蹴撃(しゅうげき/Kick Attacks)
モンクジョブ特性の一つ。2003年04月15日のバージョンアップ実装された。
格闘武器装備時、オートアタック中に蹴りを繰り出すことがある。

Lv51で習得する。

オートアタック中に、拳の攻撃の後にランダムで蹴りによる攻撃が追加発動する。格闘武器装備時とあるが、武器なしの素手状態でも発生する。

蹴撃発動率の上限は+100%で、「特性」「アビリティ」「装備」の蹴撃+効果はすべて加算される*1
なお、格闘以外の武器を使用している場合には、蹴撃+の付いた装備装備していても蹴撃自体が発動しない。

ダブルアタック同様、当ジョブ特性により時間当たりの得TP及び総与ダメが向上するが、後述のダメージ計算が別であったり、WSには蹴撃が乗らない、等の違いがある。

詳細

蹴りの威力は拳の約3倍、というのがリアルでの定説だが、ヴァナでの蹴撃の威力は素手の1倍である。つまり、通常手には格闘武器装備しているため拳の攻撃よりも威力が劣るものとなる。
蹴撃攻撃力アップ装備により、蹴撃の威力を上げることができる。

検証によりおおよその発動率は判明していたが、正確な数値は→ファイナルファンタジーXI ヴァナ・ディール通信 アドゥリンの魔境 エリアガイド (エンターブレインムック)にて公開された。またメリットポイント蹴撃発動率(最大5段階)や、下記蹴撃+装備によって、蹴撃の発動率を上昇させることができる。また、猫足立ちによって発生確率を上げることができる。

ランク習得レベル発動率
15110%
27112%
37614%

蹴撃攻撃力アップ装備

以下の装備には蹴撃発動時の攻撃力をアップさせる効果がある。
それぞれ格闘スキルによる本来の素手に下記のD値が加算される。

種別装備装備LvD値入手方法
両足准拳士脛巾
正拳士脛巾
50+15合成裁縫:高弟
クンフーシューズ51+25西アルテパ砂漠サボテンダー族NM
Cactuar Cantautor」がドロップ
准錬士脛巾
正錬士脛巾
60+20合成裁縫:高弟
強蹴脚絆62+25バタリア丘陵〔S〕バードNM
Habergoass」がドロップ
ウーロンシューズ(+1)66+27(+30)合成裁縫:皆伝
クンフーシューズ打ち直し
准範士脛巾
正範士脛巾
68+25合成裁縫:高弟
デューンブーツ70+30流砂洞サボテンダー族NM
Sabotender Bailarina」がドロップ
八卦脛巾71+10花鳥風月NM
Lil' Apkallu」がドロップ
ポイズシューズ77+35アビセア-ラテーヌノール族NM
Lugarhoo」がドロップ
TTゲートル+181+40タントラアタイア+1
TTゲートル+281+45タントラアタイア+2
ビックゲートル99+50ビックアタイア
BKゲートル+199+55ビックアタイア+1
アンコリトゲートル99+65アンコリトアタイア
ANゲートル+199+80アンコリトアタイア+1
速疾脛当99+85ウォーの門ヒッポグリフ族NM
Cowll Hippogryph」がドロップ
祝融脛当99+100エスカ-ル・オンロック族NM
Suzaku」がドロップ
カルクスストール92+5ウガレピ寺院ヴォイドウォーカー
Neith
モンクの喉輪
モンクの喉輪+1)
モンクの喉輪+2)
99+10
+15
+20
合成鍛冶:高級職人
セゴモマント99+25アンバスケード

習得Lv51時点での最大D値クロスカウンターの+19、Lv80のスファライが+34であることを考えると、上記の装備によるD値は魅力的である。ただし、蹴撃攻撃力アップ効果を除き大した能力を持っていないものが多く、使用するかどうかは好みで分かれる。

ただし、2010年9月9日のバージョンアップにて実装されたTTゲートル+1及びTTゲートル+2は、STR命中猫足立ち効果アップなど、高い性能を誇っている。もちろん取得難易度はその性能に見合ったものとなっている。
打ち直し品であるビックゲートル(+1)、および強敵ドロップである祝融脛当ジョブマントの一種たるセゴモマント、なども同様の複合的な強みを持ち、猫足立ちと組み合わせる際には心強いだろう。

なお、モンクスレ有志の検証によると、~~脛巾と名の付く合成品のD+値はNQ/HQで差はない。

蹴撃+装備

以下の装備品蹴撃の発動率をアップさせる効果がある。「蹴撃+」で表され、数値が+1=1%アップの効果となる。モンク以外が装備できるものもあるが、格闘以外では蹴撃自体が発生しない。このためこれらの装備を有効活用できるのは、他にはからくり士くらいである。

装備部位上昇率装備Lv装備ジョブ
五十四歩格闘+369
アフリクター+777
強蹴下ばき(+1)両脚+255
ストライクサブリガ+360
メレーホーズ+572
MLホーズ+1+575
バハムートホーズ+675
ブリッツァポレイン+5※75
デサルタタセッツ
竜巻下衣
TTホーズ+1+583
TTホーズ+2+783
MLホーズ+2+790
ラクチスマホーズ+799
ヘシカスホーズ+1099
HEホーズ+1+1399
ビックホーズ+1599
BKホーズ+1+2099
サバットゲートル両足+392
タントラネックレス+280
タントラピアス+190
セゴモマント+1099

オーグメント性能選択時。

歴史

蹴撃攻撃力アップ」と「蹴撃発動率」については、一時期装備品内での表示が一貫していなかったために、不明瞭な点があった。
■本来「蹴撃+」であるはずの以下の装備品の性能が、「蹴撃効果
 アップ」になっていた不具合が修正されました。
 八卦脛巾准拳士脛巾正拳士脛巾准錬士脛巾
 正錬士脛巾准範士脛巾正範士脛巾
 ※ヘルプメッセージの修正は、後日行う予定です。
→ファイナルファンタジーXI 更新のお知らせ(6/19)

ストライクサブリガメレーホーズバハムートホーズ等での表記は「蹴撃+」で発動率が上昇しているのだが、2008/6/19以前の~~脛巾は「蹴撃効果アップ」で発動率が上昇していた。
→2008年6月19日のバージョンアップ蹴撃D値上昇に修正されたのだが、結果として「蹴撃+」が蹴撃D値上昇、「蹴撃効果アップ」が発動率上昇ということになる。
その後、2008年9月9日のバージョンアップにおいて、上記の「蹴撃効果アップ」のメッセージは「蹴撃攻撃力アップ」に差し替えられ、混乱は一応の収束を見た。

2017年3月10日のバージョンアップではモンクオートアタックを実行した際、攻撃回数が7回の場合にジョブ特性蹴撃」が正しく発動しないというピンポイントな不具合が修正されている。

関連項目

モンク】【ジョブ特性】【猫足立ち
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。