パラニン(ぱらにん)
サポートジョブ忍者にしたナイト(PLD/NIN=パラディン/ニンジャ)を指す。(ナ忍、パラ忍と同義)
サポートジョブ忍者をつけて、主にメイン盾やアタッカーをこなす目的で行われる。また、エンドコンテンツHNM戦などにおいてはほぼ必須のサポとなっている。

レベル上げにおいてナイトが誘われる場合、サポ戦を利用してのメイン盾としての働きを求められることが多いため、パラニンを見たことすら無いという人も少なくなかった。また、パーティ編成ではまず忍者を確保しようとする意識が強かったため、そこから好んでナイトを入れる理由があまり無いという事情もあったためであろう。また、ナイトのサポは戦士という概念が強く広まっていたため、パラ忍の存在は万人には受け入れがたい風潮があった。現在ではサポ忍の有効性は広まり、ナイトにとってサポ戦に並び基本のサポの一つとなっている。

PT向けの準備

オートリフレシュが追加されたことやリフレシュ装備が充実してきたおかげで座らずともMP回復する手段が増えてきている。さらにアトルガンアルタナエリアではサンクションシギルによるリフレシュが、コンクェストエリアではシグネットボーナスによるヒーリングTP減少ゼロ化がそれぞれ実装されたため、魔法支援しつつ削るというスタイルがやり易くなってきている。

アタッカー役としての準備
STRが高く片手剣スキルがA+であるもののナイトジョブそのものは攻撃本職向けの設計がなされていないため、攻撃性能を向上させるジョブアビリティジョブ特性が無い。その為、アタッカー役として振舞う場合においては様々な攻撃向けのブーストを施す必要がある。

盾役としての準備
主にカンスト以降求められる立ち回りである。盾役に必要な敵対心ブーストHPブーストなどはサポ戦時と同様だが、空蝉の術の性能を活用するにはヘイスト装備が重要となる。サポ戦に比べるとヘイトを稼ぎにくいため意図的にケアルヘイトを生み出すための最大HPを一時的に下げる装備も用意しなければならない。また、WSロイエを利用して与ダメによるヘイトを稼ぐのならば命中を上昇させる装備も必要となる。

装備について

十分な装備を用意しなければ、良きパラニンにはなり得ないことに注意しなければならない。「サポートジョブ忍者を用意しているのでパラ忍が可能です。」のような考え方ではジョブ性能上限界を露呈しやすい。パラ忍の性能を十分に発揮するために、できる限りの装備を用意したい。

武器

トップクラスのD/隔を誇る騎士剣の存在が大きく、二刀流効果もあいまって本職アタッカーに追随する削り能力を発揮できる。
レベル70代になれば優秀な片手武器も増え、カンパニーソード通常攻撃限定ではあるが6人PT時にD54となり、D値のみ見るならばエクスカリバーさえも凌ぐほどである。また、ジュワユースが利用できる点についても見逃せない。敵対心を稼ぐ手段が乏しいためマクアフティル+1を使用するのもよいだろう。

防具

アタッカーが使用する装備をほぼ使用することが可能である。
特に空蝉再詠唱時間短縮・手数上昇目的のヘイスト装備であるダスク装備ホマム装束WSに効果的なヘカトン装備が使用可能であるのは非常に大きい。素破の耳二刀流効果アップ片手剣スキル+5を十二分に引き出すことができるのも特色だろう。

PT時の特徴

前線でのケアル

ヘイトの高いケアルを使ってタゲを取ってもそもそも硬い上に空蝉の術回避できるので問題ない。アタッカータゲを取ったままでターゲットを取れない状況になっても、ケアルIV等の回復魔法を躊躇なく詠唱できるため前線にいながら回復役としても活躍できる。

二刀流を活用したアタッカー

D/隔に優れた騎士剣二刀流で使用できるものの、ジョブ性能上攻撃力自体がお粗末なために、他のアタッカーに比べ期待はできない。カンスト付近となれば装備品の効果もあってそれなりにアタッカーとしての活躍を見せるが、それ以前だとボーパルブレードを習得するまではやや頼りないのは否めない。*1
ただし、注意しなければならないことは少しでも与ダメを増やそうとして攻撃にだけ徹し、回復や補助を怠ってしまうことである。純粋なアタッカー役ではなく回復や補助を中心に動くアタッカーであるということを忘れてはならない。

盾を活用した詠唱中断の減少

シールドマスタリーの特性により盾が発動すれば詠唱中断が無くなるため、容易に空蝉の術を唱えることが可能となる。発動率の高い盾タイプ1(バックラー系)を使用することで恩恵を受けやすく、イージス装備者ともなれば相当の効果が期待できる。

フラッシュかばうを活用したサポート役

空蝉の術を活用した戦闘が現在の主流だが空蝉だけでダメージをすべて無効化するのは困難である。しかし、ナイトならばフラッシュが使用できるため、再詠唱可能となるまで被ダメージ少なくできる。さらに、詠唱時間の長い空蝉の術:壱の詠唱中断を防いだりすることも可能となる。
また、かばうを使用することでターゲットを取っている人に対しての攻撃を無効化できる。かばう空蝉という相乗効果を得られるのもパラニンならではの戦術である。

バリスタにおけるパラニン

バリスタにおいては空蝉の術ナイト自体の防御力二刀流による攻撃力上昇がフルに活用され、Lv60制限ならば装備を揃えれば他のアタッカーに匹敵する火力を持つ。また、レジストスリープを有しているため睡眠にも耐性があり、足止めをされにくい。遁甲の術を用いることで切り込み役として活躍もできる。

エンドコンテンツHNM戦でのパラニン

一撃が重過ぎる&空蝉の術が非常に活きる状況では、ヘイトアップ手段に優れるナイト空蝉の組み合わせが効果を発揮する。
分身によって被ダメを受ける機会がサポ戦に比べると少ないため、サポ戦同様のヘイトの稼ぎ方ではうまく機能しないことが多い。そのため、いくつかの装備着替えるなどして最大HPを意図的に下げ、元の最大HPに戻すことによりHPを減らした状態にし、その差分を利用してヘイトを稼ぐことが必要となる。
WSロイエ実装されたことでアタッカーでさえダメージの通りにくい格上の敵にも安定したダメージを与えることもできるようになり、与ダメによってヘイトを稼ぐことが可能となったばかりかダメージソースとしても活躍できるようになった。
また、ヘイトを稼ぎやすい魔法アビリティを持っているため、強力なTP技を持つ敵に対して与TPなしでヘイトを稼ぐことも容易である。
忍者攻撃によるヘイトを稼ぎにくく*2、問答無用で被弾させてくるwsが多い場合、HP防御力が低くく自己回復能力の無い忍者では機能しづらいこともあり、そういった状況下ではパラ忍の性能を生かすことが出来るだろう。

昨今では盾を始めとした盾役向けの装備性能向上と、空蝉が全く用をなさない範囲技を使用するHNMが増えており、以前と比べてHNMエンドコンテンツパラニンの傾向はやや薄れつつある。

IL119時代のパラニン

上記項目にもある通り空蝉の有用性が皆無となってしまっている敵ばかりの世界となってしまっており、余程に物理単体攻撃特化のHNMでも無い限りはほぼ無用の存在となってしまっている。
むしろどうしようも無いレベルの魔法属性攻撃をなんとかする必要に駆られる事が多いため二刀流もほぼ用をなさないので最早その存在は絶滅危惧種と成っている。

関連項目

ナイト】【忍者】【サポ忍
*1
ボーパルブレードを習得する時期は盾能力がある程度の完成を見る時期であり、また、ナイトが得意とするコリブリとの戦闘が多いということも考えると敢えてこの時期にサポ忍を選択する必要は無いかもしれない。
*2
ナイトに比べると劣るものの忍者サポ暗赤等でタゲ取りを行う事が可能。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。