Bozzetto Regent(ぼつぇっとりじぇんと)
アブダルスの模型-レギオンに出現するヴェルク族(王タイプ)NM
2017年2月10日のバージョンアップで追加された。

2018年10月10日のバージョンアップからは2回目の登場となっている。

出現条件

アンバスケード大典1章で突入するアンバスケードBFアンバスケード-エキスパート」のボスとして出現する。

特徴

ヴェルク族Bozzetto Regent(以下「ボス」)」と難易度に応じたお供が出現、彼らを全て撃破することでクリアとなる。

名前ジョブSPアビリティ備考
Bozzetto Regentナイト?*1-ボス。王タイプ
Bozzetto Servitor黒魔道士魔力の泉お供。
全て同じ名前
ナイトインビンシブル
暗黒騎士ブラッドウェポン

ボスの特徴は下記の通り。

名称範囲効果空蝉備考
通常攻撃1(鎚振り下ろし)対象単体物理ダメージ
通常攻撃2(ボディプレス自身中心範囲物理ダメージ+バインド
ヴェルクアンブッシュ単体物理ダメージ+強化複数解除(最大5つ)複数
ガランフ自身中心範囲ダメージ+攻撃力ダウンスタン効果範囲が大きく拡大されている
カミングスルー前方範囲物理ダメージ+ノックバック複数
マーセレスマウリング前方範囲物理ダメージ+武器脱衣複数
クロックタストロフィー自身中心範囲物理ダメージ+アムネジア効果範囲が大きく拡大されている
ソベランイーディクト自身魔法バリア+お供にSPアビリティを使わせる-使用条件が特殊
ブレスオブリージュ自身・護衛自身のHP回復+お供がレベルアップ-使用条件が特殊


難易度「やさしい」以上では、難易度に応じたお供が出現する。
<難易度とお供の出現数の対応表>
難易度出現数
とてやさお供は一切出現しない
やさしい黒魔道士×1
ふつうナイト×1、暗黒騎士×1
むず・とてむず黒魔道士×1、ナイト×1、暗黒騎士×1

お供の特徴は下記の通り。
<全員に共通する特徴>
  • 名称は全て「Bozzetto Servitor」で統一されている。
  • 難易度にもよるが、ボスがソベランイーディクトを発動すると、それに呼応してSPアビリティを使用する。
    • 難易度「やさしい」では後衛タイプの魔力の泉の発動を確認できず。

前衛タイプ(ナイト暗黒騎士)の特徴>

名称範囲効果空蝉備考
ジャングルワーラップ対象中心範囲物理ダメージ+アムネジア+バインド+静寂複数効果範囲が大きく拡大されている

後衛タイプ(黒魔道士)の特徴>

名称範囲効果空蝉備考
ジャングルフードゥー対象中心範囲ダメージ+呪いHP半減)+悪疫+麻痺全消去効果範囲が大きく拡大されている

攻略例

ナイトまたは魔導剣士がボスとお供のターゲットを取り、前衛もしくは精霊+召喚削りで撃破する方法が編み出されている。

前衛構成の場合は、WSダメージを「ソベランイーディクトが発動するがノブレスオブリージュには届かない」値になるよう調整して連発し、ボスの挙動をソベランイーディクトに限定するよう仕向けてしまう、というもの。
なお、連携ダメージ特殊技の使用判定に影響を与えるので、2人以上物理アタッカーがいる編成の場合は、事前に打ち合わせて技連携が発生しないようにした方が無難。

精霊構成は召喚士2人が交互にミュインララバイをかけ続けて特殊技を封じ込め、その合間にラムウボルトストライクや黒・学者精霊で削っていく。

いずれの場合でも「黒魔道士にはサイレスが通用するので切らさない」「前衛にはバファイバアムネジラをかけ、さらに魔回避も積んでアムネジアレジストに期待する」「物理アタッカーモクシャ敵対心-も積んでおく」「範囲特殊技の効果範囲が魔法射程ギリギリまで拡大されているので、後衛はいつもより大きく離れる」などを気にかけるとより楽になるだろう。

戦利品

難易度に応じたホールマークを入手する。詳細はアンバスケードおよびホールマーク項にて解説する。

名称について

Bozzettoについては【Bozzetto Crusader】項を参照。
regentは「摂政、評議員」、servitorは「お供」という意味。

余談

第31回もぎたて ヴァナ・ディールによると、「特定の種類のダメージが気持ちよく通るが、いい気になっていると…?」とのこと。
これはヴェルク族が持つ「氷・雷属性被ダメージ増加」の特性と、前述の「大ダメージを受けると強力な特殊技を使う」ことを暗示しているのだろう。

関連項目

アンバスケード】【アンバスケード大典1章】【グラムクの石斧
*1
難易度「とてやさ」でスリプルを数十回に渡ってかけ続けたが、一度もレジストスリープ発動のログが発生しなかった。特別仕様なのかどうかは不明。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。