スナップショット(すなっぷしょっと/Snapshot)
狩人ジョブ特性2006年7月25日のバージョンアップで追加された。
遠隔による攻撃間隔短縮。
能力値1で遠隔攻撃に対して攻撃間隔-2%*1

狩人メリットポイントを消費して習得できるアビリティ
コルセアギフト(100/1200)にて習得できるがジョブ特性としては表示されない。

短縮できるのは「構え→発射」までのプロセスで、発射後の硬直時間には作用しない。マシンボウのような元から短時間で発射できるものの場合は最大限強化してもコンマ数秒ほどの体感でも感じられない程度の短縮に止まることがある。その特性上、発射までの時間が長い長弓のほうが恩恵を受けやすい。

スナップショットは、「魔法アビリティ装備性能」など、すべての要素を合算して70が上限となっており、「ラピッドショット」とは別に計算される。
なお、ヘイストと違って魔法枠やアビリティ枠、装備枠などの枠毎の上限はなく、単純な合算値で上限70となる。

ただしベロシティショットによる短縮効果は別枠となっており、スナップショットとの乗算で攻撃間隔が短縮される*2

参考までに装備以外のスナップショット効果は主に以下の要素で得られる。
項目内容最大値
メリットポイント狩人グループ2)1段階毎に+2%10%(5段全振り時)
ギフトコルセア100/1200)各段階毎に+5%10%(ジョブポイント1200以上)
赤魔道士Lv48スナップ強化魔法+15%+15%
赤魔道士Lv96スナップII(強化魔法+30%+30%
コルセアLv81コアサーズロール不明不明
学者Lv5オーラ強化魔法不明不明

攻撃間隔短縮という事でヘイストに近いイメージを持つかもしれないが、遠隔攻撃は「構え→発射(着弾)」と攻撃までのディレイがあるため、実際はファストキャストに近い運用法が出来る。
そのため、下記のスナップショット装備遠隔攻撃を実行し、構え中に着弾装備着替えることで、スナップショットを得つつ、火力の向上やストアTPを得ることが出来る。

想像に難くないが、完全にオートで発動する近接攻撃と比べ、基本的に手動で行う遠隔攻撃では発射までのプロセスで必ずロスが生じるため*3、きっちりと表記どおりのヘイスト効果を得るのはかなり難しい。さらに装備変更も組み込むと操作が難しくなるため、少々の慣れが必要になる。とは言え、一番無防備な構え時間を短縮できるため、ノックバック範囲魔法回避等でキャンセルされる可能性が減ったり恩恵は大きい。

このジョブ特性一つでは体感できるほど早撃ちをしているという実感を得にくかったが、最大限強化した上でベロシティショットと併用することでヘイスト+25%に近い短縮が可能となり目に見えた効果が実感できるようになった。
ちなみに、この状態になるとオティヌスボウエウリュトスボウなどの間隔が長めの武器WS乱れ撃ちWS一人連携ラピッドショットの発動無しで成功するようになる。(無論乱れ撃ちのHIT数が十分あることが前提となるが。)

スナップショット装備

このジョブ特性は一部の装備品にも付随しており、それによって狩人以外でも恩恵を受けることができる。

種別名称上昇量Lv
IL
ジョブ補足
短剣アキナケス+589
弓術アコルマーボウ(+1)99
射撃ガストラフェテス強化後)+575強化版(Oboro1回目のIL119まで)も全て同値
ガストラフェテスIL119+)+10119Oboro2回目の強化
フェインヘキサガン+2~+575オーグメントとある契約
ウォチャウセン+7119
コンペンセーター+10119
ジャ・ゴ・バルバト+571All Jobs
エボンバイザー
フリアバイザー
エブルバイザー
+271
ナイトの兜+375オーグメントを選択した場合
ダイアの冑
魔人の帽子
オロールベレー+478
SYガペット+1+585
SYガペット+2
オネイロスコイフ-388
アミニガペット+6109
AMガペット+1+7119
エボンジャーキン
フリアジャーキン
エブルジャーキン
+371
麒麟大袖+1~+275錬成青龍印章の欠片
ヌエボコセレーテ+575オーグメントを選択した場合
マルクワルドコル
ロイヤルルダンゴト
スコポスジャーキン+2~+587オーグメント輝金の討伐証
パスーアダブレット+1~+6119アーケイン・グリプト(Type:D)
オショシベスト(+1)+12(+14)119
Su3
両手コモドアガントリー+572
クリムゾンフィンガ
ブラッドフィンガー
+1~+473錬成真龍免罪符の断片
CMガントリー+1+575
ギュルズミトン+1~+279オーグメントアビセア-ブンカールSturdy Pyxis
CMガントリー+2+790
アルルナグローブ+393
アルケブレーサー+3109
ラヌンガントリー+7109
マニボゾグローブ+5110
ユイトルリスト
+1~+3
113下段の効果はアーケイン・グリプト緑霊石
IUリスト+1+5
+1~+3
119下段の効果はアーケイン・グリプト黒霊石
ARブレーサー+1+4119
LAガントリー+1+9119
カマインフィンガー
カマインフィンガ+1
+7(+8)119
オショシグローブ(+1)+8(+10)119
Su3
両脚NAトルーズ+1+583
NAトルーズ+2
ムステラブレー+596
アルケブラッカエ+4109
ラヌントルーズ+4109
ARブラッカエ+1+5119
LAトルーズ+1+6119
ORブラッカエ+2+10119
ORブラッカエ+3+15119
LKトルーズ+2+8119
LKトルーズ+3+15119
ナティラトラウザ+9119
アデマケックス(+1)+9(+10)119
オショシトラウザ(+1)+10(+12)119
Su3
両足ウルカッテブーツ+599
ケペルゲマッシュ
ケプリゲマッシュ
+1~+2
(+2~+3)
99錬成アブダルスコア
メガナダジャンボ+5119
メガナダジャンボ+1+8119
メガナダジャンボ+2+10119
アデマゲマッシュ(+1)+4~+8
(+5~+10)
119アーケイン・グリプト(Type:D)
モブリンセスト+1~+275All JobsオーグメントMMM人事部研修課
インパルスベルト+378
ナバーチマント+584
ルシャンケープ+1~+399インカージョンNMの箱、またはアーケイン・グリプト幻光結晶
ジョブマント(アンバスケード)+1~+1099All Jobsオーグメントアブダルスの水油
ジャルザーンリング+550All Jobsアサルト限定
ハーバートンリング
HVリング+1
+6(+7)99All Jobs
アートマ荒鷲のアートマ--
迅速のアートマ霊子+1~+4結合レベルで変化

また、以下の装備群はいずれもアーケイン・グリプトによりスナップショットを得られる可能性がある。
名称上昇量Lv/ILジョブ補足
七宝防具+2109-ヘイスト+2 スナップショット+2」を選択した際
テーオン装束+1~+10119アーケイン・グリプト細い緑石で最大+5、細い黒石で最大+5)
Oseem関連の装備品+1~+6119-項目「遠隔」「秘術(ダークマター)」選択時のみ

歴史

遠隔攻撃ヘイスト及びスロウの影響を受けない*4ため、狩人は敵からスロウを食らってもそれほど不利とならない反面、他のアタッカーのようにヘイストヘイスト装備によるダメージ効率アップの恩恵を受けることもできず、攻撃回数を増やすにはラピッドショットの発動率を向上させる(ハンターベレーメリポによる強化など)しかなかった。

ラピッドショット常時発動」を望んでいた狩人にとっては当アビリティ実装に複雑な心境をもたらしたが、装備品枠を消費せずに、ヘイスト+10%相当の効果を22のメリポで手に入れられるスナップショットは、多くの狩人にとって革新的なアビリティだったと言える。

かつてはスナップショット効果が31-32%付近でキャップしていたが、2011年5月10日のバージョンアップキャップ値が70%に引き上げられた。

名称について

リアルでのスナップショットで一瞬で狙いをつけて発砲すること。速射とも。スナップ写真の意味でも使われるが、この場合はもちろん速射の意味だろう。

関連項目

ステルスショット】【フラッシーショット】【リサイクル(ジョブ特性)
*1
2%とあるが、5振りで7.4%前後という検証が報告されていることから、正確には4/256(5振りで20/256≒7.8%)と思われる。
*2
近接攻撃で例えるところの、ヘイスト二刀流のような関係になっている。
*3
人の操作が介入する以上必ずミスやコンマ数秒のロスが生じる他、ラグの問題などで意図しない遅延が生じることがあるため。さらに不確定要素のラピッドショットにリズムが崩されることもある。
*4
アサルト青の治験」における組織移植の効果等、遠隔攻撃に適用されるものもある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。