サベッジブレード(さべっじぶれーど/Savage Blade)
片手剣WSの一つでEVWS
2回攻撃TP:ダメージ修正

連携属性分解/切断
TP100020003000Hit修正項目
4.0010.2513.75×2STR50% MND50%

スキル240、レベル71以上で発生するクエスト秘めた破片」をクリアすることで習得、使用できる。

使用可能ジョブ戦士赤魔道士ナイト暗黒騎士青魔道士コルセア魔導剣士レベル2連携属性を備える片手剣EVWSであり、使用可能ジョブが多いのが特徴である。

このWSの「TP:ダメージ修正」はTP3000時でのダメージ倍率が高く、いわゆる「不意打ちの乗りが良い」WSである。撃てるジョブサポシにする機会は少なかったり、TP1000即撃ちを3回打ったほうが総ダメージが上回ることもあるため一概には言えないが、TPを3000まで貯めて不意打ちを併用すると強力なダメージソースとなる。

サベッジ(Savage)は「蛮勇」「獰猛」を意味する英単語。

ジョブごとの使用感

戦士ジョブ特性であるフェンサーとの相性はよく、片手剣+盾のスタイルで使えばWS一発のダメージは目を見張るものがある。しかし片手武器一刀のスタイルはどうしてもTPの回転率が遅くなりがちで、総ダメージ両手武器に劣るケースが多い。
二刀流で扱えば多少は回転率が良くなるものの戦士装備できる二刀流+装備は少なく、またフェンサーが発動しなくなるため売りである一撃の重さを捨てる事となる。

赤魔道士にとっては同じ分解を備えるロズレーファタールがあるが、ミュルグレスを使わない場合単純なダメージはこちらの方が高くなりやすい。

ナイト即撃ちに優秀なシャンデュシニュブレスダメージロイエを使用することが多いが、使用できる装備WS修正項目の関係上サベッジブレードの威力自体は伸ばしやすい。
開幕TPを貯めておける環境や、ヘイト稼ぎの過程でTPが余剰に溜まったらこちらを使うと良いだろう。
またスウィフトブレードorレクイエスカット(重力)、ロイエ(核熱)、シャンデュシニュ(湾曲)と合わせて片手剣一本でレベル2連携属性をそろえる為の重要な要素ともなる。

暗黒騎士片手剣を振るう機会自体が少ない。似たような立場にある戦士と違いこちらは特にシナジーとなるジョブ特性アビリティを持っている訳でもなく、連携属性(分解/切断)も得意としている両手剣の主力WSで補完出来る。

青魔道士ブルーチェーンを併用した一人連携に組み込まれる機会が多い。習得レベル帯ではサベッジブレードをトスにキャノンボール連携ディセバーメント湾曲連携となる。その後もゴブリンラッシュ四連突T.アッサルトといった強力な多段青魔法と組み合わせることができる。

コルセアは接近戦を行う機会自体が少なく、攻撃に回る際も射撃に頼る事が多い。しかし優秀な軽装防具を数多く扱えるため、接近戦への適正は決して低くない。
戦術上あえて接近戦を行う必要がある場合、コルセアの使える最強の物理WSとして活躍してくれる。

魔導剣士サポ忍二刀流を行う際に、両手剣WSよりも高いダメージを出すWSとして活躍してくれる。暗黒騎士と同じく分解属性両手剣で容易に補完できるため、その点でのメリットは特に無い。

歴史

EVWSの一つとして歴史を持つWSであるが、実装から長らくの間評価の低いWSであった。ド派手なモーションからの微妙なダメージも相まって、「ヒャッホーイブレード」などと揶揄されていた。

2014年6月17日のバージョンアップでは他のWS共々基本性能が調整されている。それまでは以下の性能だった。
TP100020003000Hit修正項目
1.001.753.50×2STR30% MND50%

このバージョンアップでは修正項目の引き上げの他、TP2,000以上でのTPボーナスが引き上げられている。
TP100020003000Hit修正項目
1.002.755.00×2STR50% MND50%

2014年12月10日のバージョンアップで威力の引き上げの他、TPボーナスが引き上げられている。それまでのイメージを払しょくする強力なWSへと進化した。
TP100020003000Hit修正項目
4.0010.2513.75×2STR50% MND50%

其の舞う事、蝶の如し

モーションが独特で、剣を上に振り上げつつ飛翔し、返す刀で自重とともに敵に剣を突き刺すという、なかなか派手な動きをする。さらにエルヴァーン♂だと飛翔中に海老反りまでする。このときに上げていそうな掛け声が、このWSの別名「ヒャッホイブレード」*1の由来である。ル・パピヨンを発動数秒前に使用することで「パピヨンブレード」と化し、バカ度およびネタ度アップを図れるだろう*2。またタルタルだと自分の身長の3~4倍程も高く飛翔するうえ、スピンまでかかるヒャッホイぶりである。

過去専用WSウリエルブレードがあり、サベッジブレードのモーションに酷似している。時代を考えると、サベッジブレードはこれを元に編み出された技なのかもしれない。

余談

基本的に「秘伝の奥義」や「編み出された新技」といった位置付けであることが多いEVWSだが、クリルラによるとこのサベッジブレードについては「サンドリアの剣技大会に出る者なら最低でも取得している」程度の技らしい。取得クエスト中でも神殿騎士団の面々が過去に修行を重ね体得した描写があり、またNPC共闘する機会が多くなった昨今では、実際に片手剣を用いる者の多くがこの技を放つのを目にすることができる。一方で、クリルラ本人はサベッジブレードを使用することはない。

関連項目

ウリエルブレード】【EVWS
*1
ヒャッホーイ」「ヒャホーイ」とも。
*2
同様のネタとしてエンゼルウィングを使用したエンゼルブレードがある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。