収する効果が機能していないバグがある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。