トス(とす)
  1. 主にレベル2や3の高位連携を発動させるために、前段のWSなど*1を放つこと。本項で解説する。
  2. 感情表現の1つ。こちらは【/toss】を参照。

その役割を指す場合については『連携トス役』の項で詳解する。
召喚獣ペットコマンドブルーチェーン効果中に放たれる物理系青魔法などでもトスが可能。

例として光連携を行う場合、核熱分解または分解核熱の順でWSを放つことで光連携が起こるが、そのために矢印の左側の属性を放つ役が「連携トス役」と言われ、この場合は大車輪など核熱属性を持つWSが「トス」と言うことになる。

主に属性が優先されるため、低威力であってもトスに選ばれることは多い。初段の威力そのものは連携ダメージに影響がないことが理由で、命中させることが重要と考えられ、必中WS多段WSが有効とされている。
もっとも、今では寿司による命中上昇及び装備品の充実等で、命中率低いと記されたサイドワインダースラッグショットでさえも、狩人が放つ場合は以前より安定してトスを勤めることが可能な程にはなっている。

上記はWSによるトスを説明したのだが、WSTPが1000以上貯まらないとトスをすることができないが、青魔道士召喚士であればTPがなくてもトスをすることができる。そのかわりMPを消費したり時間縛りがあったりする。

名称について

語源はもちろんバレーボールの、スパイク役に打ちやすい形でボールを供給する行為のこと*2
バレーボールがマイナースポーツに過ぎない海外のプレイヤーにはまず通じないので注意されたい。

関連項目

連携】【連携トス役】【〆役
*1
そのWSを「トスWS」と呼ぶことも。
*2
ちなみにトスの後放つ強力なWSは、スパイクではなくと呼ばれるし、直接的なトスの前に放つ間接的なトスもレシーブとは呼ばれず、トスのままである。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。