Qilin(ちーりん)
Qilin
ル・アビタウ神殿に出現するマンティコア族麒麟NM
ヴォイドウォーカーの一体。

出現条件

六芒星の灰白色のジェイドIIIヴォイドストーンを所持したPCMAP[3](F-6)(F-9)(J-6)にあるPlanar Rift調べると出現する。

アクセスが良いのは(F-6)のPlanar Riftで、ル・オンの庭(I-9)から入り、一度ワープした先の北西にある。また南東のワープをもう一度飛べば(J-6)のPlanar Riftに行ける。

(F-9)のPlanar RiftはいわゆるFaustUllikummi方面であり、ル・アビタウ神殿Home Point#1から行けるが、少々時間がかかる。混雑回避時に利用すると良いだろう。

なお(F-9)と(J-6)はワープで区切られた小部屋となっており、部屋内全てが戦闘区域となる。戦闘区域から離れて脱出という手段がとれないため注意。

特徴

麒麟がそのままヴォイドウォッチ対応になって帰ってきた感じである。

特殊技を2連続で使用し、強力なリジェネを有し、四神を一定時間ごとに召喚する。またスタンはほとんど効かない。
魔法回避率が高いのか、魔法攻撃レジストされやすい。
アストラルフロウは使用しないが、そのかわり使用魔法ブレクガが追加されているため注意。
またクエイクが範囲化されており、火炎の息ダメージキャップが1000に引き上げられている。

HPが莫大で20万ほどあり、リジェネ効果もあるため削り切るにはかなりの火力を要求される。
ストンガや範囲クエイクなどの魔法は強力だが、AelloUptalaと異なり危険な範囲攻撃を持たないため、前衛は積極的に前に出て削りにいきたい。

POP後、一定時間経過でXuan Wu(玄武)・Qing Long(青龍)・Zhu Que(朱雀)・Bai Hu(白虎)をランダムで1匹ずつ召喚する。
召喚された四神は再ポップこそしないもののHPが高めで、倒すのに時間がかかると次にPOPした四神の処理に間に合わないため可能な限り早急に撃破したい。

なお、各四神及びQilinは本家Kirinとは異なりSPアビは使用してこない。

Xuan Wu

玄武タイプのアダマンタス族ウォタガなどの水系魔法を詠唱する。鈍足
アクアブレス使用後にスフィア展開。トータスソングは歌ロール以外の効果も解除する。
防御力が高く倒すのに時間がかかるが、攻撃はそれほど激しくなく足も遅いため、倒さずマラソンキープされることが多い。

Qing Long

青龍タイプのワイバーン族エアロガなどの風系魔法を詠唱する。俊足
レイディアントブレス使用後に静寂スフィア展開。
またディスペルウィンド強化が3つ消失するため、戦う際は勇者の薬(7種ステータスアップ)を事前に使い消されたくない強化を消されにくくしておきたい。
防御力はそれほどでもないため、余裕があれば倒してしまいたい。

Zhu Que

朱雀タイプのロック族ファイガなどの火系魔法を詠唱する。俊足攻撃追加効果アムネジアが時々発動する。
ストームウィンドデュナミス-クフィムの個体同様に広範囲&静寂効果に強化されている。
ストームウィンドの範囲が極めて広く、ファイガなど他に比べ高威力の魔法を早い速度で詠唱する。
他に比べキープするのが危険なため、出来るだけ倒しておきたい。

Bai Hu

白虎タイプの剣虎族バニシュガなどの光系魔法を詠唱する。俊足
Byakko同様回避がかなり高く、更にフラッシュスフィアが展開されている。
フラッシュスフィアの存在から前衛火力で押し切ることが難しく、撃破せずにキープして対処したほうが良い場合もある。
特殊技咆哮物理技のみであるため、パラナ役さえつければ比較的ナイトなどによるキープはしやすい。

撃破法

セオリー通りに四神を倒しつつQilinHPを削っていく方法ではどうしても時間がかかり、また四神を対処しきれなかった際の損害も大きく、最悪敗走または時間切れになってしまうこともある。
更に弱点の仕様上、どうしてもアラインメントが最大になる後半以降はテンポラリアイテムの全補給を狙いにくくなり、継戦能力がかなり削がれることになる。

またQilinは行動の大半が特殊技魔法となっており、弱点を突くと高確率で!!!と同様の効果を得やすい。
そのため、本家麒麟同様の近接アタッカーをとことん強化した上での短期決戦で撃破する方が楽なこともある。

短期決戦の戦法をとる場合、火力の高い前衛吟遊詩人コルセアを揃えるのは基本となるが、それと同時に“弱点を突くための要員”も必要となってくる。
そもそも瞬殺なら楽に倒せるとはいっても相手はかなりの格上であることには変わりなく、デッドリーホールドは食らえば即死範囲魔法の直後に火炎の息即死と常に死と隣り合わせの戦いになるため、テンポラリアイテム補充がなければ相手を倒すよりもこちらが全滅するほうが先になってしまう。

主催にも寄るが、前衛PT2つと弱点PT1つで編成を組むことが多い模様。また四神がもし召喚された場合の隔離要員が必要とされる場合もある。
うまくいけば2~3分程度で撃破可能だが、2匹目の四神召喚される頃までに倒せなければ逆にこちらが負ける可能性が高くなる。
瞬殺編成の場合、前衛火力と、それ以外のジョブがいかに弱点を突くかで勝負が決まると言えるだろう。

戦利品

コルスカンティラックスプギオファジンブーツホウイゴルゲットメタルポーチ
ホウイゴルゲットドロップ率は高めで、他は低めとなっている。中でもコルスカンティドロップ率はきわめて低い。

ホワイトフェイズアラインメントの値によっては激励のアートマ霊子が手に入る。
また六芒星の灰白色のジェイドIIIを所持しているPC称号チーリン コントラビーナーQilin Contravener)*1」が手に入る。

出典

チーリン(Qilin)は麒麟の中国語読み。4匹の護衛も、それぞれ玄武(シェンウー)、青龍(チンロン)、朱雀(ズーチェ)、白虎(バイフー)の中国語読みに由来する。

関連項目

ヴォイドウォッチ】【ヴォイドウォーカー】【Kirin
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
麒麟(チーリン)に反対したもの/衝突したもの」といった意味。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。