ゴブリンラッシュ(ごぶりんらっしゅ/Goblin Rush)
  1. ゴブリン族及びその亜種モブリン特殊技の一つ。
  2. 青魔法の一つ。

ゴブリン族およびモブリン族の特殊技

対象のPC単体に対して3回攻撃を繰り出し物理ダメージノックバックの効果を与える。
純粋な物理攻撃であることから、空蝉の術などによる幻影、あるいは回避受け流しが発生すればダメージを軽減できる。全段を避けた際にはノックバックは発生しない。

低レベル帯では爆弾投げが致命傷になり易いため、こちらがくればラッキーといった技。
しかし、盾役空蝉の術に依存することの多い高レベル帯では厄介な技となる。多段ゆえに空蝉を一気に剥がし、張り替えのタイミングでこれが来るとノックバックによる詠唱中断も伴う、忍者の天敵とも言える。

対応手段

高度な技として「ノックバック張り」という空蝉の術の詠唱の仕方がある。
魔法詠唱中に移動をしてもキャストバーが80%前に詠唱開始の座標に戻れば、詠唱が完了する」「プレーヤー側でキャストバーがおおよそ20%未満での被弾ならば詠唱中断の引き金になりにくい*1」というシステムの作りを利用するもので、ゴブリンラッシュの構えで空蝉の術:壱を詠唱する→詠唱中にノックバックを受ける→ノックバック分移動し直し詠唱開始位置に戻る→空蝉の術:壱が成功するというもの。

通常攻撃直後のゴブリンラッシュに対しノックバック張りを正確に実行すると、次の通常攻撃前に詠唱完了するため成功率は高い。また、正しい位置に戻るためにはゴブリンの真正面で完全密着し、ターゲットロック状態にしておく。ノックバックを受けたら即前進し、そのまま密着し直すことで同じ座標に戻れる確率が増す。

なお、詠唱開始直後にゴブリンラッシュダメージを受けているので、そのダメージ詠唱中断の要素とはなりにくいのを利用しているのだが、ノックバックして急いで戻っても大概はその間にゴブリン通常攻撃が当たり、結果として詠唱中断することが多い。

青魔法

Lv81 BP3 MP76 詠唱時間0.5秒 再詠唱時間25.5秒
系統:物理-近接 (核熱/衝撃) 属性: 追加特性:連携ボーナス(6)
3回攻撃TP:命中率修正

ステータスボーナス:HP+10 DEX+2 MND-3

倍率命中率Hit修正項目
TP015003000
1.25???×3STR30% DEX30%

威力や連携属性が共に優秀であり、F.リップの後継又は上位的な位置づけとして機能する。
従来では核熱属性単発青魔法キャノンボールのみであったが、当魔法の登場によりサベッジブレードから多段連携が出来る。このレベル帯で習得できるエフラックスと併せることにより、レベル80台に相応しい強力なダメージを出すことができる*2

また、ベンシクタイフーン(特性値6)かクアドラストライク(特性値6)とセットすることで連携ボーナス追加特性を得ることができる。さらにパラライズトライアド(特性値8)なども組み合わせて特性値を伸ばせばランクを上げることもでき、まさに連携のためともいえる仕様で、潜在的にかなり性能の高い青魔法といえる。

なお、技自体はどう見ても格闘技なのだが、属性打属性扱いとなっている*3

余談

過去のファイナルファンタジーシリーズではこの名称の技は存在しないが、イメージ的に近い「ゴブリンパンチ」が多くのシリーズで登場している。旧作でのゴブリンパンチも何発かパンチを繰り出しているようなエフェクトであり、ゴブリンラッシュはこれのアレンジ版とも考えられる。

ほとんどの作品でゴブリンパンチは青魔法としてラーニングすることができたが、当初ラーニングできるのは爆弾投げのみになっていた。
2010年9月9日のバージョンアップ晴れ青魔法として登場することになった。

関連項目

多段WS】【ノックバック】【詠唱中断】【物理系青魔法】【多段青魔法
*1
特にキャストの1~20%に詠唱中断を受けない効果がある訳ではなく、サーバークライアント間で必然的に生じるラグによるものと考えられている。詳しくはノックバック詠唱中断の項目を参照。
*2
TP:命中率修正なので基本D値を1.5倍にするエフラックスを使ってこそ真の強力なダメージとも言える。
*3
ファイナルファンタジーXI ヴァナ・ディール通信 アドゥリンの魔境 エリアガイド (エンターブレインムック)より。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。