魔道士(まどうし/Mage/Caster)
魔法使い』、『魔法を使う者』の意。

FFXIにおいては、MPを持ち、主に魔法を駆使して戦うジョブの総称。
過去シリーズや他テクストの影響から『魔導士』や『魔導師』などと書いてしまう場合が多々見受けられるが、FFXIでは『魔道士』であるので間違えないようにしたい。

具体的には

の6ジョブを指すのが一般的*1

装備事情

基本的に重厚な鎧などは装備できず(白魔道士ホーリーブレストなど例外もある)、布製や革製の法衣(ローブ)などを好んで着用する。

前衛後衛どちらにも適応できる設計である赤魔道士青魔道士は、多少選択の幅が広く、一部の鎧装備*2なども着用可能。

立ち位置戦術

パーティでの立ち位置は、比較的打たれ弱い上接近戦の必要性が少なく、範囲攻撃に巻き込まれない安全性とキャンプで即座に座ることを優先する白魔道士黒魔道士学者が恒常的に後方に位置し、いわゆる後衛という表現が生まれる所以となっている。
赤魔道士青魔道士は持ち前のオールレンジ特性のため、パーティ構成戦闘状況により役回りが変わってくる。比較的赤魔道士はやや後衛より、青魔道士はやや前衛よりになっているという認識が多い。
召喚士履行の範囲確定のため*3、概ね後ろに立つことが多いものの立ち位置リアルタイムに最適化することを求められる*4

語源と成立背景

魔道士」も「魔導士」も「魔導師」も読みは同じである為たいへんややこしい。
しかし、元の語源は全て『魔法を使う者』である。これら差異は原文(英語であるとか)で読む分には問題ないのだが、日本語と言うものは立場で言葉をコロコロと変える特徴があるため(例えば英語のYouを訳す事を考えれば分かるであろう)、魔法を使う者にしても単一の呼称では具合が悪かったのである。
訳者によって微妙に異なるし、他にも若干漢字が異なるバリエーションもあるわけだが大抵は「魔導師」と言うのは一個人の力で魔法を使う強い立場にある者の事を指す(魔・導師(人に思想を説く者、導く者))であり、「魔導士」「魔道士」となるにつれて修験者的な意味合いが強まってくると言う傾向が強いようである*5
なので、FFXIPCはまだまだキャスターとしては半人前なのかもしれない。

関連項目

後衛】【中衛】【前衛
*1
なお、場合によっては、デフォルトでMPを持つナイト暗黒騎士サポ白にして、魔道士的にプレイすることも起こりうる。
*2
例えば、アサルトジャーキンスコピオハーネスまたクリムゾン系や、アイアン系などの鉄系も可能。
*3
召喚獣履行発動位置まで誘導する必要があるため。召喚士アビリティでは最前線に送る事と後方に引っ込める事はできてもパーティ全体を範囲に加えられる中距離に召喚獣を固定する術がないのは周知。故に発動位置まで自分が移動・誘導するしかない。
*4
但し、召喚士自身が肉弾戦や接近戦する能力は皆無に等しく、非常に打たれ弱いため、注意が必要である。
*5
作品や訳者によって異なるので一概には言えないが。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。