怨み(うらみ)
特定のモンスターを倒すことで蓄積される、デメリットをもたらす要素のこと。
ヴァナ・ディールでは、以下の3つのいずれかの意味で用いられることが多い。

トンベリの怨み

トンベリ族を撃破した数のこと。

トンベリ族特殊技みんなの怨み」等の威力に影響することから「怨み」と呼ばれるようになった。詳しくは「みんなの怨み」の項を参照。

基本的にトンベリの怨みが多いほどデメリットとなるが、首装備ランカーカラー」・背装備ランカーマント」・指装備ビグラッジリング」には潜在条件のような形でプロパティが付随しており、あえて貯めておく戦法もある。

なお辺境クエストみんなのうらみ」をクリアすると、ウガレピ寺院で「トンベリの怨み」をリセットすることができる。

フォモルの怨み」

プロマシアエリアフォモルを撃破した数も「怨み」と呼ばれることがある。

ゲーム内で使われている表現は「フォモル視線」(いわゆる「呪いの視線」)であるが、トンベリの「怨み」という言葉との連想で使われる例があるようだ。

こちらをリセットする行為は、「視線消し」と呼ばれることが多い(禊ぎという表現が使われることもある)。

アプカルの怨み」

アトルガンエリアアプカルも、トンベリに準じ「怨み」と呼ばれることがある。

こちらは撃破数に応じアプカルダメージカットの性質が着き、使用する特殊技が増えてくる。最終的にオートアタックWSダメージを一桁にまで抑え込んでしまうという。

こちらも怨みの解除、軽減の方法があるものの、上記の「怨み」や「視線」のような正式名称は判明していない。

関連項目

トンベリ】【みんなの怨み】【みんなの怨念】【みんなのうらみ】【シャドウ族(フォモル)】【視線消し】【アプカル】【ランカーカラー
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。